« 八大神社 宵宮祭 神幸祭 2015 | トップページ | 蹴上のつつじ 浄水場一般公開 »

2015年5月 7日 (木)

鷺森神社例祭 舞楽と神輿

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jms_1864a
※写真は全てクリックで拡大します。

5月4・5日は鷺森神社でも例祭が行われました。かっては、比叡山麓の七つの里で同時に祭りがおこなわれ七里祭と呼ばれたそうですが、鷺森神社、八大神社、崇道神社では今なおその伝統を受け継いでいます。

Jms_1833a

鷺森神社(さぎのもりじんじゃ)は貞観年間(859-77)の創建と伝えられ、もと修学院離宮地にあったのを元禄年間(1688-1704)に現在地に遷座。スサノオノミコトを祀り、修学院、山端地区の産土神です。5月4日は宵宮祭がおこなわれ、舞楽(ぶがく)の奉納がありました。演目は倍臚(ばいろ)

Jms_1841a

古来、武人が出陣の際に戦勝を祈って奏したといわれ、倍臚破陣楽とも呼ばれます。

Jms_1848a

豊栄舞(とよさかまい) 皇紀2500年を記念して創作された巫女舞だそうです。

Jms_1890a

なお、舞楽の説明は頂いたパンフレットからです。

Jms_1891a

奉納雅楽が終わると、神輿が神社を出発して修学院の御旅所に向かいました。

Jms_1950a

翌5日は神幸祭です。鷺森神社にも剣鉾があるのですが、例祭の行列には加わりません。

Jms_2507a

ご神木と舞殿

Jms_2521b

もうすぐ、舞楽が始まりそうです。

Jms_2525a

迦陵頻(がりょうびん) 祇園精舎の供養の日に、極楽にいるといわれている迦陵頻伽という霊鳥が飛んできて舞ったありさまを、妙音天が舞としたものです。

Jms_2557a

舞人は背に鳥の羽をつけ、手に持った銅拍子を打ちならしながら舞います。

Jms_2585a

舞っている子供たちは、「鷺森神社雅楽保存会」で毎週稽古をしているそうです。

Jms_2592a

宵宮でも舞った倍臚 八幡太郎義家も出陣の度に演奏したと伝えられます。

Jms_2658a

楯・鉾・太刀を持つ勇壮な舞でした。

Jms_2666b

万歳楽(まんざいらく) 中国の唐代、賢帝が世を治めたとき鳳凰が「賢王万歳」とさえずったので、その有様を舞にしたと伝えられ、即位式には「太平楽」とともに舞われるとのことです。

Jms_2686a

なお、女性は舞楽の先生・鳥居本幸代さんで、女性の舞楽の先駆者・原笙子のお弟子さんでした。原笙子は鷺森神社の先代の宮司の娘で、それまで女人禁制だった雅楽の世界に女性の舞楽を広め、創作活動とともに女性のための舞楽団体を作ってきました。

Jms_2690a

原笙子が、鷺森神社を拠点としていた「女人舞楽・京都舞楽会」は、現在においても「鷺森神社雅楽保存会」として舞楽の伝承を続けています。

Jms_2693a

八仙(はっせん) 崑崙八仙(くろはせ)あるいは鶴舞とも呼ばれます。

Jms_2736a

楽曲、舞ともに由来は不明ですが、一説には鶴の一群が大空を飛びかう姿を舞にしたともいわれています。

Jms_2764a

勢いよく飛び跳ねる鯉に網をかけた珍しい装束をつけています。

Jms_2769a

後半の手をつないで飛び舞う姿が面白い。

Jms_2806a

舞楽の後、神輿がなかなか帰ってこないので、こちらから迎えに行こうかなと思っていると、

Jms_2825a

神幸列が帰ってきました。管笠・紅だすき姿の小学3年生の男子が手に扇を持ち、鐘や太鼓の囃にあわせて「さんよれ、さんよれ」という掛け声で神輿の前を歩きます。ここから、神幸祭は「さんよれ祭」とも呼ばれています。

Jms_2853a

花車

Jms_2861a

こども神輿

Jms_2877a


Jms_2885a

大人の神輿も帰ってきました。こちらは、長い参道をすごい勢いで駆け上がりました。この後、還幸祭が行われ神様が社殿に帰られるのですがそこまでは見ていません。

Jms_2912a

最後に、ブログランキングの応援のクリック↓をしてくださると嬉しいです(一日一回有効です)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jms_2890a

|

« 八大神社 宵宮祭 神幸祭 2015 | トップページ | 蹴上のつつじ 浄水場一般公開 »

祭 行事 ライトアップ 春 3」カテゴリの記事

コメント

きれいでかわいい写真が一杯で朝から幸せになりました。
4日は京都におりましたのに残念なことをしました。
舞楽は素敵ですね。来年はきっと拝見したいと思いました。
いつも穏やかな気持ちになれます。ありがとうございます。

投稿: もっちゃん | 2015年5月 7日 (木) 07:28

いろんな踊り、見ている方はいいけど、
踊る方は、練習とか大変でしょうね。おつかれさまです。

投稿: munixyu | 2015年5月 7日 (木) 12:34

★もっちゃんさん こんばんは♪
喜んでもらえて、、、嬉しいです。o(*^▽^*)o
舞楽は豪華で素敵ですね。
お祭りではよく見ることがあるので、「舞楽奉納」って書いてあったら楽しみです。

投稿: りせ | 2015年5月 8日 (金) 01:02

★munixyuさん こんばんは♪
雅楽など伝統芸能を継承されておられるって大変喜ばしいことですね。装束も素晴らしい。

投稿: りせ | 2015年5月 8日 (金) 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八大神社 宵宮祭 神幸祭 2015 | トップページ | 蹴上のつつじ 浄水場一般公開 »