« 平安絵巻 葵祭 路頭の儀 | トップページ | 三船祭 新たな再出発 »

2015年5月17日 (日)

葵祭 下鴨神社から上賀茂神社へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jms_5257a
※写真は全てクリックで拡大します。

葵祭の行列が堺町御門を出て行った後、下鴨神社に向かいました。行列が下鴨神社に到着すると「社頭の儀」」が行われます。勅使が御祭文を奏上、御幣物を奉納し、神馬の引き回し、舞人による「あずまあそび」の舞が奉納されます。

Amp_6148a

社頭の儀の最後に「走馬の儀」があります。これは糺の森で行われ、誰でも(無料で)見ることができます。

Amp_6189a

欽明天皇の567年、国内は風雨がはげしく五穀が実らなかったが、ご神託によって馬の駆競(かけくらべ)を賀茂の神々に奉納したところ、風雨は おさまり五穀が実り民は安泰になったそうです。

Amp_6222a

上の故事にならって、全力で疾走する馬の姿を奉納するのが「走馬の儀式」で、葵祭の起源ともいえる最も古い儀式です。

Amp_6234a

行列が下鴨神社で休憩をしている間に、先回りして加茂街道に向かいました。北山大橋付近で待ちました。

Jms_4758a

斎王代

Jms_4868a

Jms_4871a

もうすぐ上賀茂神社

Jms_4888a

最後の御所車

Jms_4919a

斎王代の御輿は、御園橋を渡って上賀茂神社に

Jms_4934a

社頭の儀に向かう斎王代

Jms_4969a

二の鳥居を警護しています。手前は、検非違使志(けびいしのさかん)

Jms_5010a

勅使が舞人・陪従(べいじゅう)を率いて参進します。勅使は、天皇陛下からの御使いとして宮内庁掌典職が派遣されます。

Jms_5021a

歩きながら演奏しています。

Jms_5035b

行列が二の鳥居を入って、一連の儀式(社頭の儀)が行われます。

Jms_5038a

二の鳥居の向こうで行われている「社頭の儀」がときどき垣間見れます。

Jms_5126a

その後、勅使を先頭に参道右手にある「御所屋(馬場殿)」に向かいます。

Jms_5163a

Jms_5176a

「走馬の儀」に参加する馬を神前にお披露目します。

Jms_5194a

走馬の儀を拝観するために御所屋で待機する勅使ら

Jms_5210b

神前から戻って勅使に一礼。下鴨神社と違って乗尻(騎手)が袴をはいています。

Jms_5235a

一の鳥居から二の鳥居まで走ります。

Jms_5251a

2頭の馬が走った後で、勅使は退席します。

Jms_5284a

乗尻は、5月5日に行われる競馬会神事(くらべうまえしんじ)と同様に、上賀茂神社旧社家(賀茂県主同族会)の方々です。

Jms_5286a

社頭の儀は天皇が賀茂の神に幣物を奉納するという、宮中の祭りの色合いが強くします。

Jms_5301a

一方、走馬の儀はかって葵祭(賀茂祭)が、賀茂氏の氏神祭だったころの形態を今に伝えているともいえます。

Jms_5313b

今日もお越しいただき、ありがとうございます。お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をしてくださると嬉しいです(一日一回有効です)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jms_4865b

|

« 平安絵巻 葵祭 路頭の儀 | トップページ | 三船祭 新たな再出発 »

葵祭 2」カテゴリの記事

コメント

たくさんのきれいな写真と丁寧な解説で、来年は私もこうして路頭の儀や社頭の儀を拝見したい、と思いました。それにしてもお天気がもってくれて良かったです。
りせさんの撮られる子ども達はどの子も愛らしくて、本当に好ましい…。いつもありがとうございます。

投稿: もっちゃん | 2015年5月17日 (日) 08:33

こんにちは。
横浜の浜です。ご無沙汰しております。
葵祭 こんなに詳し説明で 感動しました。知らないことのほうが多いぐらいでした。京都を離れたからこそ 京都の行事により関心がわきます。人ごみのなか どうやってこんなに上手に写真を撮られるのかと思いながら拝見させていただきました。
ありがとうございました。

投稿: 浜 恵里 | 2015年5月17日 (日) 09:31

★もっちゃんさん お早うございます♪
「★葵祭・特集★」として、今までの記事を全て纏めました。
左にある、★葵祭・特集★のバナーをクリックしてお楽しみくださいね。
あの女の子たちがいつも可愛いんですが、どこから選ばれるんでしょうね。

投稿: りせ | 2015年5月17日 (日) 10:33

★浜 恵里 お早うございます♪
「★葵祭・特集★」として、今までの記事を全て纏めました。もっと詳しく説明している記事もありますよ。
左にある、★葵祭・特集★のバナーをクリックしてお楽しみくださいね。
今日もこれからお祭りに行って来ます。おお忙しいです。

投稿: りせ | 2015年5月17日 (日) 10:35

葵祭。馬も元気に走って爽快ですよね。
撮影おつかれさまでした。

投稿: munixyu | 2015年5月17日 (日) 13:16

葵祭りいいですね~~!時代祭りとこの葵祭りは、鑑賞する感じで、立ち止まってず~~っと見てしまいますね。琴を歩いて演奏してるのは始めてみた!
走馬の儀も迫力あっていいですね~
今日はこちらは三社祭でした。大名行列とかもあるようですが、平日だったので見れなかった(;´д` ) トホホ

投稿: ばるさろ | 2015年5月17日 (日) 20:03

★munixyuさん こんにちは♪
遅くなりました。m(_ _)m
路頭の儀が「静」で、走馬の儀が「動」な感じです。
行列はゆっくりゆっくりです。先回りできます。

投稿: りせ | 2015年5月19日 (火) 12:19

★ばるさろさん こんにちは♪
遅くなりました。m(_ _)m
下鴨神社の走馬の儀は5-6年前まではほんの少しの人が見ているくらいでしたが、今はもうスゴイ人でした。
5月はお祭り月ですね。京都もまだまだお祭りは有りますよ。

投稿: りせ | 2015年5月19日 (火) 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平安絵巻 葵祭 路頭の儀 | トップページ | 三船祭 新たな再出発 »