« 上品蓮台寺 桜咲く境内 | トップページ | 立本寺 桜咲く境内 »

2015年4月 3日 (金)

疏水分線の桜

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amp_1550a
※写真は全てクリックで拡大します。

今日は予定を変更して、琵琶湖疏水分線沿いの桜をお届けします。3か所の桜のうち、最初の二つは3月29日の撮影で、桜が散ってしまわないうちにお届けししようと思ったからです。熊野若王子神社の東に、桜花苑の上り口があります。

Jmr_3508a

しばらく上ると視界が開けて、斜面に濃いピンクの桜(陽光桜)の林があります。

Jmr_3512a

この桜にはそれぞれ名札が付けられていて、記念植樹されたものです。

Jmr_3547a

ここからは、ある程度の見晴らしもあります。西の方

Jmr_3557a

南の方

Jmr_3529a

下に見えるのは、若王子取水施設です。琵琶湖疏水は、蹴上で発電所に流れる本線と北に行く分線に分けられ、その分線は南禅寺の水路閣を通ってこの取水池に流れます。

Jmr_3537a

ここの桜はこの日で7分咲き程度でしたので、今日の雨で散ってしまうかも知れません。

Jmr_3518a

若王子取水池を通りすぎた水は、哲学の道沿いに流れ、銀閣寺橋で西にさらに志賀越道で北に流れを変えて、「北白川疏水」と呼ばれます。その中ほどの伊織町にある「銀月アパートメント」

Jmr_3759a

戦前からあるレトロな建物だけでなく、早咲きの枝垂桜でも有名です。

Jmr_3747a


Jmr_3755a

2階の角部屋でウクレレ教室を開いていて、その音が聞こえてきます。

Jmr_3753a

疏水分線は、西北の方向に流れて北大路通、高野川を渡って、西に向きを変えて「松ヶ崎疏水」になります。一方、若王子で取水された水は配管を通って松ヶ崎浄水場まで運ばれます(左の建物)。ここからは、昨日の撮影です。

Jmr_5414a

松ヶ崎浄水場の水は、市内北部に給水されています。かっては、松ヶ崎疏水の水を使っていたそうです。

Jmr_5392a

疏水分線は、松ヶ崎浄水場を過ぎたあたりから南西へ方向を変え、下鴨中通で暗渠となり開渠区間は終わります。

Jmr_5399a

Amp_1556a

かっては、京都の近代化のための水利施設として建設された琵琶湖疏水分線ですが、その目的を終えた現在でも、周辺の景観のために十分役目を果たしているといえます。

Jmr_5396b

今日もご覧いただき、ありがとうございます。最後に、ブログランキングの応援のクリック↓をしてくださると嬉しいです(できましたら毎日)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmr_3741a

|

« 上品蓮台寺 桜咲く境内 | トップページ | 立本寺 桜咲く境内 »

☆★ 2015 桜 2」カテゴリの記事

コメント

桜といっても、いろんな種類、色があって
いろんな趣があって、いいですよね。
いろいろあって、楽しさ倍増ですよね♪

投稿: munixyu | 2015年4月 3日 (金) 13:19

銀月アパートメントいいですねぇ~~
薄暗い中に暖かい灯りがホッとするぅ
そこからウクレレってのも面白いですね
手前の道が未舗装だったら、まさに昭和な感じ

投稿: ばるさろ | 2015年4月 3日 (金) 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上品蓮台寺 桜咲く境内 | トップページ | 立本寺 桜咲く境内 »