« 高野川・満開の桜並木 2015  | トップページ | 桜の中、嵐電で嵐山に行く »

2015年4月 6日 (月)

勧修寺 桜咲く庭園

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmr_5235a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の雨で散ってしまった桜も多いと思いますが、このブログではしばらくの間、見頃の桜をお楽しみください。今日は山科の勧修寺(かじゅうじ)です(4月2日撮影)。山門までの白い築地塀には桜の木が並び、白とピンクの花が咲いていました。

Jmr_5043a

勧修寺
真言宗山階派大本で、醍醐天皇の勅願寺。昌泰3年(900)天皇の生母藤原胤子追善のために創建、山号を亀甲山と称します。開山(初代住職)は承俊律師で、皇室と藤原氏にゆかりの深い寺院でした。

Jmr_5032a

文明2年(1470)に兵火で焼失しましたが、徳川氏と皇室の援助で復興します。代々法親王が入寺し、門跡寺院として格式を誇りました。山門

Jmr_5045a

内側から見た中門 最初に境内の東に並ぶ諸堂の間を通ります。

Jmr_5299a

宸殿(京都市文化財) 元禄10年(1697)に明正天皇の旧殿を下賜されたもの。

Jmr_5070a

宸殿の横を通って書院の前庭に出ます。向こうは庭園、左手前に徳川光圀(1628-1700)により寄進されたという雪見燈籠の傘石が見えます。

Jmr_5076a

五大堂

Jmr_5092a

本堂 寛文12年(1672)に霊元天皇の仮内侍所を下賜されたもので、元は近衛家の建物だったとか。本尊の千手観音立像は、醍醐天皇の等身像と伝えられますが、現存の像は室町時代頃の作。ここには桜はありませんが、紅葉が美しいところです。

Jmr_5099a

南の方に歩いて行くと

Jmr_5101a

観音堂があります。昭和初期の建立だそうですが、楼閣風の美しい建物です。

Jmr_5102a


Jmr_5290a

やさしいお顔の観音菩薩がいらっしゃいます。

Jmr_5266b

Jmr_5115a

観音堂は池の畔に建っていて、池泉回遊式の庭園が広がります。

Jmr_5134a

書院 貞享3年(1686)に後西天皇の旧殿を下賜されたもの、あるいは明正天皇の旧殿ともいう説もあります。

Jmr_5277a

Jmr_5267a

これから池の周りを歩きます。

Jmr_5169a

この池は「氷室の池」と呼ばれ、杜若や蓮の花が美しいことで知られています。

Jmr_5187a

平安時代には、ここに張った氷を1月2日に宮中に献上してその厚さによって五穀豊穣を占ったと言われています。

Jmr_5201a

池の周りには石仏が並んでいて、西国四十八箇所巡りができるようになっています。

Jmr_5207a

この池は、水鳥が多いことでも知られていて、中の島はそのねぐらになっています。

Jmr_5214a

弁天堂

Jmr_5224a

向こうの小島には、1羽の青サギが陣取っています。

Jmr_5258a

一周して観音堂の近くまで戻ってきました。

Jmr_5240a

帰り道で築地塀の桜をもう一枚

Jmr_5332b

今日もお越しいただき、ありがとうございます。お帰りの前に、励ましのクリック↓をしてくださると嬉しいです(一日一回有効です)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmr_5175a

|

« 高野川・満開の桜並木 2015  | トップページ | 桜の中、嵐電で嵐山に行く »

☆★ 2015 桜 2」カテゴリの記事

コメント

いつまでも咲き続けてほしいもんだよね。
せめて、一月。まあ、そうはいかないところが
桜なんだけどね。

投稿: munixyu | 2015年4月 6日 (月) 13:12

笑顔っぽい観音様でいいですね~~
昨日、今日と関西まででかけてました
今日は京都に居たんですが、ずっと曇天でガッカリ~(;´д` ) トホホ
今年は晴天の桜は撮れませんでした~
りせさんのブログを羨ましく見させてもらうことにします!

投稿: ばるさろ | 2015年4月 6日 (月) 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高野川・満開の桜並木 2015  | トップページ | 桜の中、嵐電で嵐山に行く »