« 東山花灯路2015 その1 | トップページ | 城南宮 春の山は枝垂梅が満開 »

2015年3月15日 (日)

東山花灯路2015 その2

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmr_0811a
※写真は全てクリックで拡大します。

本日(3月15日)は東山花灯路(点灯時間18:00~21:30)の最終日です。昨日の記事では、三条から東大谷の参道まで来ました。そこから更に南に行くと、ねねの道があります。大雲院祇園閣もライトアップされていました。

Jmr_0371a

このあたりは人通りが多くて、写真を撮るのに苦労する場所です。

Jmr_0375a

前にいる人との間隔ができるだけ開いた瞬間を狙います。

Jmr_0378a

「御陵衛士屯所跡」の石碑がある高台寺塔頭月真院 普段は非公開ですが、初めて中に入ることができました。慶応3年(1867)6月から11月の間、孝明天皇の御陵衛士を拝命した伊東甲子太郎(かしたろう)ら15名が屯所とした場所です。

Jmr_0391a

彼は熱烈な勤王主義者で、新撰組の参謀となりました。しかし、近藤勇隊長との意見の相違から、慶応3年3月に同志14名をつれて新撰組と分かれます。庭がライトアップされていました。

Jmr_0381a

当初は、御陵衛士隊と新撰組は相互不可侵の関係にありました。ところが、両者の溝は深く、慶応3年11月に伊東および同志3名が新撰組に殺され、御陵衛士隊の活動は終わります。稲荷社がありました。

Jmr_0389a

高台寺への階段

Jmr_0398a

途中から八坂の塔が見えます。

Jmr_0396a

霊山観音

Jmr_0403b

高台寺の駐車場から いつもは夕焼けを見る場所です

Jmr_0406a

この後行った高台寺のライトアップは後日紹介します。

Jmr_0414a

高台寺の駐車場を通りぬけて、維新の道へ降りる階段の途中から

Jmr_0619a

ここからは、八坂の塔がかなり近く見えます。

Jmr_0622a

一念坂

Jmr_0632a

二年坂 坂の上から振り返って

Jmr_0646a

夜の9時近くでしたので、ほとんどの店は閉まっています。

Jmr_0650a

ここはまだ開いていました。

Jmr_0653a

嵐山花灯路でも見た「創作行灯デザインコンペ」の最優秀作品「京人」。舞妓さんをイメージしたそうです。

Jmr_0655a

産寧坂 上から「清水寺の拝観受付は間もなく終了します」とのアナウンスがあり、あせりました。

Jmr_0659a

清水坂 ここに来ると清水寺のサーチライトが見えてきました。

Jmr_0663a

やっと清水寺のライトアップに間に合いました。

Jmr_0794a

清水寺を出た後、八坂通まで戻りました。まだ八坂の塔がライトアップされていました。法観寺の夜間拝観はありません。

Jmr_0814a

東山花灯路にともなって、様々な行事が行われます。今回は急いでいましたので見ていませんが、「狐の嫁入り巡行」、「火の用心・お囃子組」、「舞妓さんによる奉納舞踊」などです。

Jmr_0820a

今年初めて行われた行事もあり、「サンドアートパフォーマンス」、「祇園大茶会~琳派とお茶~」、「京都水族館クラゲSTUDIO」、人気ゲーム「信長の野望」とタイアップしたポイントラリー・・・などです。

Jmr_0822a

来年はもう少し落ち着いて花灯路を楽しみたいと思いました。東大路まで下って来ました。

Jmr_0838a

東山花灯路のときだけでなく、この付近の夜景は風情があります。訪れるときは、薄明かりが残っていてお店が開いている時間帯がオススメです。

最後に、ブログランキングの応援のクリック↓をしてくださると嬉しいです(現在の順位が分かります)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

高台寺前・湖月茶屋の「栗ぜんざい」

Jmr_0605a

|

« 東山花灯路2015 その1 | トップページ | 城南宮 春の山は枝垂梅が満開 »

★東山・花灯路 3」カテゴリの記事

コメント

夜の京都、光の京都。
魅力的でいいですよね。

投稿: munixyu | 2015年3月15日 (日) 12:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東山花灯路2015 その1 | トップページ | 城南宮 春の山は枝垂梅が満開 »