« 宇治 興聖寺 1 紅葉の琴坂 | トップページ | 京の豪商 柏屋 「洛東遺芳館」 »

2015年2月19日 (木)

宇治 興聖寺 2 堂宇 

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmq_0060a
※写真は全てクリックで拡大します。

今日は興聖寺の本堂、開山堂、天竺殿、僧堂、などの堂宇を廻ります。それぞれは回廊で結ばれています。

興聖寺(こうしょうじ)   曹洞宗  山号:仏徳山
鎌倉時代、天福元年(1233)、中国から帰国した曹洞宗開祖・道元を開祖としています。深草の極楽寺跡 (現・宝塔寺)に、日本初の純粋な曹洞宗の禅道場として七堂伽藍を建立し、観音導利院興聖宝林禅寺を開創。これが当寺のはじまりである。

比叡山延暦寺の弾圧により、道元は越前に逃れ、それ以降寺は荒廃した。室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により伽藍は焼失しました。

Amo_6174b

江戸時代、1649年、当時の淀城主、永井尚政によって、宇治七名園の一つの朝日茶園であった現在の場所に再興されました。

本堂は伏見城の遺構で造られました。
前縁は鴬張りの廊下、天井には伏見城落城時の血染め縁板を用いた天井が張られています。  本堂から前庭です。

Jmq_0092a

ご本尊 釈迦牟尼仏     (伝 道元禅師作)

Amo_6200a

右手の表情が可愛くて・・・

Amo_6196a

こちらも親しみやすい表情

Amo_6199a

興聖寺では、一般の方々にもその門戸を開いており日曜参禅会やオプション体験坐禅など、毎月第1と第3日曜日にあります。

Amo_6181a

廊下から、方丈と内庭

Jmq_0073a

方丈と内庭

Jmq_0067a

興聖寺の構えを「禅宗様伽藍配置」といい、京都府の文化財指定を受けています。特徴は、山門・法堂(・説法道場・本堂)が直線上にあり、法堂の左右に、僧堂(坐禅堂)・庫院(台所)を設ける。また山門側には東司(トイレ)と浴司があります。

Jmq_0065a

天竺殿(てんじくでん)
中興開基の永井尚政公ら一族四体の像などが祀られています。

Jmq_0099a

古そうな狛犬さん

Jmq_0100a Jmq_0101a

知祠堂
聖観音菩薩立像(平安時代後期)が祀られています。

Jmq_0098a

手習観音 (聖観音菩薩立像)  小野篁(おののたかむら)作という
かつて塔頭・書写林大悲院の本尊で、「宇治十帖」の舞台となった手習の杜の観音堂に祀られていたもの。江戸時代初期に興聖寺に施入されたといいます。
物語の想定では、浮舟は宇治川に身を投げた後、手習の杜付近で比叡山横川僧都に命を助けられたことになっています。

Jmq_0104a

開山堂(老梅庵) 江戸時代、1750年改築、

Jmq_0094a

竹椅子に座る道元禅師の等身大の木像が安置されています。

Jmq_0096a

Amo_6204a

僧堂(坐禅堂)  坐禅、食事、就寝を行う

Jmq_0112a

僧堂内部

Amo_6215a

三面大黒尊天

Jmq_0109c

東寺の三面大黒尊天は扉が閉まっていて拝めませんでしたが、こちらは他の仏像も含めて開放的でした。

Amo_6211a Amo_6212a

宇治の興聖寺には「花まつりの日(4月8日)にも行っています。他の桜の名所を次々記事にしたために、まだ写真を公開していません。椿が綺麗なので、春になったら記事にするかも知れません。

今日も来て下さってありがとうございます。励みになりますので、ランキングの応援クリック↓をしていただけると嬉しいです。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmq_0075a

|

« 宇治 興聖寺 1 紅葉の琴坂 | トップページ | 京の豪商 柏屋 「洛東遺芳館」 »

 5 宇治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇治 興聖寺 1 紅葉の琴坂 | トップページ | 京の豪商 柏屋 「洛東遺芳館」 »