« 雪の南禅寺付近をスナップ写真で・・・ | トップページ | 雪の哲学の道を歩く »

2015年1月15日 (木)

十月桜が綺麗 平野神社 

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amo_8238a
※写真は全てクリックで拡大します。

京都の桜の名所・平野神社には50種、400本の桜があるそうです。春の桜の時期には、早咲きの品種が3月の中旬に咲き始め、遅いものは4月の20日頃に咲く品種があって、約1ヶ月間桜を観賞出来ます。

冬の季節でも、平野神社では十月桜が綺麗に咲いています。この日は南門から入りました。

Amo_8107a

十月桜とは、花弁は八重(花びらの数:5~18枚)で、白または薄いピンク色

Amo_8244a

全体のつぼみの3分の1が10月頃から咲き初め、残りの3分の2は春に咲く。1年に2回楽しめる花です。

Amo_8160a

訪れたのは、遅い紅葉が残っている12月初旬でした。

Amo_8113a

桜は今も咲き続けていることでしょう。

Amo_8115a

東神門

Amo_8150a

春の花のほうが少し大きいらしく、秋や冬に季節はずれに桜が咲いてる時は、この十月桜であることが多いそうです。

Amo_8152a

秋から冬にかけて咲く桜を「冬桜」と呼びますが、冬桜の花びらは「一重」で、花びらは5枚。

Amo_8166b

なんとも優しい色合いの十月桜です。

Amo_8125a

Amo_8167a

平野神社 
延暦13年(794)平安遷都に伴って大和からこの地に遷座。歴朝の崇敬きわめて厚く、祭日には皇太子御参向、親王諸王大臣以下参列することを例としていた。のち源氏、平家の氏神となる。
境内に桜が多く、珍種に富み、古来「平野の夜桜」の名がある。4月10日に桜花祭を行う。北区野宮本町

Amo_8173a

現在の社殿は寛永年間(1624-44)の造営で平野造とよばれ、本殿は重文。伊勢神宮、松尾大社などとならぶ格式ある名社です。

Amo_8196a

舞殿には三十六歌仙の額が

Amo_8206a

「すえひろがね」・・・現在確認されている日本最大の「餅鉄・べいてつ」
重さ:200キロ、高さ:80センチ、厚さ:27センチ。鉄分:70%、(一般磁鉄鉱が60~65%なのに比べると純度が高い) 面白いほどに磁石がくっつきます。

Amo_8180a

黒猫ちゃんて可愛いですね。つやッつや。(平野神社境内にて)

Amo_8177a

御神木の楠  樹齢4-500年です。

Amo_8212a

境内にも何本か十月桜が咲いていました。

Amo_8190a

可憐な花です。

Amo_8193a

Amo_8250a

紅葉と一緒に楽しめる十月桜。木の数も多かったです。年をまたいで、今も咲き続けているはず。季節外れに見る桜は、とても幸せな気分になれますよ。

私のブログを見に来てくださって、ありがとうございます 励みになりますので、ブログランキングの応援のクリックをしていただけると嬉しいです。(過去記事からでもOKです)
  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amo_8247a

|

« 雪の南禅寺付近をスナップ写真で・・・ | トップページ | 雪の哲学の道を歩く »

 4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
こういう桜って控えめにちらちら咲いている印象ですが、さすがは平野神社、手入れが良いんでしょうかね。
思いがけないときに見かけると、得した気分になります^ ^

投稿: わびすけ | 2015年1月15日 (木) 07:46

平野神社いいですね~。西大路をバスで通ってる時に、かなり目立つ看板が。。。行きたいなぁ。。と思いつつ、北野天満宮に戻ってきたときには行くのを忘れてしまっていましたw
そういえば御池通りのホテルに泊まったのですが、市役所と烏丸御池の駅の中間ぐらいのビルに御池桜が咲いてました。雪の中でも咲いている桜は有り難いですね~
そういえば北野天満宮の中の長五郎餅が開いてました!3月ごろまで観光バスが来る時に開くようにしたとか。。。

投稿: ばるさろ | 2015年1月15日 (木) 22:01

★わびすけさん こんばんは♪
西大路通りの鳥居から入った所のも大きい木だし、花数も多かったです。
「寒桜」の札が付いたのもありました。良く似た花でした。
桜を見ると・・・もう春も近いなあって思いますね。

投稿: りせ | 2015年1月16日 (金) 00:32

★ばるさろさん こんばんは♪
平野神社は「桜」で有名すぎるので、時期外れにはなかなか足が向かないというか、入り口が大きな通りに面していないのもネックですね。
年末に知恩院に行った時、小さい木でしたが、桜が咲いていました。結構あちこちで咲いているものですね。
長五郎餅・・・開いていましたか♪ 観光バス用ですか・・・( ^ω^ )

投稿: りせ | 2015年1月16日 (金) 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の南禅寺付近をスナップ写真で・・・ | トップページ | 雪の哲学の道を歩く »