« 補陀洛寺(小町寺) 小町終焉の地 1 | トップページ | 篠坂 恵光寺  »

2013年10月11日 (金)

補陀洛寺(小町寺) 2

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jmn_3592a
※写真は全てクリックで拡大します。

中三日も空いてしまいました・・・m(_ _)m  小町寺(補陀洛寺)の2回目です。

ごまさんの昨日のコメントに返事しましたとおり、お墓、供養塔が多くて・・・「ウワーどうしよう!!」で、ぐたぐたしていました。

秋とは思えないキツイ日差しの中、明るく爽やかなので墓地という雰囲気でもなかったというと云うと不謹慎になるかもしれませんが、・・・そんな感じで記事にするつもりが、やっぱりお墓を載せるのは??・・・で、悩んでました。

Jmn_3674a

前回の記事の反対側の西北に小野小町の元へ「百夜通い」をした深草少将の宝篋印塔があります。(江戸時代)
※深草少将の小野小町の元へ「百夜通い」は下の記事を見てくださいね。

小野小町の元へ「百夜通い」をした深草少将の邸宅跡→◆「欣浄寺」の記事

「百夜通い」をした時に蒔いた99個の榧(かや)の実が育ったといわれるのが「小町榧(こまちがや)」です。その「小町榧」の1本といわれる樹齢1000年を超える神木があるのが「善願寺」。不動明王像が彫られています。→◆善願寺の記事です

Amm_7409a

小町供養塔への石段脇に・・・「一人一切人 一切人一人 一行一切行 一切行一行 十界一念 十界一念 融通念仏 億百万編 功徳円満」

平安時代末期に天台宗の僧侶である聖応大師良忍が大原来迎院にて修行中、阿弥陀如来から「一人の念仏が万人の念仏に通じる」という教えを授かり開宗した融通念仏宗の教え。

Jmn_3591a

先にあるのが、小野小町供養塔

Jmn_3593a

仏舎利塔

Jmn_3669a

こちらのお寺には、鞍馬寺関係の供養塔がいくつかみられました。

Jmn_3656a

こちらは何でしょうか? 石造りの立派な橋

Jmn_3648a

やはり説明を聞かなくてはいけませんね。

Jmn_3650a

Jmn_3629a

Jmn_3633a

Jmn_3660a

Jmn_3638a

石仏がたくさん置かれていました。

Jmn_3616a

Jmn_3618a

もう秋の筈ですが、暑いですね。

Jmn_3646a

Amm_7422a

Jmn_3645b

Jmn_3647a

以前は記事作りに行き詰っても、睡眠時間を削ってまで作っていましたが、今は無理をしないでお休みすることに致します。どうぞ宜しくm(_ _)m

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

小町寺のお向かいにもお寺がありました。次回はそちらのつもりです。

Amm_7405a

|

« 補陀洛寺(小町寺) 小町終焉の地 1 | トップページ | 篠坂 恵光寺  »

 4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ブログ更新が無いのは見させてもらっている側としては何かあったのかと心配になりますね。
私の場合、お墓の写真を撮ったりすると、よく白い球体が映り込むことが多いのですが,(龍馬先生のとこや高野山)俗にいうXX写真なのでしょうか。りせさんはその様な不可解な写真を撮ったりしませんか? またそのような現象を信じる派ですか、信じない派ですか?

投稿: ゆうりく | 2013年10月11日 (金) 05:59

★ゆうりくさん お早うございます♪
3日目のお休みは書こうかなと思ったのですが・・・でも今アクセスは3000近くあっても、ランキング応援は10-20人。(今は毎日更新の時でさえ)
このブログファンで私を気にして下さってる人ってそんなもんかなあ・・・毎日来てくださってる方は、もう頑張らずに更新すること御存知だし、「今日は休みます」って書くのも大そうだし、大したブログじゃないし、書けない理由を書くのもプライバシーを言うようでもあるし・・・更新が無い時こそランキング応援して下さるのがファンだと思うし・・・今日現在ランキング順位もポイントもガタ落ち。毎日更新を急かされているようで・・・身体が持たないので無断欠勤にしました。心配をおかけましたm(_ _)m。

「心霊写真は全く信じない派」です。昔「心霊写真を検証する」みたいな番組があって、どんなに恐くて不思議な写真でも、もう一度その場で写真の専門家が撮って、同じような写真に仕上げて証明した番組がお昼に週1回。今はこのようなシッカリした科学番組が無いことが悲しいです。
でも、心霊現象というか、私に関係した人に起こる不思議な現象についてのみ、ハッキリその存在を信じています。あまりにも不思議過ぎるから。これは科学で証明できない範囲だから。

投稿: りせ | 2013年10月11日 (金) 10:19

おはようございます(^_^) りせさんが、元気で、よかったです。こう、暑いと、本当に、10月かなと思ってしまいます。
お墓も、風景として、いいんじゃないかと思います。石仏が、あたたかく、私たちを出迎えてくれているようです。

投稿: ごま | 2013年10月11日 (金) 10:28

★ごまさん お早うございます♪
更新がしばらく無くても心配しないでね。ゆっくりするって何度も書いてるし。
もう年だから、撮影に出かける気力も体力も無いんですよ。記事更新にはスランプもあるし・・・以前ならそれでも乗り越えたけれど。もう自分を大切にしますね。

投稿: りせ | 2013年10月11日 (金) 10:56

お墓、供養塔、石仏。
いやぁー、でも、こういうのって、結構
普段見ないから珍しくていいですよ。

投稿: munixyu | 2013年10月11日 (金) 13:23

★munixyuさん こんばんは♪
ここは明るくて怖いなんて雰囲気は無かったですが、足の踏む位置とかやはり凄く気にしながら歩きました。
昔は全然撮れなかったから自分としては進歩のようです。

投稿: りせ | 2013年10月12日 (土) 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 補陀洛寺(小町寺) 小町終焉の地 1 | トップページ | 篠坂 恵光寺  »