« 智積院 桔梗の花  | トップページ | 大田神社 深泥池 社家  »

2013年7月 6日 (土)

智積院 大書院 

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amm_1108a
※写真は全てクリックで拡大します。

ブログ公開の写真は見て頂くのに堪えれる写真であるのを選び、建物外観・室内は歪み傾き等を、自然に見えるように時間をかけ丁寧に修正しています。

智積院は既に20回ほど記事にしてるし・・・大書院・庭園・講堂もイヤほど撮ってるけど、今回も気に入った写真を50枚ほど記事用に修正しました。(2日もかけて)

でも、結局好きなアングルって決まっているから見飽きたって感じで。。。

・・・ナント無駄な時間を費やしてしまったことか。。。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

今日は長谷川等伯の「楓図」「桜図」などのレプリカの襖絵で飾られた大書院だけを残しました。まずは、書院に入る前、外からです。

Amm_1065a

大書院前の庭園
「利休好みの庭」と伝えられるこの庭園は、豊臣秀吉公が建立した祥雲禅寺(しょううんぜんじ・智積院の前身のお寺)時代に原形が造られ、その後、智積院になってからは、第七世運敞僧正が修復し、東山随一の庭と言われるようになります。

Amm_1067a

かつて祥雲禅寺の客殿を飾っていたのが長谷川等伯筆の国宝の金碧障壁画です。

Amm_1095a

国宝(収蔵庫)の本物はこんなに輝いてはいませんが、ここはいつも煌びやかです。

Amm_1100b

収蔵庫の国宝と比べるとかなり省略、簡略した感じの絵に見えるのですが・・・大きさもかなり小さく見えますが、何度も拝観料を払って入ってますが、収蔵庫には2度しか入っていません。勿体ないことですが、当然ながら撮影禁止なので。

Amm_1101b

こちらは続いて、上段の間というか貴賓の間

Amm_1109a

本物は是非、収蔵庫で見てくださいね。

Amm_1109b

柱を真っ直ぐにしたり、傾きを直したり・・・頑張って修正しています。

Amm_1096a

今日も結局は以前の写真と変わり映えは無いのですが、最近室内が少ないので、敢てこれにしました。

Amm_1098a

ここで過ごす時間は、贅沢だなあと思います。

Amm_1072a

Amm_1074a

壁面を紹介したので、正面の庭園・・・あの「利休好みの庭園」です。

Amm_1087a

このお庭は岩下志麻さんの化粧品のCMで一躍有名に成りました。

そのYou Tubeの画像を入れた記事はこちらです

Amm_1071a

今回はサツキには遅すぎましたが、上記の記事はサツキの綺麗な時に行っています。

Amm_1106a

土地の高低を利用して築山を造り、その前面に池を掘り、

Amm_1103a

池が書院の縁の下に入り込んでいます。

Amm_1077a

そして最後に、講堂のある南面

Dscn1370a

今回は用意した写真の半分も記事には使用してないということに。・・・勿体無さ過ぎますが、こういう調子で毎日記事を作っています。

こだわった割には大したことなくて・・・(。>0<。)

明日は楽チンな所にするつもりです。

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amm_1076a

|

« 智積院 桔梗の花  | トップページ | 大田神社 深泥池 社家  »

 3 智積院」カテゴリの記事

コメント

庭が、いい感じです。あのCM、岩下志麻さんと庭が、本当に、合って、美しかったですね(゚▽^*)日本の美と感じました。今は、CMが流れなくて、残念です。

投稿: ごま | 2013年7月 6日 (土) 10:33

★ごまさん こんにちは♪
良い感じに庭を撮ってるんですが・・・写真ブログなので、当方の撮った写真について感想をいただければ励みになるし嬉しいんですが。

投稿: りせ | 2013年7月 6日 (土) 11:40

写真選定ごくろうさまです。
細かい作業、いつも、おつかれさまです。

ぼんぼりの灯りが、なんとなく涼を感じていいでよね♪

投稿: munixyu | 2013年7月 6日 (土) 14:49

ち…地に侍る
しゃ…芍薬美人の
く…草花に
い…古の時
ん…終わる事なし

即興ですが、チト、無理な当てはめかな?
夏本番、ばてぬように皆様。

投稿: もうアルツ | 2013年7月 6日 (土) 17:06

ほんとうにすてきな場所ですね!
庭もすばらしいです。

投稿: London Caller | 2013年7月 6日 (土) 20:49

りせさん こんばんは

智積院って、お玄関前がとても明るく、堅苦しくない雰囲気がありますね。
中がまた一段と煌びやかで眩く明るくて。


写真の選択や修整にそんなに時間をかけて下さっているのですね。
そっか~~~、単純にパチリとシャッター押してアップしてはるのと
違うんだわ、腕が良いだけとは違うんだわ、と改めて感じいっています。


投稿: 8mama | 2013年7月 6日 (土) 21:39

8mamaさんのお言葉に一票!笑

m(__)m

投稿: もうアルツ | 2013年7月 6日 (土) 22:51

★munixyuさん こんばんは♪
三脚持ってないから、気に入ったところをバシャバシャ撮ってます。数が多いです。選ぶだけで一苦労。
あのボンボリ、優しい灯りです。

投稿: りせ | 2013年7月 6日 (土) 22:52

★もうアルツさん こんばんは♪
智積院、まだ建物は新しいけれど、これからどのような風格が出てくるか楽しみです。
早朝に起きて蓮を撮りに行かなくては。
もうアルツさん、いつも美しい詩を有り難う。心強いですo(*^▽^*)o

投稿: りせ | 2013年7月 6日 (土) 23:00

★London Callerさん こんばんは♪
お久しぶりです。コメント有り難うo(*^▽^*)o
たまに人が座ってらっしゃいますが。一人になれる素晴らしい場所です。ぼーっと庭眺めてるのって最高です。

投稿: りせ | 2013年7月 6日 (土) 23:05

★8mamaさん こんばんは♪
煌びやかさに驚きますが、とっておきの豪華な場所ですね。

アリガトウo(*^▽^*)o
三脚無しで、動き回って撮りますから、撮影枚数が多いです。それも夫と2人分ですから、写真を選ぶのが一苦労。
記事に入れるのは・・・風景だけのは構図を見直します。トリミングが楽しいです。
建物・電柱などの構造物が入ってるのは水平・垂直・湾曲も直します。
室内は凄く大変です・・・湾曲、傾き、暗さ、色合い他いろいろ修正部分いっぱい。
「撮ったまま」というのは少ないです。
写真修正はプロとしてやっていけるって云われています。
トリミング、修正は楽しいですが、凄く時間がかかって・・・家事もあるので。。。コメントのお返事が出来ないこともしばしばです。(凄く筆不精者です)
寺院説明を入れる時がまた大変です。駒札、Wikipedia、寺院HPを調べています・・・毎日毎日レポートの提出してるみたいです。

嬉しいわあ・・・o(*^▽^*)o・・・こういう励ましが明日の力になります。有り難うm(_ _)m

投稿: りせ | 2013年7月 6日 (土) 23:16

★もうアルツさん有り難う♪
いつも応援嬉しいです。有り難うございます。m(_ _)m

投稿: りせ | 2013年7月 6日 (土) 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 智積院 桔梗の花  | トップページ | 大田神社 深泥池 社家  »