« 2012 秋 厭離庵(えんりあん) | トップページ | 2012 秋 鳥居本から愛宕街道 »

2012年11月27日 (火)

2012 秋 鳥居本 平野屋 

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Aml_0643a
※写真は全てクリックで拡大します。

愛宕(おたぎ)念仏寺からスタートの予定でしたが・・・
最近テレビで愛宕念仏寺の羅漢さんたちを取り上げることが多くて・・・。その為か人がいっぱいでした。写真を撮るどころじゃないと思えたので入りませんでした。

なので、道路を戻って・・・

Aml_0639a

「平野屋」さんを上から・・・

Aml_0646a_2

苔むした屋根と紅葉とが、とても綺麗ですね。(撮影:11月20日)

Aml_0663a_2

この日は愛宕念仏寺には入らなかったので・・・

晩秋に行った「愛宕念仏寺 2007年」こちらをご覧ください

Aml_0666a_2

Aml_0654a_2

Aml_0667a_2

愛宕神社の一の鳥居が右に少し見えています。

Aml_0674a

こちらは「つたや」さん

Aml_0668a_2

屋根も葺き替えが済んで、営業されています。

Aml_0675a_2

2007年に撮った「つたや」さんの屋根は見事一面、緑に苔むしていました。

こちらをご覧ください。苔がとても素敵だったので残念な気もします。

Aml_0673a_2

茅葺屋根と紅葉の取り合わせの色も素敵です。苔はこれからですね。

Aml_0681a_2

Aml_0679a_2

このあたりは「嵯峨野鳥居本伝統的建造物群保存地区」とされています。

Aml_0684a

この景色も定番写真になりましたね。

Aml_0698a_2

※昨日は嬉しいことがありました。詳しくは言えませんが・・・
文化財関係のところから、「古い祠の修復にあたり、昔の様子が分からない。もしかしたらブログの写真以外にもその場所を撮った写真がないだろうか・・・って。
・・・有りましたよ・・・2007年の写真でお望みどおりのが2枚。撮っておくものですね。お役に立てて嬉しいです。学術論文に使用されるようです。
来年中には学術誌に掲載され、ネット上でもPDFで公表できるかもということです。

このブログに載せているのは撮った写真の何パーセントでしょうか。
マニアックなものなど撮っても記事には入れてませんので、記録としての京都の写真の数は膨大です。
こういうお申し出は特に嬉しいですね。またどうぞって言っておきました。

そんなやり取りもあって、コメントのお返事ができていませんでしたm(_ _)mゴメンナサイ

今日も紅葉を撮りに出かける予定です。お返事が溜まってしまい申し訳ございませんが、できる限りお返事するつもりです。

お楽しみいただけましたらランキングの応援クリックを宜しく。m(_ _)m
---------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
---------------------------------------------------------------

Aml_0694a

|

« 2012 秋 厭離庵(えんりあん) | トップページ | 2012 秋 鳥居本から愛宕街道 »

 5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本」カテゴリの記事

★ 2012 紅葉 3」カテゴリの記事

コメント

お~~!
りせさん、ブログを続けてこられた甲斐がありましたね。
あさいちの嬉しいニュースです。

投稿: 8mama | 2012年11月27日 (火) 08:49

お~~! 第2弾。
拝読しているブログは情報氷山の一角なのですね。
奥深い引き出しが沢山あって、これからも楽しみにしています。
彦摩呂ふうに「京都の情報の宝石箱や~」。

嵯峨野鳥居本界隈は本当に風情の良いところで大好きです。

投稿: 8mama | 2012年11月27日 (火) 09:15

嬉しいことですね。
自分も経験したことがあるのでわかります。
継続は力ですね。おめでとうございます。

投稿: ひでちゃん | 2012年11月27日 (火) 11:46

すごいです。りせさん、おめでとうございます(^_^)v 撮った写真が、役にたつと、嬉しいですね(^_^)
この風景は、懐かしい気がします。子供の時を思い出します。苔におおわれた屋根がきれいです(^_-) 紅葉とこの建物群が合いますね。

投稿: ごま | 2012年11月27日 (火) 12:33

★皆様コメント有難うございます♪
今日は久しぶりに紅葉を見に行きたいと思っていたお寺が拝観中止になっており・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 
行ってみて分かったので、それだけでグッタリ。急遽遠路清水寺に行ってきました。清閑寺にも行って・・・またまたグッタリです。
明日、明後日と家に居るつもりです。コメントのお返事は明日させていただきます。m(_ _)m

投稿: りせ | 2012年11月27日 (火) 19:32

りせさんの日々の頑張りが、こうやって大きな実を結んだのですよ。
おめでとうございます。京都の大切な景をしっかり
残されたりせさん。本当に素晴らしいことだと思います。
これからも大変だと思いますが、指一本で応援しています!
りせさん、頑張ってください。

投稿: munixyu | 2012年11月27日 (火) 21:57

こんにちは、りせさん。
学術論文にりせさんのお写真が使われるとのこと、おめでとうございます。ほんとうに良かったですね。

4枚目のお写真、すてきです。紅葉と苔むした屋根と縁台の赤い毛氈がいいですね。

私は、22日に、圓光寺と曼殊院、26日に東福寺と芬陀院に行ってきました。

投稿: さらそーじゅ | 2012年11月28日 (水) 11:25

★8mamaさん、ひでちゃんさん、ごまさん、munixyuさん、金魚さん、さらそーじゅさん、コメント有り難うございます♪

★8mamaさん こんばんは♪
嬉しいというより、「このブログを見つけられてラッキーでしたね」って感じですね。
ブログに公開してない写真の多さたるや・・・凄いですよ。いっぱい撮ってます。それだけでまた何かできそうです。

★ひでちゃんさん、こんばんは♪
特に街並みとかは壊されていきますものね。ひでちゃんさんの素晴らしい絵画は貴重な歴史の証人なのですものね。
デジカメ暦9年ですから、いろいろ撮ってます。何でも撮っておくもんだな・・・って感じがしています。

★ごまさん、こんばんは♪
もう一度書いてしまいますが嬉しいというより、「このブログを見つけられてラッキーでしたね」って感じですね。
その方の研究がスムーズに行くだけですから。

★munixyuさん、こんばんは♪
写真が無くて困ってらっしゃったみたいですよ。
また書いてしまいますが・・・「希望通りの写真が手に入ってラッキーでしたね」って。
「また都合良く利用されてしまった・・・」という感じですね。
こちらとしては何の利益もありませんから。無料で商用に利用されるよりかはマシだなあと思うくらいですよ。
でも、礼儀正しいから気持ちが良いです。

★さらそーじゅさん、こんばんは♪
一杯写真とってるから、都合の良いブログですよ。
別に光栄だとは思っていませんよ。
写真の構図なども真似されっぱなしで・・・嫌だなあって思っています。
今年もやっぱり東福寺には行けませんでした。人が多かったでしょうね。

投稿: りせ | 2012年11月28日 (水) 17:59

りせさん こんばんは。
少しはお疲れがとれましたか? お返事をありがとうございました。

りせさんの長い時間をかけて(お金も体力もね)ためておかれた情報がお役にたって
本当に良かったと思います。心からそう思います。

りせさんが皆様に書いてられるお返事を読んでいて思いました。
もし、りせさんのお写真がなかったら、その古い祠の修復はどとうなったのでしょう。
元通りに出来なかったのですよね。
文化財関係の方々、しっかりしてくださいよ、お願いしますよ~と言いたくなりました。
京都はあちらもこちらも古い物だらけなのですから(沢山有りすぎなのは理解できますが)
資料は専門家にちゃんと確保しておいてもらわないとねぇ。

りせさん!いっぱい感謝してもらってね!

投稿: 8mama | 2012年11月28日 (水) 21:13

★8mamaさん こんばんは♪
コメント有り難うございます。m(_ _)m
睡眠不足もあったので、昨日はくたくた。良く寝たからもう大丈夫です。
その「祠の劣化の原因がある物のせいじゃないか」という「そのある物の写真が必要」だったんです。所有者の方も当時の写真を撮ってらっしゃらなくて。
だから原因がそれなのかの研究のようですよ。研究上一番必要な写真だったみたいですヨ。
論文の最後にこのブログ名を書いて謝辞を入れると仰っています。
なんかねえ・・・慈善事業やってるみたいです。

投稿: りせ | 2012年11月28日 (水) 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012 秋 厭離庵(えんりあん) | トップページ | 2012 秋 鳥居本から愛宕街道 »