« 紅葉の醍醐寺 4 池の周り | トップページ | 有り難うございます。元気です。 »

2012年1月23日 (月)

リリが虹の橋を渡りました。

Dsn_9802a

大好きなリリちゃんが心筋症による突然の症状により、昨夜(22日)亡くなりました。

元気に帰って来れると信じていたのに、9才7ヶ月・・・あまりにも早かったです。

Dsc13564a

いつも控えめで、優しい仔でした。

小さなサインを一杯出していたのに、それを分かってあげれなかったことをひたすら悔やんでおります。

Img_2770v

虚脱感と無気力感、ぼー然としており、今は報告を書けますが・・・

明日以降、記事が書ける状態にはなれないと思います。

PCを開くことが出来るかどうかも分かりません。

クックとナナも動揺しています。

2匹には笑顔で接しようと・・・クックとナナが私を支えてくれると思います。

Dsn_9977a

暫く、更新を見合わせていただきます。m(_ _)m

-------------------------------------------------------------------
  人気ブログランキング人気ブログランキングへ   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

|

« 紅葉の醍醐寺 4 池の周り | トップページ | 有り難うございます。元気です。 »

 2 ご挨拶」カテゴリの記事

コメント

愛猫を亡くされたのですね。お悔やみ申し上げます。猫たちと暮らしていますので、人ごとではないですね。時間が解決するしかないでしょう。

投稿: なりひら | 2012年1月23日 (月) 00:35

おはようございます。
りりちゃん亡くされてよほどのご心痛でしょう。
何もしてやれず、慰めの言葉も出ず、歯がゆい気持ちでいっぱいです。私も愛猫家なのでとても辛くてたまりません。
このところ色々な問題抱えて大変そうですね。
さぞお疲れでしょう、少し養生なさって下さいませ・・・

投稿: uzu | 2012年1月23日 (月) 09:42

リリちゃんが、虹の橋を渡ってしまっただなんて・・・
なんとお言葉をかけてよいやら分かりません。
こんなお知らせを受けようとは思ってもいませんでした。
綺麗なリリちゃん、お姫様のようだったリリちゃんが、いなくなってしまっただなんて、涙が止まりません。
りせさんのショックはいかばかりかとお察し致します。
元気を出して下さいと言っても無理だと思います。
お慰めする言葉も無く、私は混乱しております。
どうぞ、存分にリリちゃんとのお別れを惜しんで下さい。
                      合掌

投稿: fmk | 2012年1月23日 (月) 10:09

こんにちは、りせさん。
そうなんですか、リリちゃんが・・・
元気になって退院されると思っていたのに・・・
とってもつらいですね。
これからは天国でりせさんのこと、見守ってくれると思います。

投稿: さらそーじゅ | 2012年1月23日 (月) 10:27

★りせです。

皆さま温かい言葉を有難うございます。

喉の奥に大きな大きなしこりが詰まっているように、話すことが苦しいですが、こうしてPCに向かうことは出来ました。
猫を飼う資格など全く無かったと、ただただ後悔と自責の念にさいなまれています。今はリリの写真を見ることも出来ません。

家族の皆が私を心配して励ましてくれています。クックも意外と正常でした。最初の猫のリックが亡くなった時よりは立ち直りも早いかと思います。
お花を一杯に入れた棺で、明日葬儀を済ませ、お骨は全部頂いて帰って、終生私の枕元に置いておきます。リックと共に。

先ほど、ふと右サイドバーの「掲示板」を見ました。

掲示板へのお返事が滞っていてもう外そうかと思ってましたら、ブログ更新に最大のこころの支えとなるコメントをいただいていました。コピーさせていただきます。

>『いつも背中を押して貰っています。こちらにお邪魔して人生が変わろうとしています。3月で仕事をやめ京都に引っ越しする準備に入ります。残りの貴重な人生を凝縮して生きたい。「街で見つけた名言」に励まされ、何もかもあきらめるのはやめようと思いました。ありがとうございます、りせさん』

こちらこそ、ブログを再開する最高の励ましだと感謝申し上げます。
私も、今一度「街で見つけた名言」を見させていただきます。
http://kyoto-albumwalking.cocolog-nifty.com/blog/3_1_1/index.html

有り難うございまいた。

投稿: りせ | 2012年1月23日 (月) 11:51

うん・・・
しばらくゆっくり休憩してくださいませ
でも、ひとつだけ
病気というものを知る私の立場から言うと
突然でリリちゃんにとってはよかったともいえます
何年も苦しまなくて済んだんだから

病気ってね
予防ができないものが、ほとんどです
心筋症なら、なおのこと
・・・ですから、りせさんのせいではありません
リリちゃんも、わかってくれているよ

リリちゃんのご冥福をお祈りいたします

投稿: munixyu | 2012年1月23日 (月) 14:25

りりちゃんの ご冥福を心からお祈り申し上げます。

私がリセさんのブログに出会ったのは、りりちゃんと同じかけがえの無いチンチラチルバーを亡くし、また、よく似た猫が 欲しかったので、血眼になって探していて出会いました。 
京都の風景も楽しみでしたが 猫ちゃんの事も楽しみにしていました。

突然の事で、とても心が痛みました。

どうかご自分を責めず、少しずつ元気をとり戻してください。


投稿: 浜 恵里 | 2012年1月23日 (月) 15:34

リリちゃんの体調不良、心配してたのですが、こんな突然に…。
言葉もありません。
猫を飼ってる者にとって一番怖い病気のひとつです。
リリちゃんのご冥福をお祈りいたします。
リリちゃん、クックちゃんとナナちゃん、そしてりせさんのこと天国から見守ってあげてね。
りせさんには落ち度などないと思います。
ご自分をお責めになりませんよう…。
時間が一番のお薬になると思います。

投稿: ぽっぴい | 2012年1月23日 (月) 17:21

お悔やみ申し上げます。

投稿: 金魚 | 2012年1月23日 (月) 17:36

こんばんは、キャロルです。
今週はずっと寒いようですね。
今はあんまり無理をなさらないほうがいいと思います。

投稿: キャロル | 2012年1月23日 (月) 18:36

りりちゃん、亡くなられたのですね。
お悔やみ申し上げます。

我が家にもワンコがいますが、いつか別れのときが来るのかと考えると胸がしめつけられる思いです。

りせさん、あまり無理なさらないでくださいね。

投稿: Kova | 2012年1月23日 (月) 19:14

リリ…リリちゃんを
さ…支えて生きた
よ…よろこびは
な…泣き笑う日々
ら…爛々たる眼

皆様がお悔やみ申し上げておりますので…。

飼い主の気持ちを察して余りありますが、生死は自然の摂理。
故に、苦しまぬ終焉は飼い主への最期の孝行だと思います。m(_ _)m

投稿: もうアルツ | 2012年1月23日 (月) 19:20

お久し振りです。fmkさんに、リリちゃんの訃報を聞いて、びっくりしました。突然のことで、びっくりしました。ごまちゃんと同じ歳で、誕生日も近かったので、ひとごととは思えません。心から、お悔やみ申しあげます。リリちゃんのご冥福をお祈りします。りせさん、自分を責めないで。

投稿: ごま | 2012年1月23日 (月) 20:06

はじめまして。
「京都を歩くアルバム」の愛読者です。
先日は著作権うんぬんで心を痛めておいででしたのに、さらなる悲しみが・・・。
さぞやお辛いだろうと涙が出てきます。
でも、無理や我慢はなさらないで、リリちゃんを思ってうんと悲しんでください。
京都大好きで、でも遠方在住の為おいそれとは出かけられず、毎日このブログを開くのが楽しくて。
お元気になられるのをお待ちしております。

投稿: こんきち | 2012年1月23日 (月) 23:53

朝一番に記事を拝見して、ですが何と申し上げていいか言葉が浮かばず、こんな時間になってしまいました。

りせさん達がどれだけ豊かな時間を過ごして来られたか、文章から伝わって参ります。
悲しまれるのは当然と思いますが、どうかご自分を責められませんよう。決してりせさんに咎があるわけではありませんから。

投稿: わびすけ | 2012年1月24日 (火) 00:24

★りせです。

munixyuさん、いつも有り難うございます。
munixyu さんが1字、1字をどれだけ渾身を込めて毎日コメント下さってるか、ひょうきんなコメントにはその大変さを一切感じさせない優しさをいつも感じております。
本当に本当に有り難うございます。むにゅ姫ちゃんを亡くされた時にも一切悲しさをお書きにならず。心ではどれだけ悲しみを堪えておられたかを感じておりました。
有り難うございます。「あの時こうしていれば」・・・そればかりが心を襲ってきます。
心筋症で肺に水が溜まり、血栓が足の血管に詰まりました。でも、もしかすれば甦るれるとの一筋の希望も抱きました。帰って来ても、酸素室をレンタルしての闘病生活になるようでした。箱入り娘だねって思ったことも。有り難うmunixyuさん。

浜 恵里さん コメントありがとうございます。
そうでしたか、私もリリに出会ったのはリックを亡くして同じ顔の猫を探して探して出会った猫です。
可愛過ぎて、写真を撮り過ぎて・・・「ふわふわ猫日記」を作って・・毎日毎日2年以上日記を書き続け、今は京都にシフトしてました。
リックが長生きでしたので、まだまだ若いと安心してしまってました。
葬儀を済ませるまでは興奮状態ですが、本当に居なくなったのが身にしみた時が。

ぽっぴいさんコメント有り難うございます。
雫さんのブログから来ていただきまして、猫ちゃんの同じ仲間、有り難うございます。
先の猫が17才まで生きましたので、9才は若いと思っていました。愚かでした。今は自分で自分を責めることがリリへの最大の償いと供養のように感じています。

金魚さん、有り難うございます。

キャロルさん コメント有り難うございます。
明日雪にならないか心配ですが、雪になってら雪のように白かったリリへの天からの贈り物だとおもいます。

Kovaさん コメント有り難うございます。
ペットを飼うことの宿命ですね。
一緒に暮らした時を共有したペットたち。ペットたちと暮す幸せは素晴らしいものです。リリも最高に幸せな日々であったと信じて乗り越えたいです。

もうアルツさん コメント有り難うございます。
スゴイ量のリリの写真がありますが、今、見ることが出来ません。
有り難うございます。朝医院運んで、ずっと夫婦で酸素室の前で見護りました。日曜であったのが幸いして、息子たちも飛んで来てくれました。
安定してると言われて暫くは帰宅しましたが・・・臨終には間に合いました。明日は家族全員で見送ります。

ごまさん コメント有り難うございます。
少しご無沙汰でしたが、お変わりなくお元気でしょうか。
ごま姫ちゃんと同い年、誕生日も接近していましたね。
年に1回の検診は必要かと思います。ごまちゃんは長生きしますように。

こんきちさん 初めまして。
今はまだ部屋におりますので、こころで会話していますが、明日からリリのいない生活になるのが怖いです。
暫くは京都の撮影には行く気力はありません。記事にする写真は10日分ほど残っていますが、それも見る気は致しません。
暫くゆっくりボーっとしようと思います。
こんきちさん、コメント有り難うございます。

わびすけさん コメント有り難うございます。
そうだと思います。こんな記事を作ってしまって。言葉を選び過ぎてコメント出来なくなると思います。
今日の記事は私のあくまでも無謀なものだと。でもリリたちの支えがあってこその私でしたので、あえて記事に致しました。
リリは今、怒ったような顔で寝ています。ゴメンネゴメンネって言って許しを乞うています。もう直ぐ許してくれると思います。


投稿: りせ | 2012年1月24日 (火) 01:22

★りせです。

昨日の午前中にコメント下さってた皆さま、各々の方にお返事しませんでした。申し訳ございません。

なりひらさん コメント有り難うございました。遅くなりました。
ペットは死をみることが恐くて飼わないと仰る方が多くおられますね。
よく理解出来ますが、それでもペットたちとお互いに幸せな時を暮らせる道を進みたいです。なりひらさんも、是非健康診断を受けて予防をなさってくださいませ。

uzuさん コメント有り難うございました。遅くなりました。
このブログに熱心になり過ぎたのも、愛猫の健康への怠りだったように思っております。
ブログを辞めたいという気にもなりましたが、それでは返って見守ってくれたリリには・・・

fmkさん コメント有り難うございました。遅くなりました。
リリはお姫様でした。完璧に可愛い子だと思います。
ネットや雑誌でも何度か写真を載せていただき、自慢の娘でした。
本当に悔やんでも悔やんでも取り返しはつきません。
昨夜もリリと一緒に寝ました。クックは元気で棺のお菓子を取りに来るくらいです。
きこさんにも連絡してくださったのですか。有難うございます。ふわふわ猫仲間はいつも仲間ですね。
追伸:fmkさん有り難うございます。お花が届きました。

さらそーじゅさん コメント有り難うございました。遅くなりました。
退院後のことも考えておりました故に、とても苦しいですが、リリにとって痛み苦しみが最少であったと思います。
リリとの想い出が楽しく思い出されるようにと。。。

投稿: りせ | 2012年1月24日 (火) 09:45

言葉が見つかりませんでした。
ごめんなさい。お許しを・・・。

投稿: Tacchan | 2012年1月24日 (火) 10:26

突然の事で驚いています。
私などお慰めのしようもありません。
でも猫を飼う資格が無い、なんてご自分を責めないでくださいね。
お姫様みたいなりりちゃん。画像からも文章からもりせさんの愛情がたっぷりと感じられました。猫初心者の私はりせさんのHPでどれだけ励まされたことか!

りりちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。

投稿: Zukko | 2012年1月24日 (火) 20:00

いつも心のこもった京都の案内をしていただき、ありがとうございます。Zukko様のコメントを見させていただき、本当に云われるとおりだと思い、一言書かせていただきました。
私は犬・猫・ミミズクを飼いましたが、亡くなりましたが、何日も思い出しては涙でした。でも、動物はかしこいので、飼い主の気持ちがわかっていると思います。今は、後ろから背中を押してもらっていると思っています。ガンバ!!

投稿: gomunoki | 2012年1月24日 (火) 21:51

(u_u。)りせさん  りりちゃん、残念でしたね。
わたしも昨年、実家のわんこを見送りました。
喪失感がしばらく続きました。

りせさんも、ゆっくりとりりちゃんのことを
想ってあげてください。
楽しかったこと、嬉しかったこと、
りりちゃんが与えてくれたいっぱいの思い出を
いつまでも心に残しておけるように、
ゆっくり振り返ってあげてくださいね。

投稿: hayashi | 2012年1月25日 (水) 08:55

★Taccha~n 有り難う。
それでいいんよ。
今日1日寝てたの。少し楽になりました。

投稿: りせ | 2012年1月25日 (水) 23:19

★Zukkoさん 有り難うございますm(_ _)m
以前ならもっと気にかけていた筈の猫への気持ちが足りなくなっていたようです。安心しきっていたとは愚かなことでした。
ふわふわ猫日記は手探りながら、猫を育てる喜びを毎日日記に記し、あみ出した多くの遊びも残しています。お友達もたくさん出来て、楽しいHPでした。
リリを亡くして存在の偉大なことを再認識しましたが、もう取り返しはつきません。
残された2匹を大切に可愛がってゆこうと思います。

投稿: りせ | 2012年1月25日 (水) 23:31

★gomunokiさん 初めましてm(_ _)m
コメントを有り難うございます。
私も子供のころを振り返ると、多くの生き物を飼いました。
猫と犬は心の友であり私を支えてくれました。
今は写真を見ることも出来ませんが、ずっとずっとリリは傍にいて一緒に歩んでいるつもりでおります。
gomunokiさん、有り難うございました。

投稿: りせ | 2012年1月25日 (水) 23:40

★hayashiさん 有り難うございます。
hayashiさんはワンちゃんを亡くされて、もう立ち直れましたか?
私にはきっと悲しみの波は次々襲って来ると思いますが、受け止めていこうと思います。
うちに来てくれたことは奇跡。想い出を大切に大切にしていつまでも偲んでまいります。

投稿: りせ | 2012年1月25日 (水) 23:48

りりちゃん虹を渡ったんですね(/_・、)
それはとっても悲しい事、言葉に言い表せない位ショックな出来事だと思います(/_・、)私も犬を飼っていますがいつかはお別れする日が来ることなんて思いたくないんです…!
でも、りりちゃんは素晴らしい京都の地で、優しいりせさんに出会えて一杯の愛情を受けて可愛いお洋服を着せて貰って…「幸せだったありがとう」って言いながら虹を渡って行ったに違いありません
(^-^)
りせさんも元気になってまた素敵なブログお願いしますm(_ _)m
ご冥福をお祈り致します

投稿: 京都ラブ | 2012年1月27日 (金) 08:49

★京都ラブさん 有り難うございます。
今日はクックを検診に連れて行きました。今日は簡単な診察だけで、検査とかは次回になりました。
リリこそをもっと早く検診に・・・と、後悔が襲って来て、今日は何となく何もする気が起こらなくて。
10年に満たない日々でしたが充分に可愛がって小さい時は一杯遊んでやったし・・・お姫様のようだったし。
苦しみが少なかった事が何よりだと思うけれど。それでも、何故いつもの場所にリリは居ないのか。苦しいです。
「虹の橋では先に行ってるリックが待ってるからね!、真っ白なふわふわ猫だからね」って言っておきました。
有り難うございます。

投稿: りせ | 2012年1月27日 (金) 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉の醍醐寺 4 池の周り | トップページ | 有り難うございます。元気です。 »