« 久しぶりの伏見  | トップページ | 本法寺 三巴の庭 十(つなし)の庭 »

2011年9月10日 (土)

東福寺 方丈・南庭 石たち

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amh_8643d
写真は全て拡大します。

東福寺 方丈・南庭です。(説明は栞より)

方丈の正面の南庭は、210坪(693㎡)あり、白砂による荒海と、巨石を四仙島に見立てた石群とからなります。

Jmj_6176a

古来中国大陸の蓬莱神仙思想では東の大海の彼方に仙人が住む「蓬莱」・「方丈」・「瀛洲」」・「壺梁」の四仙島があり、島には仙薬財宝があると信じられていました。
南庭では四仙島に十八尺の長石を基本に巨石を剛健に配し、渦巻く砂紋によって「八海」を表し、西方には「五山」になぞらえた築山を置いています。

Jmj_6232a

それぞれの石がとても魅力的です。今日は石を大きくいたします。

石のイメージは私勝手に書いています。m(_ _)m

Amh_8642a

これは「蓬莱」(ほうらい)という石組み
左の黒い石・・・溶岩のようにも見えます。とっても力強い。

Amh_8644b

下に横たわる赤い石は・・・何となく・・ワニみたい・・・目もあるでしょ。

Amh_8652a

「瀛洲」(えいじゅう)  トビウオのひれ(羽根)みたい。

Amh_8702a

こちらからだと・・・顔が動物的でイメージが変わりました。

Amh_8659a

角度を変えると・・・まばらなんですね。

Amh_8645a

渦巻く砂紋の「八海」の向こう西方には・・・西方浄土

Amh_8646a

「五山」になぞらえた築山。安らぎの地です。

Jmj_6231a

方丈表門
明治23年(1890)再建。昭憲皇太后の寄進とつたえる向唐破風で「恩賜門」ともいい、小型ながら明治期唐門の代表作です。 
門の左は「壺梁」(こうりょう) 右は「方丈」(ほうじょう)の石組み

Jmj_6184a

「壺梁」(こうりょう)  何に見えますか・・・?

Amh_8657a

Amh_8662a

「方丈」(ほうじょう)

Amh_8661a

角度を変えると石の並びも変わって見えます。

Amh_8665a

いかがですか・・・のーんびり、堅苦しくなく、いろいろ楽しく想像しながら・・・

Amh_8666a

厳めしく見えたお庭も、石の表情、並べ方など見ていると、楽しい想像ができますね。
ゆとりを失くしかけた時に、方丈を囲む4つのお庭それぞれと対峙するのも良いかも知れません。

ランキングの応援を励みに毎日更新しています。今日も宜しくm(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

五山のなだらかな隆起が憩いを感じます。今は小さな松も良いですね。

Amh_8668a

|

« 久しぶりの伏見  | トップページ | 本法寺 三巴の庭 十(つなし)の庭 »

○ 5 東福寺 塔頭」カテゴリの記事

コメント

りせさん、おはようございます

お身体の方は、大丈夫ですか?
お疲れが続きませんように、しっかり休養もとって下さいね

大学時代、ここも訪れたと思うのですが、
歳月の流れとともに、記憶から全て消え去っていて、何も思い出せないのです

投稿: サブリナ♪ | 2011年9月10日 (土) 06:49

秋になったり、夏に戻ったり、体調管理が難しいです「以前、お気遣いなく」とおっしゃていましたが、りせさん、ゆっくり、休んでください!
石の、色んな形がおもしろいですね!
こうりょうの2枚目の真ん中の石が、モスラに見えて、ユーモラスです!

投稿: ごま | 2011年9月10日 (土) 08:02

★サブリナ♪さん こんにちは♪
有り難うございます。休養とかということではなく・・・1回のブログを完成させるのに3-4時間かかります。
昨日は一刻も早くブログ作成に取り掛かりたかったのでコメントのお返事は失礼しました。
コメントの返事も1人1人ですから、遅くまで延ばしていると1時間かかりますので、時間が取れませんでした。
ブログ作りは私の楽しみですので・・・休んでくださいと言われると・・・困るのですが。
今、1日のアクセスが3000を超えていますので。私としてもとっても楽しいのですよ。有難うございます。

投稿: りせ | 2011年9月10日 (土) 12:36

★ごまさん こんにちは♪
コメントの返事は1人1人に差し上げることをモットーにしていますので、、返事を遅くまで延ばしていると1時間かかる時があります。
中には、何てお返事すればいいのか、考え過ぎて時間をとることがあります。
1回の記事作りに3-4時間かかりますので、昨夜は記事作り優先にさせていただきました。
ブログ作りは私の楽しみですから、休む方が調子悪くなります。有り難うございます。

投稿: りせ | 2011年9月10日 (土) 12:43

りせさん、こんにちは!
暑いですねー。
今朝、台風の後しばらく鳴かなかったミンミン蝉が、2箇所で鳴いていなくなりました。
多分、今年はみう来ないだろうな、と。
東福寺の庭石、見る角度によって色々想像出来そうですね。
壼梁の2枚目、ちょっと首は長いが亀と思いました(笑)
築山の松、幹の太さを見ると大きくしないようにしているのでしょうね。

投稿: fmk | 2011年9月10日 (土) 13:51

うんうん
わかる♪
石がいろんな生き物にみえるみえるよね
いい庭ですなぁ

投稿: munixyu | 2011年9月10日 (土) 14:24

五山になぞらえた築山。ええね。
石も見方次第でいくらでも楽しめること教えてもろたわ。難しく考えると立ち止まるもん。これも一興やね。

投稿: Tacchan | 2011年9月10日 (土) 16:26

★fmkさん こんばんは♪
もう秋の虫が・・・と思ってたら、日中はセミが煩かったです。
今日は大覚寺でお月見の舟が出ています。綺麗なお月さんが見えていると思います。
重森三玲さんのお庭・・・とっつき難い感じですが、石をじっくり見たら不思議な石が多かったです。石好きな私は結構楽しいです。こんな見方でも良いかなあと思います。
そうそう・・・忘れていました。テレビでは全体を「龍」だと有名な作庭家が説明してらっしゃいました。
栞には四仙島って書いてあるから、好きに見て良いんだと思います。
築山の松・・・さて・・・どう成長させるのでしょうか?? 楽しみですね。

投稿: りせ | 2011年9月10日 (土) 20:03

★munixyuさん こんばんは♪
動物の軍団が幸せの国に向かっているように見えま~す。

投稿: りせ | 2011年9月10日 (土) 20:06

★Taccha~n こんばんは♪
無機質な中に苔のなだらかさが優しいね。
苔の色は季節によって違うし、今が一番良い時だったかも。
今まで石の面白さに気付かなかった。「大きい石やなあ」くらい。溶岩みたいな石を面白いなあと思ったら、他のも可愛くなった。

投稿: りせ | 2011年9月10日 (土) 20:14

★Taccha~n こんばんは♪
無機質な中に苔のなだらかさが優しいね。
苔の色は季節によって違うし、今が一番良い時だったかも。
今まで石の面白さに気付かなかった。「大きい石やなあ」くらい。溶岩みたいな石を面白いなあと思ったら、他のも可愛くなった。

投稿: りせ | 2011年9月10日 (土) 20:19

素敵なお庭ですよね。大好きなお庭です。

投稿: 金魚ちょうちん | 2011年9月11日 (日) 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの伏見  | トップページ | 本法寺 三巴の庭 十(つなし)の庭 »