« 宇治川 ぶらりと散策・・・  | トップページ | 大原 来迎院    »

2011年5月21日 (土)

妙蓮寺 十六羅漢の石庭 御会式桜

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amg_4872a
写真は全てクリックで拡大します。

妙蓮寺
桜の頃に行って「御会式桜」を撮ったあと・・・お庭の拝観できることを知りました。
大喜びで撮らせていただいて帰り際に「門の所の紅の八重桜が凄く綺麗なのですよ」・・・と。・・・八重桜の頃にまた行って・・・2度訪れた写真です。

Amg_4779a

妙蓮寺 (みょうれんじ) 本門法華宗 場所はここです
日蓮の孫弟子・日像上人が永仁2年(1294)に創建した本門法華宗の大本山。天正15年(1587)この地に落ち着くまで幾度かの移転を繰り返した。

最初は「御会式桜」(おえしきざくら)
日蓮上人の入滅の10月13日頃から咲き始め、4月8日のお釈迦様のお誕生日の日くらいまで咲く桜。日蓮上人の入滅時に開花したと伝えられる桜。

Amg_4889a

この桜の花びらを持ち帰ると「恋が成就する」といわれるそうですヨ。ちぎっちゃダメですよ・・・散ったのを拾って下さいって書いてました。撮影:4月7日

Amg_4919a

「十六羅漢の石庭」を紹介する前に・・・桜を見て参ります。

ここからは2度目に訪れた時・・・撮影:4月18日

Amg_6797a

淡い色の八重桜がとても綺麗でした。

Amg_6761a

Amg_6755a

濃い色の八重桜は、まだこの状態。 

Amg_6782a

だから・・・ 残念ながらお目当ての桜も・・・

Amg_6798a

まだこの状態でした。

Amg_6781a

でも咲いているのはこんなに綺麗な八重桜です。満開はさぞ見事。

Amg_6779a

Amg_6774a

では、庫裏、方丈に入らせていただきます。前の庭は今作庭中みたいです。

Amg_4799a

十六羅漢石庭
桂離宮を造庭した当寺の僧・玉淵坊日首の作で、白河砂に16の石を配置し、北山杉を植え込んだ庭園。

Amg_4879a

近年になって修復されていますが、中央の大きな青石は豊臣秀吉の寄進と伝えられる臥牛石(がぎゅうせき)。「宝命牛玉」という版木が残っているところから、「祝儀の時に愛でられてものであろうと。
釈迦を中心とした枯山水で白砂に十六羅漢に見立てた置石が配置されており、また釈迦三尊石に見立てた獅子・象を形どった特色ある石も配された珍しい庭をなしています。

Amg_4821a 

白砂は宇宙を表し、16石は苦悩する民衆の中から立ち上がる菩薩を表現しています。

Amg_4826a

仏教庭園は見る側に自由な感応を呼び覚ますもので、説明にとらわれることは必要はない・・・ということで、各自の自由な想像で。

Amg_4871a

周辺には台杉・皐月の刈込みが配置。観賞式庭園としての味わい深い庭です。

Amg_4858a

石の説明は聞いた方が良かったですね。どれがどれだか・・・砂紋が綺麗ですね。

Amg_4828a

収蔵庫に長谷川等伯一派の筆になる障壁画、松尾社一切経など多くの文化財を所蔵。奥書院の四間に現代絵画家幸野楳渓筆の「四季の襖絵」があります。

長谷川等伯の障壁画は「春の特別公開」。早く行き過ぎて見れませんでした。

Amg_4861a 

墓地には寺坂吉右衛門が赤穂城下への帰路、伏見に住む片岡源五右衛門の姉宅に立ち寄り遺髪を託した「赤穂義士46名の遺髪墓」があります。

遺髪といえば・・・山科の大石神社の近くの岩屋寺に大石内蔵助良雄の遺髪塚がありました。大石神社と岩屋寺はこちらです

Amg_4811a

Amg_4886a 

サツキの頃に訪れると庭も華やいだ雰囲気になって、また違った見方も出来るかも知れませんね。

ランキングの応援を励みに毎日更新しています。今日も宜しくm(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

花頭窓から・・・椿が

Amg_4866a

|

« 宇治川 ぶらりと散策・・・  | トップページ | 大原 来迎院    »

■散策3 西陣 市中」カテゴリの記事

★ 2011 桜 4」カテゴリの記事

コメント

花頭窓から見る景色、きれいですね(^_-) ここから、見ると、ホッとします。恋が成就する、なかなか、ロマンチックですね。ここにも、歴史の舞台があって、おもしろいです。

投稿: ごま | 2011年5月21日 (土) 10:10

妙蓮寺…私は横浜の妙蓮寺の近くですよ!りせさん(笑)

地面の白砂は宇宙の星と応対しているのですよ。
宇宙の星の輝きは足元の砂に籠められ、
足元の問題は宇宙の星の瞬きを見つめながら
希望を胸に灯すのですよ…(個人的見解)(◎´∀`)ノ

投稿: もうアルツ | 2011年5月21日 (土) 17:10

桜の花びらを持ち帰ると「恋が成就する」
ほぉおおおーう
妹に必要ですなぁ
桜ごと、かじりついて食べてもらおう♪

投稿: munixyu | 2011年5月21日 (土) 19:44

こんばんは、りせさん。
御会式桜の花びら、縁結びのパワーがあるんですね。
いろんな八重桜、可愛いです。
十六羅漢の石庭、白砂が雪のようで美しいです。
北山杉が植えてあるのは珍しいかんじがします。

投稿: さらそーじゅ | 2011年5月21日 (土) 21:24

★ごまさん こんばんは♪
歴史がいっぱい。私も訪れて勉強中です。

投稿: りせ | 2011年5月21日 (土) 22:02

★もうアルツさん こんばんは♪
横浜にも妙蓮寺さんって有るのですか。
もしかしたら、京都にも他にもあるかも知れませんね。
お庭の説明が書いてあったんですが、「宇宙大法真理・・・白砂は波動・・・」って書いていました。私としては宗教感がきつく感じて・・・
そうしたら「仏教庭園は見る側に自由な感応を呼び覚ますもので、説明にとらわれることは必要はない」と書かれていたので省きました。

>地面の白砂は宇宙の星と応対しているのですよ。
宇宙の星の輝きは足元の砂に籠められ、
足元の問題は宇宙の星の瞬きを見つめながら
希望を胸に灯すのですよ…(個人的見解)(◎´∀`)ノ

もうアルツさん・・・これは素晴らしいです。

白砂が夜には煌いてそうに思います。
横浜の妙蓮寺にも同じ庭園があるのですか?

投稿: りせ | 2011年5月21日 (土) 22:19

★munixyuさん こんばんは♪
若い女性が花びらを拾ってらっしゃいました。
有名なんですかねえ。
桜=恋愛成就・・・なかなか日本的ですね。

投稿: りせ | 2011年5月21日 (土) 22:22

★さらそーじゅさん こんばんは♪
いやいや・・・私はそういうパワーは全然信じないんですよ。だからパワースポットっていう言葉も嫌いな方で。
乙女チックが可愛いいし、恋愛が成就すれば良いなあと思うだけです。
白砂が本当に白くて細かくて・・・
直ぐ横に現代の建物があって、狭く感じるのが残念だなあと思います。街中のお寺だから山の斜面・・・みたいには行きませんねえ。 

投稿: りせ | 2011年5月21日 (土) 22:27

追記

横浜の妙蓮寺は味も素っ気もない斎場に成り下がりました。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

一度、りせさんにあないを頼みたい気分ですよ

投稿: もうアルツ | 2011年5月21日 (土) 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇治川 ぶらりと散策・・・  | トップページ | 大原 来迎院    »