« 昨日の御所 新緑の近衛邸跡  | トップページ | 賀茂川の春 元気色の河原  »

2011年4月27日 (水)

桜の水火天満宮と薄雲御所 紫式部のお墓も  

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amg_4555a
写真は全て拡大します。

この可愛い枝垂れ桜が見たくって・・・やっぱり行ってしまいました。水火天満宮へ。
そして今日は・・・薄雲御所と紫式部のお墓の桜を紹介します。

水火天満宮(すいかてんまんぐう)
菅原道真公を祀る神社で、都の水害、火災を鎮めるため、延長元年醍醐天皇の勅願によって建てられました。 場所はここです

Amg_4589a

菅原道真は延喜3年(903)、太宰府の地にて、59歳の生涯を閉じました。
その後、都では、天災が相次ぎ、人々は道真の怨霊のせいだと信じ混み、時の醍醐天皇は延暦寺の法性坊、尊意僧正に、祈祷を依頼しました。

Amg_4557a

勅命を受けた尊意は、早速に山を下り、宮中に急ぎました。途中賀茂川(こっちは鴨川になってない)まで来ると、突如として水位が増し、町へと流れ込みました。
尊意が騒がず数珠をひともみして川に向かって祈りを捧げると不思議なことに水位は下がり、真っ二つに分かれ、水流の間に、ひとつの石が現れ、その上に道真の霊が現れ、やがて雲のの中に消えて行きました。その石を供養し、「登天石」と名付けました。

Amg_4582a

去年の記事はもっと境内の写真を入れています、説明も多いので見てくださいね。
・・・◆こちらをご覧ください

Amg_4578a

Amg_4581a

もう一本の方の紅枝垂れはやっと咲きだしたばかりです。

Amg_4566a

Amg_4567a

----------------紫式部の墓--小野篁の墓--------------

北大路通りの堀川を下がった所の西側に紫式部の墓といわれる塚と小野篁(おののたかむら)の墓といわれる塚があります。(水火天満宮に行く前に寄りました)

入口に桜があるのですが・・・まだちらほら咲きの頃でした。(撮影:4月7日)

Amg_4544a

咲いているのを見つけて・・・   

Amg_4543a

紫式部と小野篁の墓は以前記事にしています。説明も多いですこちらです

Amg_4538a

Amg_4537a

-------------つづいて---薄雲御所------------------

前は通っていても気が付かないものですね。
水火天満宮から「本法寺」に寄って、また堀川通りを少し下がった所に・・・小さな庭園を見つけました。中に入ってみると・・・

Amg_4732a

中は駐車場になってますが・・・左から「日本三躰随一 毘沙門天王」「お稲荷さん」

そして「薄雲御所 慈愛院門跡」・・・拝観謝絶です。

Amg_4743a

薄雲御所は・・・竹之内御所・烏丸御所とも云われ、四代将軍足利義持の正室、日野栄子が夫の遺言により皇室の菩提を弔うために創建したといわれる。

Amg_4742a

慈愛院門跡・薄雲御所の旧地は現在の府立鴨沂高校の位置(御所の東、蘆山寺の南)で、王朝貴族の栄華を誇った藤原道長が建立した法成寺の跡地で、この寺は極楽浄土を再現したといわれる。駒札を撮って来ました。(拡大して読んでくださいね)

鴨沂高校(おおきこうこう)の門の立派さ・・・そうだったのですね。

Amg_4740a Amg_4745a

薄雲御所の名前の由来は・・・光源氏が藤壺中宮の 崩御の哀悼を詠んで・・・

  入日さす 峰にたなびく 薄雲は もの思ふ 袖にいろ山かへる 

Amg_4744a

何気なく通り過ぎているところに思わぬ歴史があるものですね。

ランキングの応援を励みに毎日更新しています。今日も宜しく。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

お知らせです。
以前より、写真だけのサイトを作りたいと思っていました。
ココログではどうも写真が綺麗に出ないということで、別の所で大きな写真で1日3~4枚を目安に記事を昨日より始めました。 今は形が出来るまで、以前の写真ですが、これからは独自の写真ブログとします。・・・宜しかったら1度覗きに来て下さい。
→・・・「京都 風景画を描くように・・・」宜しく。

Amg_4557a_2

|

« 昨日の御所 新緑の近衛邸跡  | トップページ | 賀茂川の春 元気色の河原  »

■散策3 西陣 市中」カテゴリの記事

★ 2011 桜 4」カテゴリの記事

コメント

本当に、きれいですね(^_-) 華やかです。時間差で、もうひとつの枝垂桜が咲くのも、おもしろいものです。桜の向こうのオレンジ色の物は、ミカンかな?思わぬ所に、歴史があるものですね。薄雲御所、はかない感じがしました。

投稿: ごま | 2011年4月27日 (水) 10:15

TOPの桜
枝垂れたおして桜怪獣みたい
いやぁー、生命感と躍動感がすごいよね
こんな怪獣がいたら合いたいもんですね♪

投稿: munixyu | 2011年4月27日 (水) 13:18

水火天満宮、桜が綺麗ですね。
行ったことないところです。

投稿: 金魚 | 2011年4月27日 (水) 14:23

こんばんは、りせさん。
水火天満宮、すてきな名前です。
枝垂れ桜、可憐ですね。
桜の支えの棒がなかったらもっと良かったのにと思います。
「京都 風景画を描くように・・・」、拝見させて頂きました。
りせさん、がんばられていますね。また見せてもらいにいきますね。

投稿: さらそーじゅ | 2011年4月27日 (水) 18:50

★ごまさん こんばんは♪
夏ミカンでしょうか?
薄雲・・・って、はかない感じがしますね。
薄雲御所って・・・知らない京都がいっぱいです。

投稿: りせ | 2011年4月27日 (水) 21:33

★munixyuさん こんばんは♪
大きく手を広げて・・・桜おばけ~って言ってる??
見えますね。( ´艸`)プププ
munixyuさんと発想が同じみたい。

投稿: りせ | 2011年4月27日 (水) 21:37

★金魚さん こんばんは♪
桜が咲いてなかったら目立ちませんね。
通りかかったら覗いて下さいね。

投稿: りせ | 2011年4月27日 (水) 21:47

★さらそーじゅさん こんばんは♪
樹齢何年でしょうね。大きくて花も多くて素晴らしい桜です。

ホント、た~くさん写真を撮って来るのですよ。
記事に関係無い風景は全部ボツになってて・・・
先日行った御所ででも花のある風景をたくさん撮ったのですが「京都を歩くアルバム」では載せることは無さそうなので・・・
勿体ないから「写真ブログ」を別に作りました。サイズが大きいから載せ甲斐があります。
「京都 風景画を描くように・・・」もどうぞ宜しく。

投稿: りせ | 2011年4月27日 (水) 21:58

紫…紫葵思慕連綿
源…源創作誰不知
篁…篁伸身天空仰
薄…薄明桜葉散乱
雲…雲雨空上在天

紫の思いは葵
連なる気持ち途切れなく
源氏の君(…の創作の源)は
誰も知り得ない
篁は伸び伸びと
天空に仰ぎ
薄明かりに桜の
花の散りぬるを
空に浮かぶ雨雲の
上には天が有るのを(君知るや…?)

四季の移ろいの儚さと美しさは…
まるで、裏表ですよね?

りせさん!(◎´∀`)ノ

投稿: もうアルツ | 2011年4月27日 (水) 22:31

★もうアルツさん こんにちは♪
大変遅くなりまして申し訳ございません。m(_ _)m
新しいブログがややこしくて・・・後からハッと気が付くことがあって・・・やりだしたら止まらなくて・・・m(_ _)m

このあたり、広くて新しい堀川通り・・・昔はどんなんだったんでしょうね。
薄雲御所、紫式部、小野篁・・・歴史の人が・・・

桜が過ぎていくと、待ってたように次々と花が咲き出しますね。
桜をあんなにも名残惜しんで淋しく思ったのに・・・季節は否応なしに進みますね。

投稿: りせ | 2011年4月28日 (木) 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日の御所 新緑の近衛邸跡  | トップページ | 賀茂川の春 元気色の河原  »