« 貴船神社 奥宮 結社 御神木 | トップページ | 貴船神社 重森三玲の天津磐境  »

2010年9月 3日 (金)

伏見 寺田屋 龍馬の宿

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Dsc41264b
※写真は全て拡大します。

文久2年(1862)に発生した薩摩藩尊皇派等の鎮撫事件の寺田屋騒動。
及び慶応2年(1866)に発生した伏見奉行による坂本龍馬襲撃事件は、ここ伏見の旅館・寺田屋で発生しました。

NHK龍馬伝に因み、寺田屋を過去記事にリンクする京都めぐりとしてお届けします。

寺田屋の建物には、事件当時の「弾痕」「刀傷」や「お龍が入っていた風呂」がありますが、現在の建物は明治38年(1905)に登記されており、湯殿がある部分は明治41年(1908。お龍はその2年前に病没)に増築登記がなされています。
2008年京都市は当時の記録等を調査し、幕末当時の建物は鳥羽・伏見の戦いの兵火で焼失しており、現在ある建物は後の時代に当時の敷地の西隣に建てられたものであると公式に結論しました。

Dsj_4353a

今も旅館として営業されている「寺田屋」。内部の見学をしました。

下線をクリックして記事を見て下さいね。

伏見・寺田屋の中はこちらです。

寺田屋の前の濠川、寺田屋浜の風景はこちらです。

Dsc41321b

私ごとですが・・・12日まで旅行に出ます。ヽ(´▽`)/
旅の手配の他にもいろいろな事が重なって・・・多忙な1ヶ月ほどでした。

毎日とはいきませんが、タイマー設定投稿で幾つか記事は作っています。

コメント欄は開けておきますので感想など楽しいコメントをお待ちします。
ただ・・・帰りました後、1つ1つお返事ができるかどうか・・・m(_ _)m

まだまだ暑い日が続きそうですが、皆様お元気に過ごされて下さいね。

ブログランキングの応援ありがとうございます。今日も宜しく。
              両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも → にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
-------------------------------------------------------------------

Dsc41275b

|

« 貴船神社 奥宮 結社 御神木 | トップページ | 貴船神社 重森三玲の天津磐境  »

京都めぐり 3」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、りせさん。
私は、福山雅治が好きなので龍馬伝を見ています。
伏見いいですね。
お酒が飲めないのでちょっと残念ですが。
十石舟にも乗りたいし、散策もしたいです。
楽しいご旅行を・・・

投稿: さらそーじゅ | 2010年9月 3日 (金) 09:58

旅に出かけるのですか?
気をつけていってきてね。
でも、いいな~。
ときには違う空の下を歩き、
時をみつめなおしたいな~。(*v.v)。

投稿: Tacchan | 2010年9月 3日 (金) 10:06

いまも営業しているってのがいいよね
美味しいお料理がでてきそうですなぁ

投稿: munixyu | 2010年9月 3日 (金) 12:09

良い感じですね。
伏見、いつか行って見たいです。
りせさんは、遅い夏休みでしょうか。
楽しい旅を。

投稿: 金魚 | 2010年9月 3日 (金) 14:33

うらやましい…。

まとまった休みがなかなかとれないもので、旅といっても日帰りできる範囲でしか動けません。
それでもまぁ、行き先には事欠かないのが、京都在住のいいところですが。

ああ、でもたまには遠くへ行きたいなぁ。

旅のご報告を楽しみにしております。

投稿: わびすけ | 2010年9月 3日 (金) 15:05

こんばんは。
メイン・ブログに初コメさせていただきます。
寺田屋は旅館として営業しているんですね。(^O^)/
びっくり。でも、正式に建物の由来を発表するあたり市も気を遣っていますね。
この夏は働きづめです。まあ、でも気が張っていいかも。旅行お気をつけて!

投稿: パンドラ・ヴィス | 2010年9月 3日 (金) 22:52

★さらそーじゅさん、★Taccha~n、★munixyuさん、★金魚さん、★わびすけさん、★パンドラ・ヴィスさん・・・皆様コメント有り難うございます。(o^-^o) 

帰って来て龍馬伝を先週のと今週のを続けて見ました。寺田屋での龍馬襲撃、凄かったですね。
今のは当時の建物ではありませんが、また行ってみたくなりました。

京都に住んでると、気持ちの持ち方で「観光客気分になれる」ことが幸せですが・・・早く帰ってご飯の支度・・・これが観光客とは違うところ(ノ_≦。)
久しぶりに観光客して来ました。

投稿: りせ | 2010年9月13日 (月) 01:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 貴船神社 奥宮 結社 御神木 | トップページ | 貴船神社 重森三玲の天津磐境  »