« 古知谷 夕立の阿弥陀寺 | トップページ | 大原 音無しの滝 来迎院 »

2010年8月 4日 (水)

若狭街道 2 興聖寺 旧秀隣寺庭園

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Jmg_7153a
※写真は全て拡大します。

若狭の三方五湖に行く途中で立ち寄った興聖寺 旧秀隣寺庭園です。
滋賀県 高島市にあります。

少し山に登った所にあって、見下ろす景色も素敵なところでした。

Dsm_1767a

説明は高島市のHPより。

Dsm_1845a

興聖寺は、僧道元が近江守護佐々木信綱に建立を勧めたのが始まりといわれる寺院です。元は安曇川の対岸の上柏村指月谷にありましたが、江戸時代に大火に遭い、朽木氏ゆかりの秀隣寺のあった現在地に移ってきました。

Jmg_7139a

秀隣寺は、朽木宣綱が、慶長11年(1606)に正室の菩提を弔うために、かつての岩神館のあった地に建立した寺院です。 
興聖寺は、文政11年に本堂が焼失しましたが、安政4年(1857)3月に朽木大綱公の寄進で25世仙英和尚の代に再建されました。朽木家代々の菩提所です。

Jmg_7144a

大本山 永平寺 御直末 興聖寺 

Dsm_1790a

本堂内には国の指定文化財の本尊釈迦如来像坐像が奉られています。

Dsm_1801a

敷地内には、国の指定文化財の旧秀隣寺庭園が所在します。

Dsm_1782a

池に流れ込むせせらぎの雰囲気が何とも美しいです。

Dsm_1784a

Dsm_1838a

旧秀隣寺庭園
享禄元年(1528)の秋、12代将軍足利義晴が、京都の兵乱を避け、朽木稙綱を頼ってこの地に身を寄せます。この時、稙綱が将軍のために造営したのが岩神館で、館内に造られたのが、現在残る庭園です。将軍義晴は、享禄4年(1531年)まで3年間滞在しました。

Jmg_7181a

秀隣寺は、朽木宣綱が、慶長11年(1606)に正室の菩提を弔うために、かつての岩神館のあった地に建立した寺院であることから、この庭園は、正しくは「岩神館庭園」と呼ぶべきかもしれません。

Dsm_1831a
 
庭園は、安曇川が形成した段丘の縁にあり、安曇川の清流、そしてその背後に横たわる蛇谷ヶ峰を借景としています。

Jmg_7152a

池泉鑑賞式の庭園で、左手の築山に組まれた「鼓の滝」から流れ出た水は池に注ぎます。曲水で造り上げた池泉には石組みの亀島、鶴島を浮かべ、中央付近には見事な自然石の石橋を架けます。随所に豪快な石組を配する、全国屈指の武家の庭です。

Dsm_1813a

岩神館の庭園を作庭したのは、当時の政治的な有力者であり、かつ風流人としても名高い管領細川高国と伝えられています。

Dsm_1805a

素適なお庭でした。東屋もあって憩いの場所です。

Dsm_1791a

良い景色が見えます。

Jmg_7175a

丸窓から見ると、お地蔵さまもより一層優しく見えます。

Jmg_7177a

 興聖寺 旧秀隣寺庭園      場所はここです。  高島市のHP  
      住所 : 滋賀県高島市朽木岩瀬374番地
      TEL : 0740-38-2103

田植えが終わったばかりの朽木の景色が綺麗でした。    

Dsm_1821a

ドライブ中にお寺の標識を見つけて・・・こんな場所にお寺があるの? と言う感じでした。その上に素晴らしい庭園を鑑賞できたことが何とも不思議でした。
椿が終わったところ。周りはシャガの花で囲まれた山の中の静かなお寺でした。

 ◆ ブログいつも応援ありがとうございます。今日も宜しく。
             両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

Dsm_1811a

|

« 古知谷 夕立の阿弥陀寺 | トップページ | 大原 音無しの滝 来迎院 »

滋賀県 琵琶湖 福井県など近県」カテゴリの記事

コメント

いつも秘かに拝見しています。このお寺と庭園は司馬遼太郎の「街道を行く」に詳しく紹介されており私も数年前訪れました。「街道を行く」をたよりに旅することを楽しんでいます。

投稿: かくれフアン | 2010年8月 4日 (水) 08:32

★かくれファンさん 初めまして♪
有り難うございます。りせと申しますm(_ _)m。
密かに見て下さってますか・・・嬉しいです。
かくれファンさんも行かれましたか・・・良いところですね。
私はぐるっと一周しただけでしたが、木立に囲まれた場所に立派な庭園があって、静かで心が洗われるような爽やかさを感じました。
司馬遼太郎さんの「街道を行く」・・・そうですか、私も読んでみたくなりました。
これからもどうぞ見てやって下さいませ。今日は嬉しいコメントを有難うございます。o(_ _)o

投稿: りせ | 2010年8月 4日 (水) 12:19

なんだろう
田舎っぽい感じっていうか
山の感じが
ええですなぁ

投稿: munixyu | 2010年8月 4日 (水) 13:30

今度、京都に行った折には、鯖街道から小浜に出て仏像目当てのお寺さん巡りをしたいと思ってましたので、若狭街道の巻、楽しく拝見してます。
途中、こんなお寺さんもあるのですか。
大自然を借景にした、なんとも伸びやかな庭園、いいですねえ。
こちらにも参詣したくなりました。
貴重な情報ありがとうございます。
コメントは久しぶりですが、しっかり拝見してますヨ。なにしろ、僕の癒しのひと時ですから。

投稿: genchan | 2010年8月 4日 (水) 13:34

こんにちは、りせさん。
勇壮な所もある広い庭園ですね。
せせらぎが感じいいです。
シャガの群生がきれいですね。

投稿: さらそーじゅ | 2010年8月 4日 (水) 16:10

★munixyuさん こんばんは♪
田舎の風景の中にこんなお寺があって・・・
良いもんだなあ・・・って、思いました。
山も田んぼも良い風景ですね。

投稿: りせ | 2010年8月 4日 (水) 23:07

★genchanさん こんばんは♪
お久しぶりです(*^-^) 見て下さってましたか。(o^-^o)
若狭街道は5月の中旬に行ったのですが、夏用にとってました。
鯖街道から小浜の仏像めぐり・・・私もそういう巡り方をしなくては・・・漠然とし過ぎていて、行き当たりばったりです。
本堂の中には入っていませんが、HPで見ると立派な仏様がおれらます。
ネットは淋しいなあと感じることもありますが、
>僕の癒しのひと時ですから。
とっても嬉しく思います。・・・ブログ作りが楽しくなります。
夏本番、ご自愛くださいね。

投稿: りせ | 2010年8月 4日 (水) 23:35

★さらそーじゅさん こんばんは♪
このお庭が京都のお寺にあったら、全然雰囲気が違うでしょうね。
勿体ないともいえるけど、自然の中で生きている庭って逞しさもありました。
シャガが周りにいっぱい・・・綺麗でしたよ。

投稿: りせ | 2010年8月 4日 (水) 23:43

気持ちの良い庭園があるのですね。

投稿: 金魚 | 2010年8月 5日 (木) 14:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古知谷 夕立の阿弥陀寺 | トップページ | 大原 音無しの滝 来迎院 »