« 新緑の加茂街道 葵祭 | トップページ | 葵祭 走馬の儀 祭りの後 上賀茂神社 »

2010年5月18日 (火)

葵祭 社頭の儀 上賀茂神社

新しく来て下さった方は目次もご覧くださいね。

Dsm_2392a
※写真は全て拡大します。

今日は「2010年 葵祭 社頭の儀 上賀茂神社にて」をお届けします。

「社頭の儀」(しゃとうのぎ)
葵祭行列が下鴨神社、上賀茂神社両社に到着した際、それぞれの神社の社頭で行われる儀式。勅使が御祭文を奏上し御幣物を奉納。また神馬の引き回し、「東游(あずまあそび)」の舞が奉納されます。

斎王代をはじめ多くの方が席に着かれて、正に「社頭の儀」が始まるところでした。

Dsm_2189a

舞人(まいうど)
近衛府の五位の武官で、歌舞の堪能者がこの日の舞人を勤める。

Dsm_2212a_2

陪従(ばいじゅう)
近衛府の五位の武官で、歌をうたい楽器を奏する役を勤める。

Dsm_2220a

内蔵使(くらづかい)

Dsm_2227a

随身(ずいしん) 警護にあたる人。

Dsm_2240a

それぞれが席に着かれて・・・

Dsm_2260a

斎王代が遠くて・・・柱に焦点があたって、綺麗に撮れません。

Dsm_2258a

標準ズームレンズなので、これがやっとです。

Dsm_2254a

巻纓にぶどう色の陪従の装束

Dsm_2265a

唐獅子の絵柄が素敵です。

Dsm_2262a

来賓の方々の本殿への拝礼が終わると・・・斎王代が帰られるようです。

Dsm_2276a

この間も儀式が行われていますが、遠くてよく分かりません。

Dsm_2286a

二頭の馬が牽いて来られました。

Dsm_2294a

牽馬の儀  舞殿を3周します。

Dsm_2297a

その間に斎王代は退席されました。

Dsm_2302a

牽馬の儀が終わりました。屋根の上の大きな木は「なんじゃもんじゃの木」です。雪が被ったように白い花が咲いています。

Dsm_2334a

舞人  冠に葵柱をかざし、腰に石帯、太刀・・・鮮やかな緋色の装束です。

Dsm_2328a

舞殿で、「東游(あずまあそび)」の舞が奉納されます。

Dsm_2416a

Dsm_2344a

Dsm_2355a

次は片方の肩おろしをして・・・TOPの写真も。

Dsm_2391a

もう一度・・・舞が奉納されます。

Dsm_2407a

いかがでしたか・・・上賀茂神社にて葵祭 社頭の儀。

3時半ごろに上賀茂神社に着いたものの、行列の見れる辺りは全てが有料席。無料の芝生からは行列なんて見れません・・・去年もこんなだったかしら? 
一の鳥居のところで、下馬されて行列は進みます。そこで役目の終わった馬たちを撮りに行きました。(馬や牛などは次回)

次々帰ってくる馬たちを撮っていた時に「社頭の儀」の拝観をどうぞって・・・ヽ(´▽`)/
若いお母様、有り難うございました。心よりお礼申し上げます。m(_ _)m

「走馬の儀」と祭りの後の風景(馬も)は次回お届けします。

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

ちなみに・・・これが「なんじゃもんじゃの花」です。

Dsi_1731b

|

« 新緑の加茂街道 葵祭 | トップページ | 葵祭 走馬の儀 祭りの後 上賀茂神社 »

● 3 上賀茂神社 社家 深泥池」カテゴリの記事

葵祭 2」カテゴリの記事

コメント

おごそかな儀式もいいけど、装束の色彩がすばらしいね。ため息が出るね。行列のみしか知らなかったわ。

投稿: Tacchan | 2010年5月18日 (火) 10:11

これは…。

ちょっとしたタイムスリップですねぇ。看板が艶消しですが。
いい物を見せていただきました。

なんじゃもんじゃの木って、昔松山城に行った時に見たことがあります。こんな花が咲くんですね。

投稿: わびすけ | 2010年5月18日 (火) 10:25

すごい儀式ですよね

なんじゃもんじゃの木
そんなのあるんだー
面白いですなぁ

投稿: munixyu | 2010年5月18日 (火) 11:51

こんにちは、りせさん。
社頭の儀、ありがとうございます。
美しい平安絵巻の世界でした。

投稿: さらそーじゅ | 2010年5月18日 (火) 13:10

衣装の色合いが綺麗ですね。
なんじゃもんじゃの木、
地元の公園にもあり、
変わった名前だなぁと思いました。

投稿: 金魚 | 2010年5月18日 (火) 13:58

★Taccha~n こんにちは♪
装束・・・どなたのもピンピンでサラッピンみたいに綺麗でした。
色の取り合わせも美しいね。ヽ(´▽`)/

投稿: りせ | 2010年5月18日 (火) 16:03

★わびすけさん こんにちは♪
行列の後にこんなことが、行われていたとは・・・
目のお正月をさせていただきました。(o^-^o)
なんじゃもんじゃ・・・こりゃ一体なんじゃ?・・・ですね。

投稿: りせ | 2010年5月18日 (火) 16:06

★munixyuさん こんにちは♪
お金かかってますね。凄いお祭りです。
テレビでどこかの「なんじゃもんじゃ」がライトアップされていたのをやってました。
正式には「ヒトツバタゴ」というモクセイ科の木らしいです。

投稿: りせ | 2010年5月18日 (火) 16:11

★さらそーじゅさん こんにちは♪
ホント、平安絵巻の世界ですね。
私も素晴らしいものを見せていただきました。

投稿: りせ | 2010年5月18日 (火) 16:13

★金魚さん こんにちは♪
なんじゃもんじゃの木は大木になるようですね。
公園にも植わっていますか。
正式には「ヒトツバタゴ」というモクセイ科の木らしいです。
見たら雪かとビックリして・・・「なんじゃ!」っていうのかも。

投稿: りせ | 2010年5月18日 (火) 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新緑の加茂街道 葵祭 | トップページ | 葵祭 走馬の儀 祭りの後 上賀茂神社 »