« 2009年・秋 桂離宮 7 書院 | トップページ | 葵祭 社頭の儀 上賀茂神社 »

2010年5月17日 (月)

新緑の加茂街道 葵祭

新しく来て下さった方は目次もご覧くださいね。

Jmg_7610a
※写真は全て拡大します。

実は今年の葵祭の行列(路頭の儀)は私、加茂街道では見てないんですよ。m(_ _)m
私に代って夫が撮って来てくれました。私は何度も加茂街道で行列を見てますから、行かなくても分かるというか( ´艸`)プププ

新緑の頃は加茂街道でこの行列を見るのが良いと思います。ここでばかり見てるから・・・飽きてることもあるし、人混みも。(夫に感謝ですm(_ _)m)
私は葵祭の最終地点上賀茂神社で行列の到着をのんびり待つことにしました。

Jmg_7582a

「葵祭」は上賀茂神社、下鴨神社の例祭で正式には「賀茂祭」といいます。

Jmg_7592a

平安貴族の衣装をまとった500人もの行列が、10時30分に京都御所・建礼門前を出発。堺町御門から市中に出て、下鴨神社でお昼の休憩をとってから上賀茂神社までの8キロを進みました。

Jmg_7596a

この行列を「路頭の儀」といい、葵祭の最大のイベントです。

Jmg_7651a

葵祭の行列の人物は写真と共に1つ1つ詳しく載せています是非ご覧下さい。

Jmg_7660a

葵祭は新緑が似合いますね。

Jmg_7664a

上賀茂神社で予期しない幸運で、私は「社頭の儀」を見せていただくことが出来ました。

Jmg_7671a

下鴨神社のパンフの写真で「社頭の儀」が行われることは見ていましたが・・・

Jmg_7693a

二の鳥居の中であのような素晴らしいことが・・・明日お届けします。

Jmg_7696a

河原の風景も。

Jmg_7579a

Jmg_7889a

人が乗っていませんが・・・

Jmg_7711b

どうしたのでしょうね。

Jmg_7718a

Jmg_7724a

女人列がやって来ました。

Jmg_7760a

後ろに斎王代の乗った、輿が見えます。

Jmg_7769a

斎王代(さいおうだい)
斎王は、平安時代には内親王が選ばれて祭に奉仕したものであるが、現在は未婚の市民女性から選ばれるので、斎王代と称される。

Jmg_7773a

御禊(みそぎ)を済ませた斎王代は、五衣裳唐衣(いつつぎぬものからぎぬ)、俗に十二単の大礼服装で、供奉者にかつがれた腰輿(およよ)という輿に乗って参向する。 

Jmg_7774a

御所車は2基あります。桜の花の御所車が来て・・・路頭の儀の行列は終わります。

  Jmg_7820a

行列は御園橋を渡って上賀茂神社に向かいます。

Jmg_7871a

どこのお寺に行こうか、迷うことがよくあります。主たる目的もなく行くこともよくあります。
そんな時に限って、あたかも必然的に、或いは呼ばれて来たのではないかと思うほどに、素晴らしいものを見ます。
明日は幸運にも見ることができた、上賀茂神社での「社頭の儀」を紹介します。

加茂街道、賀茂街道・・・「街道」は私は「加茂」が慣れていますが。

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

Jmg_7873a

|

« 2009年・秋 桂離宮 7 書院 | トップページ | 葵祭 社頭の儀 上賀茂神社 »

葵祭 2」カテゴリの記事

コメント

暑かったでしょ。

15日は一日二条城につめてました。なんだかんだで葵祭もなかなか行く機会がありません。

ところで、祭の起源について。
都が藤原京にあった文武天皇二年(妙心寺の鐘の鋳られた年です)、「山背国賀茂社の祭に衆が会して騎射を行うことを禁ず」とする法令が出されています。してみると、このころすでに葵祭の原型のようなものが存在していたということなんでしょう。
この禁令はその後も何度か繰り返し出されているのですが、どうも効果が無かったようで、平城京時代の天平10年に至って「祭はやってもいいから、ケンカするな」という内容のものに変わっています(笑)
どうも、古代にはなかなか物騒なお祭であったようですね。

投稿: わびすけ | 2010年5月17日 (月) 06:17

葵祭
もう、そんな時期なんですなぁ
はやいもんですよね

投稿: munixyu | 2010年5月17日 (月) 11:44

乞うご期待やね。

投稿: Tacchan | 2010年5月17日 (月) 11:51

初めて京都の祭を見たのが35年前の葵祭でした。
どこの場所で観たのか、もう記憶はまったくありません。
加茂街道って賀茂川の右岸の道ですか?

投稿: iwana-creek | 2010年5月17日 (月) 14:28

こんばんは、りせさん。
臨場感あふれる葵祭のお写真、ありがとうございます。
御主人様が撮ってくださったとか、おやさしいんですね。
ところで、腰興(およよ)って、笑ってしまいそうな名前ですね。
今日は、瑠璃光院に行ってきました。
瑠璃の庭を拝見しながら、お抹茶とお菓子を頂いてきました。
椅子とテーブルは部屋の隅に片付けられていて、ざぶとんになっていました。
読経とせせらぎの音とカジカガエルの鳴き声を聞きながら、
至福のひとときでした。
ぜひ、今度行かれた時は、お抹茶とお菓子を頂いてくださいね。

投稿: さらそーじゅ | 2010年5月17日 (月) 21:12

★わびすけさん こんばんは♪
葵祭が土曜日とは・・・京都の週末は大変だったでしょうね。
葵祭は最近でこそ見ますが、それまではほとんど見てません。
競馬に流鏑馬・・・上賀茂も下鴨も盛んですね。葵祭は馬のお祭りだともいえそうですね。
神馬が像になったところが多い中、上賀茂神社は日曜日には神馬が出張して来ますし。
そうですか、葵祭はそんなに古くから・・・競争に的当て・・・喧嘩も起こりそうです。わびすけさん有り難う。

投稿: りせ | 2010年5月17日 (月) 21:59

★munixyuさん こんばんは♪
つい先日まで、寒いって言ってましたのに。
新緑の季節ですね。

投稿: りせ | 2010年5月17日 (月) 23:29

★munixy~u こんばんは♪
そう・・・乞うご期待やよ。

投稿: りせ | 2010年5月17日 (月) 23:30

★iwana-creekさん こんばんは♪
ハイ、賀茂川の流れる方を見て右手ですから右岸です。
対岸の左岸から、木々の間を行く行列を見るのも良いものですが、もう人で一杯で行列が見えません。

投稿: りせ | 2010年5月17日 (月) 23:34

★さらそーじゅさん こんばんは♪
いえいえ・・・優しいとはいえませんね。急きたてられています。休ませてくれません。
およよ・・・桂三○さんみたいですね。
瑠璃光院に行かれましたか・・・椅子が片付けられてましたか。
以前行った時、ちょうど御本尊の前でお経を唱えられるところで・・・どうぞご一緒になどと言われて後ろの椅子に座りました。
そろそろモリアオガエルが卵を産むらしいですが・・・
栗大好きなのですが・・・秋のお菓子はまた違うでしょうね。是非いただきたいものです。

投稿: りせ | 2010年5月17日 (月) 23:43

再コメントです。
Googleで葵祭のルートを検索したら、「葵祭 行列巡行ルート」というのがありました。(ネットって本当に便利ですネ)
多分鞍馬口通りから下鴨本通に出て観たんだと思います。また観る機会があればいいんですが2度目を観るのは初回から半世紀後くらいでしょうか・・・。
そのルートを地図で見ると、巡行する加茂街道もわかりました。気づいたのが葵祭なのに葵橋は通らないんですね!葵祭が巡行して渡る橋だから葵橋という名前が付いているんだとずっと思っていました。

投稿: iwana-creek | 2010年5月18日 (火) 01:01

新緑の中の、素敵なお祭りですね。

投稿: 金魚 | 2010年5月18日 (火) 14:24

★iwana-creekさん こんにちは♪
葵祭・昔は全然行きませんでした・・・御所から下鴨神社までのルートは知りません。葵橋は通りませんか?。葵橋・・・葵学区と関係有りでしょうか?
町中はどうも祭に不似合いなので特に見に行きませんが、バスツアーの方がどこにでも並んでらっしゃるようです。

投稿: りせ | 2010年5月18日 (火) 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009年・秋 桂離宮 7 書院 | トップページ | 葵祭 社頭の儀 上賀茂神社 »