« 奥嵯峨 雪の祇王寺 寒牡丹 | トップページ | JR桃山駅・満開の寒桜と・・松本酒造 »

2010年2月26日 (金)

嵯峨野 御髪神社

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Dscn3862a

トロッコ嵐山の駅から常寂光寺に通じる道の小倉池の畔にあるのが・・「御髪神社」(みかみじんじゃ)。その名の通り、髪の毛にご利益のある神社です。

大河内山荘を出た辺りから見下ろす「トロッコ嵐山の駅」です。

Dsl_2038a

つい真っ直ぐ行ってしまいますが、小倉山の裾野にひっそりあるのが御髪神社。日本に唯一の「髪」の神社です。

Dscn3861a

亀山天皇(1259~1274年)の頃に、京都の警護役人で藤原晴基という武士が天皇の宝物係をしている時、九王丸という宝刀を紛失し、職を解かれた。
長男は反物商人、次男は染物師となって、京都で宝刀を探すことになった。晴基は三男を伴って諸国を歩き下関において十数年の間、宝刀を探したという。

基晴卿の三男、藤原采女売政之(うねめのすけまさゆき)公は、その間、生活の糧を得るため、その地に於いて庄屋の婦女の髪を結って父を助けました。これが『髪結い職』のわが国の起源となります。

Dscn3858a 

御髪神社は政之と最も由縁の深い亀山天皇御陵に程ちかい小倉山麓に建立され、「髪」すなわち「神」に通ずるものとして、藤原采女亮政之公を主神として祀っています。

Dscn3833a

Dscn3834a

駒札の下に書かれている説明板の文字を載せます。

御髪神社は日本に唯一の髪の神社です。
皆様 もっと美しくなりませんか、もっと豊かになりませんか。
皆様 古から女性の命と言われてきました。男性も同じで髪の形を変えるだけでイメージが大きく変わることを想像すれば納得されるでしょう。
髪は皆様の頭を守ってくれているヘルメットの代わりです。

Dscn3851a

お客様の大切な髪により生活の糧としている業種の方々は皆様に対する日々の感謝の心をこめて、又健康、長寿を祈願致しましょう。
神社は 理容、美容、洗髪剤、育毛剤、毛染、カツラ等髪に関係する業を始祖を祭神とす神社です。   神官

Dscn3837a

御髪神社は全国の理容美容業者から厚い信仰をうけています。

Dscn3837b

社務所には神官さんがちゃんと来て居られます。

Dscn3848a

もしかしたら・・・

Dscn3845a

この猫ちゃんも神官さんと一緒に車に乗って来てるのかも・・・(o^-^o)。

Dscn3844a

献髪を納祭した「髪塚」があるそうですが、気が付きませんでした。

Dscn3841a

長い黒髪・・・櫛形の絵馬です。

Dscn3847a

奉納絵馬には・・・「ハゲませんように!!!」「このままキープ宜しく」とか、切実でした。

Dscn3846a

「洛西嵯峨野はいまなお風欲化をまぬがれた京のふるさとであり、静寂と侘をたずねて史実の跡をおとずれるときには御髪神社へご参詣されて報恩感謝と御加護を祈願いたしましょう。」 ・・・・とHPにも書かれています。

Dscn3836a

ベンチも並んでいるし、嵯峨野散策の時の休憩場所に良さそうですよ。

Dscn3867a

小倉池・・・素敵な風景だし・・・ゆっくりしたいところ。

Dscn3856a

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dscn3870a

|

« 奥嵯峨 雪の祇王寺 寒牡丹 | トップページ | JR桃山駅・満開の寒桜と・・松本酒造 »

■散策3 嵯峨野 鳥居本」カテゴリの記事

コメント

なるほど櫛形の絵馬ですか。いろんな思いがあるんやね。その気持ちよ~くわかる。(u_u。)

投稿: Tacchan | 2010年2月26日 (金) 11:01

ご紹介いただき、御髪神社は一度訪れたいなあ、と思いました。幸い、髪に「課題」はないのではありますが。小倉池を含む光景がよさそうで。猫にも会えれば嬉しいと……。猫といえば、大沢の池にもいますよね。主らしき猫が。

投稿: Zu-Simolin | 2010年2月26日 (金) 17:54

★Taccha~n こんにちは♪
櫛の歯がちゃんと描いてあって、十二単の御姫様も素敵。
高いけど・・・お土産になるね。

投稿: りせ | 2010年2月26日 (金) 18:04

★Zu-Simolinさん こんにちは♪
うちも息子が父と両祖父を見て・・・「僕とこは安心や!と言っています。若いのに気になるようですね。
この猫ちゃん・・・太ってたし、きっと神官さんの猫だと思いますが・・・??・・・です。
やはりここは紅葉の季節が良いようですね。
大沢の池の猫ちゃんはたくさんいますね。会いに行くのが楽しみです。

投稿: りせ | 2010年2月26日 (金) 18:13

猫ちゃん、可愛いです。
御髪神社、猫ちゃんに会いに行きたいです。

投稿: 金魚 | 2010年3月 4日 (木) 17:11

★金魚さん こんばんは♪
多分ですよ・・・あの猫ちゃんは神官さんの猫ちゃんだと思うのは。

投稿: りせ | 2010年3月 4日 (木) 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥嵯峨 雪の祇王寺 寒牡丹 | トップページ | JR桃山駅・満開の寒桜と・・松本酒造 »