« 清荒神(きよしこうじん) 荒神口 | トップページ | 雪の無鄰庵 庭園 »

2010年1月22日 (金)

雪景色 岡崎公園

Dsd_3966a

snow雪は降ってません。お間違えなく。m(_ _)m  ・・・今日は趣を変えました。

雪にはうんざりと仰る雪国の方には申し訳ございません。
雪が積もるのを待っているのですが、今のところ望めそうにありません。

そこで・・・雪写真にいたしました。
今日は岡崎公園のあたりの雪景色。平安神宮までです。

Dsd_3979a

昨年は「もういいです」って言うほど雪の多い年でした。

Dsd_3961a

雪を全部公開する前に春になってしまって・・・未公開の雪の写真もあります。

Dsd_3971a

それに・・・以前はもったいないほどボツにしたのも。。。

Dsd_3973b

それらの写真も集めて、これから記事にしたいと思います。

Dsd_3959a

Dsd_3960a

疎水に降る雪景色も良いものですね。

Dsd_3967a

Dsd_3968a

美術館

Dsd_3974a

どれだけ沢山撮った写真でも覚えているものですね。美術館の裏側。

Dsc15944b

動物園側の並木。

Dsc15945a

平安神宮も雪で見えません。

Dsd_3972a

平安神宮の雪景色。赤に白が目に鮮やか。

Dsc15956d

神苑のモノトーンの世界は「京都*四季のアルバム」で先日記事にしました。
花菖蒲苑はこちら。  泰平閣と池はこちら

Dsc15959a

これらは既に公開しましたが・・・これが無いと平安神宮らしくないので。

Dsc15958z

Dsc15957d

「京都*四季のアルバム」は既記事の写真で作ってますが、元の写真を見直すこともあって・・・その時に「何故これを入れて無いの!!」というのをいっぱい見つけます。

同じ日の似た写真でズルズル引っ張るのが嫌で、1日の記事は1ヶ所と決めていました。

この時期、雪写真が良いかと思いますので、雪が降るまで時々続けますね。

今日から人気ブログランキングのカテゴリーを「京都府」にいたします。クリックしていただいたら「京都府」になりますが、「上のカテゴリーへ」を見ていただくと、今まで通りの「近畿」のランキングが見れます。いろいろ考えたのですがそういたします。

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dsc15954d

|

« 清荒神(きよしこうじん) 荒神口 | トップページ | 雪の無鄰庵 庭園 »

■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北」カテゴリの記事

□4【雪の日】 洛北 洛東」カテゴリの記事

● 2 平安神宮 四季 Heian shrine」カテゴリの記事

コメント

りせさん こんにちは~shine

京都の雪景色素敵ですね。実は未だに京都の雪景色は見た事がないのでお写真で癒されていますheart04

中でも朱塗りの平安神宮に積もる真っ白な雪snowにとても惹かれます。ぜひ一度見てみたいです。happy01

投稿: 白熊二代目 | 2010年1月22日 (金) 10:50

うわぁああー
すごい雪景色
いいねぇ
でも寒そう

投稿: munixyu | 2010年1月22日 (金) 11:51

雪景色、綺麗ですね。
でも、旅行中は、寒いので
降らないほうが、ありがたいです。

投稿: 金魚 | 2010年1月22日 (金) 16:47

★白熊二代目さん こんばんは♪
雪が降らないままの年もあるから、旅行で雪に出会うのはラッキーだと思います。
雪が積もると何カ所も大急ぎで回りますから、撮りためたのが沢山あります。
お蔵入りは勿体ないので見てくださいね。

投稿: りせ | 2010年1月22日 (金) 21:12

★munixyeさん こんばんは♪
まだ雪は降りませんが、降ったら降ったで足元は悪くなるし、寒いし・・・ (。>0<。)

投稿: りせ | 2010年1月22日 (金) 21:17

★金魚さん こんばんは♪
積った次の日が嫌ですよね。
解けだした雪が凍ってツルツルだったり、グジュグジュだったりで。。。(。>0<。) 

投稿: りせ | 2010年1月22日 (金) 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清荒神(きよしこうじん) 荒神口 | トップページ | 雪の無鄰庵 庭園 »