□ 2009 紅葉 2

2009年11月25日 (水)

高桐院 参道の敷き紅葉

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Dsk_4158a

maple今年の紅葉は早かったので、早い時期から出歩いて・・・_ノフ○ グッタリ気味なので・・・今日は写真の少ないところです。

毎日頑張り過ぎでは、と・・・お思いかと・・・実は・・・吉田山散策は夫が手伝ってくれました。お気づきの方もあったと思います。随分楽でした。

今日は狭い参道の敷き紅葉が美しい大徳寺の塔頭の高桐院です。撮影は18日。
この松の緑が素敵なのですよね。

Dsk_4250a

参道の紅葉を撮影・・・人が通らなくなるのを待ってらっしゃるよう。

Dsk_4251a

いかがですか・・・ヽ(´▽`)/  紅葉には早かったかどうか? 18日だというのに早々に紅葉した葉っぱが敷き詰められていました。

Dsk_4254a

縦長写真・・・もう一枚

Dsk_4180a

落葉も綺麗でした。

Dsk_4154a

頭上の紅葉はまだこれからと言うところ。

Dsk_4160b

良い色合いの紅葉です。

Dsk_4169a

今までは、傷んでない葉っぱは珍しかったのですが・・・ヽ(´▽`)/。

Dsk_4175a

こんな綺麗な紅葉は今年初めてかも。

Dsk_4174a

高桐院のお庭を見たいところでしたが・・・3つ団体さんが、ど~~ッと入って行かれて・・・!!(゚ロ゚屮)屮  ・・・諦めました。 

Dsk_4271a

誰もいないこの写真。実は今宮神社に行って時間つぶしをしてから再び撮影しました。

Dsk_4268a

今年はこの秋早々に行った嵯峨野の紅葉にガッカリで・・・何処に行ったら良いのか迷う事が多くて・・・でもここで初めて綺麗な紅葉を見ました。
紅葉の絨毯を求めて・・・高桐院はこれから益々人が増えそうです。

今宮神社と参道の銀杏並木も記事にしますね。

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

参道から後ろを振り返って・・・ここで参道が無人になるまでカメラマンが待つのですよ。
邪魔にならないように早く歩いて出なくっちゃ。

Dsk_4278a

| | コメント (12)

2009年11月24日 (火)

秋の清凉寺 (嵯峨釈迦堂」)

Dsk_2001a

「清凉寺」こと「嵯峨釈迦堂」です。常寂光寺、二尊院、落柿舎、厭離庵の後に訪れました。撮影は11月9日。

最近、嵯峨野を回るのに貸し自転車が定着しましたね。若い方だけかと思ってましたが・・・いえいえ熟年のグループの方も利用されています。

Dsk_1856a

スイスイ・・・快適です。

Dsk_1858a

左は宝筐院、右が清凉寺です。(振り返って撮ってます)

Dsk_1917a

清凉寺の紅葉が進んでいます。

Dsk_1918a   

清凉寺の説明はこちらの記事で御覧くださいね。清凉寺は嵯峨大念仏狂言 お松明式 花魁道中など行事の多いところです。目次もご利用下さいね。

清凉寺の「凉」の字は「にすい」なのです。ご注意を。清涼寺

Dsk_2014a

太夫さんはここをゆっくりゆっくり歩かれます。

Dsk_1997a

Dsk_1926a

紅葉はかなり葉を落としていました。

Dsk_1972a

今年の清凉寺の紅葉は・・・(u_u。)クスン

Dsk_1974a

早くも色づいた葉は落葉盛んな感じでした。

Dsk_1978a

紅い葉を見つけて・・・

Dsk_1981a

一切経蔵に向かいます。 目立たないのか、意外に訪れる人が少ないです。

Dsk_1933a

中には傅(ふ)大士と笑仏を祀り、明版「一切経」をおさめた輪蔵があります。

Dsk_1935a

輪蔵を回すことで「一切経」を読んだのと同じ功徳があるとされています。回してみました(100円) 重たかったですよ。(写真は小さいですが天井まであります。)

Dsk_1940a Dsk_1964a

建物内の四隅には四天王像が立たれています。極彩色で美しいです。

Dsk_1945a Dsk_1946a

Dsk_1950a Dsk_1954a

天井も。

Dsk_1961a

「あぶり餅」といえば今宮神社が有名ですが、清凉寺の境内でも「あぶり餅」がいただけます。

Dsk_1919a

暫くの間冷え込んで、紅葉の色づきが進んだかもしれませんね。来週は少し冷え込みが和らぐとか・・・良いのか、紅葉には悪いのか。
今週は連休が終り、ひと息ついた京都になりそうです。   

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

あぶり餅・・・いただきましたよ。ヽ(´▽`)/

Dsk_1923a       

| | コメント (12)

2009年11月23日 (月)

吉田山紅葉散歩5 金戒光明寺(黒谷)

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Dsk_2622a

真如堂の本堂横の道に、黒谷方面に行く分かれ道があります。

Dsk_2534a

この道の途中に、『会津藩殉難者墓地』があります。会津藩が京都守護職に任ぜられた間に亡くなったものや、鳥羽伏見の戦いの戦死者が眠っています。

Dsk_2544a

墓地には禁門の変(蛤御門の戦い)の戦死者、武士のみではなく使役で仕えたと思われる苗字のない者、婦人も同様に祀られています。

Dsk_2549a

すぐ近くにある西雲院も会津藩ゆかりの寺です。会津藩松平容保が京都守護職在職中に、侠客の会津小鉄は表の家業は口入れ屋、裏は新選組の密偵として活躍をした。

Dsk_2558a

しかし、会津藩は鳥羽伏見の戦いに敗れ、戦死者の遺体が鳥羽伏見の路上に放置されていたのを、子分を動員して収容し回向供養した。その後も容保公の恩義に報いてこの地の会津墓地を西雲院住職とともに死守したという。

Dsk_2556a

西雲院を出ると視界が開け、平安神宮や御所、知恩院などが見えてきます。

Dsk_2560a

文殊菩薩と三重の塔
古くは黒谷の西にあった中山文殊が、江戸時代初期徳川秀忠公菩提のために建立された三重の塔に安置されている。この本尊の文殊菩薩と脇士の像は運慶の作。この塔は、粟田神社や都ホテル、遠く西山からも見ることができます。

Dsk_2563a

境内まで降りる階段の途中には、石仏がたくさんあります。

Dsk_2568a

すっかり有名になったアフロヘアの石仏。阿弥陀仏が衆生救済の四十八願をたてて、五劫もの長い間考え続けて、頭部の螺髪(らほつ)が大きく伸びたのだそうです。

Dsk_2572a

左の道は山門の横を通ります。

Dsk_2588a

右の道を上ると、境内に行きます。
金戒光明寺は浄土宗の大本山で、承安5年法然上人が比叡山の黒谷を下り、草庵を結すんだのが浄土宗最初の寺院 のはじまり。 

Dsk_2595a

幕末の文久2年(1862)には、京都守護職会津藩一千名の本陣にもなりました。

Dsk_2603a

ところで、幕府は文久2年に将軍上洛時の警備のため浪士組を結成した。その直後に生麦事件が発生し、浪士組は江戸へ帰ることとなった。しかし、近藤勇、土方、芹沢等は京都残留を希望し嘆願書を京都守護職に提出した。

Dsk_2604a

彼らは京都守護職預かりとなり、八月十八日の政変(七卿落ち)の日に、朝廷から『新選組』の名をさずかり、市中取締の命を受けた。(御影堂には、宗祖法然上人75歳の御影(座像)が安置されている。)

Dsk_2617a

この鐘楼では参拝者が除夜の鐘をつくことができ、沢山の人が並びます。

Dsk_2611a

以来、新撰組は治安維持のために都大路を縦横無尽に走り廻った。新選組の壬生の屯所と黒谷本陣との間では報告や伝達が毎日のように行われていた。つまり、このお寺は新撰組ゆかりの地でもあるのです。

Dsk_2613a

山門は、万延元年(1860)の完成。

Dsk_2627a

このあたりは、桜も見事です。

Dsk_2632a

Dsk_2634a

桜上の正面には、後小松天皇宸翰「浄土真宗最初門」の勅額があります。

Dsk_2636a

西にある高麗門。徳川将軍が二条城に滞在しているときに謀反が起こると この城門を閉じて知恩院とともに黒谷全体を砦にして、立てこもるようになっていたとか。

Dsk_2643a

吉田山紅葉散歩はここで終わりです。 

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
    お手数ですが、両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dsk_2566a

| | コメント (8)

2009年11月22日 (日)

栂尾から高雄へ 紅葉の街道

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Dsk_2665a

高山寺からは周山街道を少し下がって清滝川沿いに高雄の神護寺まで歩きました。それほど距離はありません。下り坂で快適な道です。(撮影:15日)

上の写真はバスの中から数秒間だけ見ることが出来る開けた景色。神護寺を出て直ぐ見ることが出来ます。

では高山寺のバス停から下って行きます。

Dsk_2673a

今日は説明無しで・・・

Dsk_2669a

Dsk_2695a

高山寺の表参道の入り口辺りからです。

Imr_6315a

赤い橋に差し掛かって

Dsk_2879a

清滝川の茶店の屋根が・・・

Dsk_2873a

Imr_6347a

周山街道は紅葉狩りの車、JRバス(臨時バスが頻発)、ツーリングのバイクが行き交います。   

Dsk_2887a

銀杏の木が目立ちます。

Imr_6351a

西明寺方向に折れて・・・指月茶屋が見えて来ました。

Imr_6368a

清滝川

Dsk_3029a

今年は早くも指月橋の紅葉は淋しい。(橋を渡ると西明寺です。次に記事にします)

Dsk_3030a

神護寺に向かいます。

Dsk_3049a

清滝橋に来たところで・・・神護寺に向かいます。今日はココまでです。

Imr_6415a

三尾は西明寺と神護寺を残しています。他の場所も紹介しながら京都の秋は続きます。お楽しみに。

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dsk_3060a

| | コメント (12)

2009年11月21日 (土)

吉田山紅葉散歩4 真如堂

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Dsk_2459a

お待たせしました(かどうか?) 真如堂です。(撮影:13日)
今はもっと色付いていると思いますので、そのつもりで見てくださいね。

宗忠神社の表参道の正面に真如堂の総門(赤門)があります。

Dsk_2413a

真如堂は、正式には鈴聲山(れいしょうざん)真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)といい、比叡山延暦寺を本山とする天台宗のお寺です。

Dsk_2435a

門を入って右手に行くと、

Dsk_2441a

今から、約1千年前の永観2年(984)、比叡山の戒算上人かいさんしょうにんが、比叡山常行堂のご本尊阿弥陀如来(慈覚大師作)を東三條女院藤原詮子の離宮があった現在の地に移して安置したのが、真如堂の始まりです。

Dsk_2443a

「真如堂」は、もともとは本堂の呼び名でした。

Dsk_2449a

三重塔(法華塔)は、宝暦年間(1751~1763)に建立され、文化14年(1817)に再建された。装飾が控えめで、古い塔の面影を残しており、京都府の文化財に指定されている。

Dsk_2446a

紅葉の頃になると茶店が開きます。

Dsk_2491a

本堂の左手の小さな池の中島に祠があり、赤崎弁天が祀られています。

Dsk_2482a

『真如堂縁起』によると、本堂は完成したが、資金不足で供養の儀式ができないところ、赤崎弁才天のおかげでようやく資金が調達でき、その報恩感謝のために、祠をたてたとされています。

Dsk_2467a

さらに進むと、元三大師堂があります。元三大師とは、「降魔大師」とも呼ばれた霊験ある高僧で、比叡山延暦寺第18代座主慈恵大師良源(913~985)のことです。

Dsk_2470a

元三大師堂の前にある石灯籠は、琵琶湖疎水の工事の総責任者である田辺朔郎氏に感謝の意を込めて、明治38年(1905)に地元北白川の人たちが贈ったものです。

Dsk_2476a

もう一度本堂の前に戻ります。

Dsk_2480a

足利義教の執権職をしていた伊勢守貞経の弟平貞国は無常を感じて、仏道に生きようと真如堂にこもって念仏の行をした。3日目の明け方、夢枕にお坊さんが現れて出家を思いとどまらせた。家に帰ってみると、兄は上意に背き吉野に謹慎処分、代わりに貞国が家督を継ぐようにという命令が下っていた。

Dsk_2483a

貞国は、阿弥陀さまのお陰がなければ、執権職を受けるどころか家も断絶いていただろうと感激し、あと7日7夜、合計10日10夜の念仏をした。これが「お十夜(おじゅうや)」の始まりで、「この世で10日10夜善いことをすれば、仏国土で千年善いことをしたことに勝る」という教えにしたがい、阿弥陀如来の法恩に感謝するための法要。

Dsk_2487a

11月15日は、真如堂最大の年中行事「お十夜」を締めくくる結願法要が営まれ、僧侶や稚児などの行列が、境内を練り歩きます。その日、中風除け(タレコ止め)の十夜粥が参詣者に接待されます。雑炊のことを「おじや」というのは、「おじゅうや」 からきているとか。

Dsk_2506a

Dsk_2516a

本堂を出て右手の道を行き、

Dsk_2536a

本堂の裏にまわります。ここは、日陰が多いのかまだ紅葉が進んでいません。
今はかなり色付いているとは思います。

Dsk_2541a

回廊から池の方向

Dsk_2539a

もう一度本堂横の道まで戻り、次の目的地に向かいます。

Dsk_2543a

次の目的地・・・お分かりですね。明後日の予定です。 

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
     お手数ですが、両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dsk_2452a

| | コメント (10)

2009年11月20日 (金)

2009秋 栂尾 高山寺

Dsk_2707a

三尾、今日は一番北の栂尾(とがのお)高山寺。世界遺産です。(撮影:15日)

去年は紅葉には早く来過ぎたのですが、色付き始めたもみじの美しさに感動したものでした。・・・が、今年は早くも晩秋、それ以上に冬枯れかと思わせる状況でした。

かなり古い記憶のこの風景は、「石灯籠に覆いかかる紅葉と、菱形の敷石を挟んで敷き詰める紅い落葉」が印象的でしたが、何故あのような風景が見れないのか???
毎年不満に思っていました・・・原因は単純・・・木々が生長して高く高く育っていたからでした。風景も変ってゆく・・・当たり前といえば、そうですね。

Dsk_2718a

今日は縦長写真を・・・ 金堂に向かいます。

Dsk_2721a

ゴツゴツの石段、上るより下る方が恐い。

Dsk_2745a

金堂の屋根が・・・

Dsk_2747a

金堂 

Imr_6192a

Imr_6197a

Dsk_2758a

金堂をあとに・・・

Imr_6206a

広い山内ですが、紅葉は少なくて・・・開山堂の紅に誘われて・・・

Dsk_2792a

開山堂

Dsk_2805a

ここが高山寺の紅葉で一番美しい処ですが・・・。(う~~ん(u_u。))

Dsk_2809a

屋根の上のもみじを。

Imr_6244a

Dsk_2826a

石水院

Imr_6270a

今日は中には入らず、ここまでだけ。

Dsk_2841a

Dsk_2842a

表参道を通って槇尾・西明寺に向かいます。写真は裏参道の方向。

Dsk_2860

高山寺の紅葉が見頃・・・と知ったのでやって来た15日。この景色を見て・・・実は来なけりゃ良かったと後悔。(これから計画されている方ゴメンナサイm(_ _)m)

綺麗・綺麗で紹介して期待を持たれては・・・私としては心苦しいので。。。

でも・・・西明寺、神護寺はかなりマシでしたから。。。お待ちくださいね。

info02  高山寺 (高山寺についてはこちらを御覧下さいね)
  入山料:400円  (紅葉の時期だけ徴収されます)
  石水院・拝観料:600円(だったと思います)

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dsk_2851a

| | コメント (8)

2009年11月19日 (木)

吉田山紅葉散歩3 宗忠神社~咤枳尼天

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Dsk_2388a

昨日は風冷え、今日は底冷えの京都です。寒くなりましたねえ。
今日は吉田山紅葉散歩の3です。

竹中稲荷神社を後にして山越えの道に戻ると、真如堂が近くに見えます。この景色・・・良いですね。・・・この道は下らないで・・・

Dsk_2363a

向かいにある宗忠神社を通って、真如堂まで行くことにしました。

Dsk_2366a

狛犬が竹中稲荷神社の鳥居参道を見つめています。

Dsk_2370a

宗忠神社は比較的新しく、文久2年(1862)に吉田神社から寺地の譲渡を受けて創建されました。

Dsk_2373a

備前国の神主の家に生まれた黒住左京藤原宗忠は、あるとき人神一体の霊感を受けて黒住教を創始。黒住教は幕末の新興宗教の一つとして民衆に広がること。

Dsk_2375a

宗忠の没後、安政3年(1856)に朝廷から「宗忠大明神」の神号を与えられ、赤木忠春を中心とした門人たちがこの地に社殿を建立しました。

Dsk_2377a 

幕末の慶応元年(1865)には孝明天皇の勅願所とな り、皇室や二条家、九条家などの公家からも深い崇敬を受けることになりました。

Dsk_2379a

Dsk_2380a

現在の本殿は明治に 、拝殿も昭和12年(1937)に改築されたものです。

Dsk_2382a

Dsk_2383a

神社の境内に井戸を掘ることになったが、山の上だけに水は一滴も出ません。赤木忠春は、人夫たちに「明日の朝に来て、見てください」と告げ、その夜ご神前に供えた御神水を空井戸に注ぎ、一心に祈ると・・・

Dsk_2381a

翌朝になると水がコンコンと涌き出ていた。この井戸は神井(しんい)とよばれ、神社に何かご神慮に適わぬことが起こると濁るといわれている。(下の写真の左)

Dsk_2389a

表参道を下って行きます。緑の中に綺麗な色合い。

Dsk_2395a

下の鳥居まで来ると、真如堂が見えてきました。

Dsk_2405a

この参道は、春は見事な桜のトンネルになります。

Dsk_2408a

真如堂に入る前に、楼門前にある法伝寺・咤枳尼天(だきにてん) 陀枳尼天

Dsk_2416a

ここも桜が見事です。今は枯れていますが、参道横にある枝垂桜は必見です

Dsk_2424a

次回はいよいよ真如堂に入ります。(明後日のつもりです)

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
 お手数ですが、両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dsk_2385a

| | コメント (8)

2009年11月18日 (水)

妙心寺・塔頭 退蔵院の秋

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Dsk_3721a_2

妙心寺の塔頭 退蔵院の余香苑の秋です。 撮影は15日です。
退蔵院は妙心寺山内寺院の中でも屈指の古刹。国宝の瓢鮎図(ひょうねんず)を所蔵するお寺です。

今日は紅葉をお届けしますので、紅葉以外や寺院の説明などは省きます。
  こちらの記事で多く載せていますので御覧下さいね。→  

訪れたのは15日の夕刻近く。紅葉は3-4分くらいでしょうか。

Dsk_3632a

入口から・・・紅葉の庭へ・・・

Dsk_3639a

本堂、元信の庭の方に鮮やかな色が・・・

Dsk_3643a

本堂、こちらには紅葉が無かったので・・・戻ります。

Dsk_3655a

先ほどの1本。鮮やかに色付いています。

Dsk_3650a_2

Dsk_3649a

Dsk_3671a

陽の庭

Dsk_3677a

余香苑は中根金作氏作庭で昭和の名庭です。

Dsk_3683a

急な冷え込みから紅葉はぐっと進んでいることだろうと。

Dsk_3756a

向こうの藤棚の下からお庭を見るのが素敵。

Dsk_3760a

藤棚の下から。(TOPも)

Dsk_3719a

ライトアップはさぞ幻想的でしょうね。

Dsk_3722a

ここでお抹茶(瓢鮎図の御菓子)がいただけます。

Dsk_3768a

ここは水琴窟もあるのですよ。

Dsk_3777a

帰りは何となく暗さが増したようで。

Dsk_3773a

影の庭  黒い砂と紅葉が印象深く。

Dsk_3780a      

info02 退蔵院 公式HP
   拝観料:一般公開部分 500円  (非公開部分の拝観を含むと700円)
   お抹茶:500円
   拝観時間:9時~5時
   ライトアップ:12月6日(日)まで。
     松茸を中心にした精進料理がついて7000円。(演奏も)

今日も来て下さって有り難うございます。ブログランキングの応援宜しく。
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

鯉の池にも紅葉が・・・maple

Dsk_3738a     

| | コメント (8)

2009年11月17日 (火)

吉田山紅葉散歩2 竹中稲荷~茂庵

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Dsk_2300a

昨日は寒かったですね・・・聖護院の特別公開(今日17日まで)に行って、身に沁みてお寺の寒さを味わってきました。
東大路通りと京大吉田寮の銀杏並木が綺麗でしたよ・・・「京都だより・・・」に写真を載せています。
今日は「吉田山紅葉散歩」の2回目です。(撮影:13日)

吉田神社から山越えの道を峠まで来ると、左に鳥居で囲まれた竹中稲荷神社の参道があります。

Dsk_2275a

春に来た時は桜のトンネルでしたが、今は桜の葉も枯れ落ちてご覧の通りです。

Dsk_2280a

それでも進んでいくと、紅葉が見えてきました。

Dsk_2295a

振り向くと、きれいな紅葉のトンネルでした。

Dsk_2293a

竹中稲荷神社の由緒は明かでないが、天長年間(824~834年)に在原業平の居が神楽岡稲荷神杜の傍にあったという記録がありまます。

Dsk_2297a

つまり、吉田神社ができる以前からこの地に社殿があったことになります。

Dsk_2302a

紅葉し切ってなくて・・・これも良いです。

Dsk_2307a

社殿の横にある道を山頂の方にいくと、分かれ道に来ます。

Dsk_2323a

右の道をいくと、カフェの「茂庵」があります。(神楽岡通りからだと分り易いのですが)

Dsk_2326a

休日に来ると、大変混んでいるようですが、平日のこの日は空いていました。遠くは西山方面まで見渡せますよ。

Dsk_2328a

向こうの山には左大文字が・・・。この他に、船形や鳥居も見えます。

Dsk_2337a

反対側の窓からは、大文字が間近に。送り火の日は大変な混雑でしょうね。

Dsk_2339a

やっぱりこれで混ぜるのですね・・・

Dsk_2332a

山頂の道を通り山越えの道まで戻って・・・「紅萌ゆる丘の花」(三高逍遙の歌)の碑。

Dsk_2355a

ちょっとうら寂しい山頂の遊園地(幼稚園の図書館が無くなって遊び場が残って)

Dsk_2354a

鳥居参道の途中からは真如堂の紅葉が見えます。ちょっと期待できそうです。

Dsk_2318a

「吉田山紅葉散歩」は隔日(つもりかな?)でお届けします。
急に寒くなりました・・・皆様ご自愛くださいね。

★ダイジェスト版の「京都だより*花と名所と猫日記」は・・・ただ今・・・maple 京都の紅葉の名所めぐり(既記事から)と、maple 1日の記事にするには写真の少ない処(新しく訪問)を記事にしています。お立ち寄りくださいね。

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになって います。
    お手数ですが、両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも →  にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 ---------------------------------------------- ----------------

Dsk_2315a

| | コメント (10)

2009年11月16日 (月)

秋が似合う 落柿舎

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Dsk_1534a

落柿舎といえばヤッパリ秋ですね。屋根の葺き替えも終り美しくなった落柿舎です。
前に広がる田畑と生垣の向こうの茅葺屋根・・・嵯峨野に広がるこの景色・・・青空が似合っていいですねえ。 (撮影:11月9日)

昨日は朝から出かけてました。紅葉最終、晩秋の風情のあるところもあれば・・・まだ色付き2分3分という所もありました。

今日は先日写真だけ作りかけていた所・・・落柿舎(らくししゃ)です。

Dsk_1528a

京都の紅葉・・・
11月になって早々に寒い日が1-2日あった時に紅葉してしまった葉は、その後に暖かい日が続いた為に落葉或は中途半端な色付きのまま枯れてしまった感じがします。
その時期に紅葉すること無く、緑のままだった葉は持ちこたえているようです。

Dsk_1701a

落柿舎の名の如くに柿がたわわです。

Dsk_1695a

入口には蓑と笠がかけてありますが、これは本来庵主の在庵と不在を示すものだったそうです。蓑笠がかけてあったら在庵、なければ外出中とか。

Dsk_1756a

落柿舎は、蕉門十哲の一人として名高い向井去来(慶安4年(1651)~宝永元年(1704))の閑居の跡として知られています。中には入れませんが、その時代を忍ぶことができます。

Dsk_1705a

当時、庭にあった四十本の柿の実が一夜のうちにほとんど落ちつくし、かねて買約中の商人を気の毒に思って価を返してやった。これが落柿舎の名の由来です。

Dsk_1721a

この時期は頭上注意です。

Dsk_1714a

次庵

Dsk_1723a

この風景の中で・・・

Dsk_1752a

このあたりのベンチに座って。。。

Dsk_1749a

一句ひねってくださいね。

Dsk_1717a

鹿おどしの爽やかな音色も響いてきますよflair 他人事のようですが・・( ´艸`)プププ

Dsk_1732a

境内には句碑がいくつもあり、句を読むための落ち着いた場所もあります。

Dsk_1730a   

Dsk_1722a

南天・・・早くもこの時期になりましたね。

Dsk_1745a

info02 落柿舎 (らくししゃ)
   公式HPです。
   拝観料:200円

紅葉の京都はまだまだ続きますよ・・・お楽しみに。 

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになって います。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも →  にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 ---------------------------------------------- ----------------

落柿舎の前に広がる田畑は市が買い上げ実験農場などにして風景の保存をしています。この景色・・・いつまでも見れます。

Dsk_1687a

| | コメント (10)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2