« 宇治 黄檗山 萬福寺 | トップページ | 黄檗山 萬福寺 Wikipediaとコラボ »

2009年8月22日 (土)

中国明代様式 萬福寺

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Dsi_1040b

萬福寺
1654年(江戸時代)、中国福建省から渡来した隠元禅師が後水尾法皇や徳川四代将軍家綱公の尊崇を得て、1661年に開創された寺院で、日本三禅宗(臨済、曹洞、黄檗)の一つ、黄檗宗の総本山です。
建造物は中国の明代様式を取り入れた伽藍配置です。

大雄宝殿(だいおうほんでん) 本堂で、最大の伽藍です。

Dsi_1053a

日本では唯一最大のチーク材を使った歴史的建造物です。

Imr_1540a

本尊は釈迦牟尼仏。両脇侍は迦葉、阿難の二尊者。

Dsi_1081a

両側は十八羅漢。ともに明朝時代の彫刻家 范道生の作です。

Imh_8934a

Imh_8945a

黄檗宗では儀式作法は明代に制定された仏教儀礼で行われ、

Imh_8926a

毎日のお経は黄檗唐音で発音、中国明代そのままの法式梵唄を継承しています。

Imh_8944a

Imh_8942a

萬福寺は竜の形に伽藍が配され、白砂は雲に見立てられているそうです、上空から見てみたいものです。白砂の中央に「月台」があります。

Dsi_1089a

法堂から見た大雄宝殿 (本堂)

Imr_1498a

創建当初の姿そのままを今日に伝える寺院は、日本では他に例が無く、
代表的な禅宗伽藍建築群として、主要建築23棟、回廊、額、聯などが国の重要文化財に指定されています。(萬福寺の栞より)

Imr_1494a

上と下は向かい合わせに建っています。

Imr_1510a

鐘楼前には偈(げ)の書かれた巡照板が下げられている。
巡照板 (じゅんしょうばん)
黄檗山の一日は巡照板によって始まり、夜の巡照板によって終わります。ここで修行する雲水(修行僧)が正覚を目指して精進を誓い、自覚を促す為に巡照板を鳴らして各寮舎を回ります。

Dsc40083a Dsc40082a

Wikipediaを見ていたら「ここが中国寺院なのよね!!」・・・というところが文字で書かれている・・・でもそれを私は写真で撮ってた・・・
これはもう一度その部分をお知らせせねば・・・。

途中で伸ばすとまた忘れそうなので・・・明日「これぞ中国寺院・萬福寺」をします。

ブログランキング応援クリックが、更新の励みになっています。
 --------------------------------------------------------------
    是非よろしく→   こちらも是非 → にほんブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Imr_1515a

|

« 宇治 黄檗山 萬福寺 | トップページ | 黄檗山 萬福寺 Wikipediaとコラボ »

● 黄檗山 萬福寺」カテゴリの記事

コメント

おはようございます以前、お正月の七福神巡りツアーに参加した時に行きました。時間があまりなくて落ち着いて見ることが出来なくて残念でした。今、たくさんの写真であらためて見ています。また、ゆっくりと拝観したいなと思います。写真OKなのですね。早めにいかなくては!!その時は、普茶料理も一緒に!!

投稿: shimasi | 2009年8月22日 (土) 10:21

なんとなく中国風ですよね

うんうん♪

投稿: munixyu | 2009年8月22日 (土) 11:50

★shimasiさん こんばんは♪
ここは他の臨済宗のお寺のように庭園は無いのですが、雰囲気がとても好きなのです。
修行中の場所は締め切っていますから、勿論撮影は出来ませんが、見れるところは全て撮影はOKです。
本堂も全くそうです。雲水さんが掃除に励んでらっしゃる横で撮らせて頂きました。
私もここで普茶弁当を頂きたいなと思います。

投稿: りせ | 2009年8月22日 (土) 19:59

★munixyuさん こんばんは♪
十八羅漢さんのお顔・・・「大陸だ!」って感じでしょ。
表情も日本の羅漢さんとは全然違うし。恐いくらい。

投稿: りせ | 2009年8月22日 (土) 20:03

こんばんは。
昨日の記事からも大きなお寺である事は解りましたが、今日の写真を見てもその規模の大きさがうかがい知れますね。
中国様式と言うことでしたので和式?との違いを写真の中から探そうと思ってちょっと写真を大きくしたりしてみました。そこで、ちょっと思ったのはこれだけ大きいお寺だと日本式のお寺には三門の大きいのがあるような気がするのですがこちらには見当たらないような気がします。あと、これは日本式にも必ずしもと言うわけではないので違いと言えるかどうかはわかりませんがこの規模のお寺だったら五重か、三重の塔が欲しいな、と思いました。
これはちょっと昨日の記事を読み返しての感想なので今日のコメントではないのですけれどインゲン豆のゆらいだったとは。!やっぱり京都には「お初」や「発祥」が一杯有りますね。
十八羅漢(一発で変換できて驚きました!)仰るように日本顔ではありませんね。昨日の記事に出てきた三分の二くらい上が隠れた仏像のお顔は日本風だな。と、思ってその様なコメントを昨日残したのですが今日は訂正ですね。それに仰るようにちょっと怖いくらいですね。

投稿: たまちゃん | 2009年8月23日 (日) 01:06

★たまちゃん こんにちは♪
三門ですが、正面は何度も入れていますのでこの記事では省きましたが、明日の記事にはもう一度入れてますので見てくださいね。大きいですよ。
そうですね、何か物足りないと思ったら塔がありませんが、「臨済宗」のお寺には無いようですね。
本堂内の十八羅漢さんのお顔を見ると大陸的だなあとよく分ります。
隠元豆だけかと思ったらスイカもそうだったから後で書いておきましたよ。

投稿: りせ | 2009年8月23日 (日) 12:29

また、行ってみたくなりました。

投稿: 金魚 | 2009年8月24日 (月) 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇治 黄檗山 萬福寺 | トップページ | 黄檗山 萬福寺 Wikipediaとコラボ »