« 美山町 かやぶきの里 2009 | トップページ | 産寧坂から八坂通へ »

2009年2月 3日 (火)

美山町 かやぶきの里 雪灯廊 2009

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Dsh_0326a

昨日に続いて、美山町かやぶきの里です。あいにくの雨で、夕方からの雪灯廊と花火を心配していましたが、大丈夫でした。「雪灯廊」は雪で作った灯篭ではなく、ご覧のような路地行燈でした(もっと雪があったら違っていたかも知れません)。

Imp_1649a

もう一度田んぼの真ん中の道を通って集落の方へ向かいました。明るいときに行った道を通りますので、昨日と同じ場所の写真があります。

Dsh_0305a

広い所は風も強く、倒れている灯篭を立てながら撮影。

Dsh_0312a

2010年雪灯廊はこちら snow積雪もたっぷりでとても幻想的です。

Dsh_0315a

雪が積もっていたら、もっと雰囲気がよかったでしょうね。

Dsh_0316a

Dsh_0318a

家の灯りが映えてきました。

Dsh_0325a

Dsh_0334a

Dsh_0341a

ところでこの灯篭、嵐山花灯路と同じものだそうです。

Dsh_0345a

所々にライトアップされた家がありました。

Dsh_0357a

すっかり日が暮れてしまいました。

Dsh_0360a

さっき通った田んぼ道が見えます。

Dsh_0370a

Dsh_0375a       

花火まで時間があるので、もう一度売店がある場所に帰ります。このときは雨が強くて、レンズを拭きながら撮影。灯りが滲んでいます。

Dsh_0391a

Dsh_0405a

屋台で腹ごしらえをしていると花火の時間になりました。花火は、レストランや売店の反対側の河原から打ち上げられるので、再び田んぼの真ん中へ。、

Dsh_0407a

小規模な花火大会で、数は少なかったです。

Dsh_0420a

それでも、広い田んぼに並ぶ雪灯廊と花火が調和して、見事なものでした。

Dsh_0464a

雪灯廊は2月7日まで、2月8日には美山町自然文化村で、いろいろなイベントがある「美山雪まつり」が行われるそうです。

2010年の「美山町 かやぶきの里 雪灯廊」を是非見て下さいね。
・・・この2009年はガッカリなので、残念でした。

いつも応援のクリック有り難う御座います。とても励みになります。今日も宜しく。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dsh_0419a 

|

« 美山町 かやぶきの里 2009 | トップページ | 産寧坂から八坂通へ »

□2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山」カテゴリの記事

 1 周山 美山 北山 京都北部」カテゴリの記事

コメント

夜道に浮かぶ灯籠が滑走路の誘導灯みたいですね。
夜景撮影フェチとしては、雨滴でにじんだ灯籠の芸が面白い!

花火も空中の雨に映り込んでこんな風に幻想的な表現になっているんでしょうか。だとしたらやはりかなりの雨量なんですね。これはこれで美しいけど、打ち上げる方にしてみれば思うように花を咲かせられなくて悔しかったろうなあ。

それともりせさんのカメラワークの賜物?

投稿: よろづ屋TOM | 2009年2月 3日 (火) 10:44

いい夜の風景ですよね

投稿: munixyu | 2009年2月 3日 (火) 11:45

またまた、素敵な写真を有り難うございます。heart02

雪灯籠の灯りがとってもロマンチックですね。shine

ほんと美山ってお客さんに楽しんでもらおうといろいろと工夫していますね~。
私の街にも少し見習って欲しいです~pout


投稿: 白熊二代目 | 2009年2月 3日 (火) 21:04

こんばんは。
電気にしても、本当の火にしても明かりって綺麗ですね。幻想的って言うのでしょうか?火の光が嫌いって人あまり聞きませんよね。
建物などをライトアップする強い光もいいですが灯篭のようなほのかな明かりと言うのもいいですね。灯篭がたくさん並んだ道の写真や遠めから見た集落の中の数々の灯篭も素敵ですね。あと、やっぱ花火の写真の感じはどなたかも言っておられましたがりせさんの腕が冴え渡っているように感じました。ただ、にじんだ花火の写真を見て打ち上げている人の気持ちまで汲んでいた方に感心しました。いい方が見に来ておられますね。

投稿: たまちゃん | 2009年2月 4日 (水) 01:17

美山町は芦生の森がある町ですね。娘が実習で行って「えらい遠かった・・・・」と言ってました。りせさんの行動力は素晴らしいです!
かやぶき屋根に雪が積もった風景は、絵になりますね・・・・日本の原風景という感じがします・・・。同じ京都でも、町中とは全然違うのですね。貴重な写真をありがとうございます。
雪灯篭と花火と本当に幻想的です。風邪は引かれませんでしたか?あまり、無理をなさいませんよう・・・。

投稿: 蘭 | 2009年2月 4日 (水) 07:52

★よろづ屋TOMさん、munixyuさん、白熊二代目さん、たまちゃん、蘭さんこんにちは♪
こちらにもまとめてコメントのお返しをします。お許しくださいませ。m(_ _)m
夜の写真は以前からほとんど夫が撮っています。私は楽をして少しだけ。以前は夫撮影のことを書いていましたが、毎回書くのもナンですので省いています。
ツアーバスが沢山来ていました。花火も打ち上げ寸前まで決定がされませんでした。打ち上げの数は30発くらい、数分でしたが皆さん頑張って打ち上げて下さいました。冬の夜空の花火・・・綺麗でした。
道の灯篭は東山や嵐山の花灯路のもので、「やっぱりここも京都なのだなあ」と嬉しく思いました。
京大演習林の「芦生原生林」は歩いてみたいと昔は思いましたが、この足では無理になりました。美山町は紅葉も美しい所・・・その時期にはまた人が一杯になるそうです。写真、スケッチの方も沢山訪れます。
また、機会がありましたら・・・来年にでもリベンジを・・・と考えています。真っ白な世界・・・絶対に見てみたい風景です。
少しゆっくり更新になりますが、これからも「京都を歩くアルバム」を宜しくお願い致します。 りせ

投稿: りせ | 2009年2月 4日 (水) 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美山町 かやぶきの里 2009 | トップページ | 産寧坂から八坂通へ »