« 智積院と梅と | トップページ | 長谷川等伯の障壁画 智積院 »

2009年2月14日 (土)

智積院 CM庭園と五色幕

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Dsh_0825a

この縁側を右から左に岩下志麻さんがゆっくり歩かれるメナード化粧品のCMを今見ますね。季節は緑の美しい頃のようです。。。その庭園は、ここ智積院のお庭です。
岩下志麻 メナード化粧品 CM 庭園 どこ?
今日は講堂から大書院の庭園。池が工事中で拝観料が割引になっていました。

Dsh_0889a

講堂は、灌頂道場や各種研修の道場として使用しています。現在の建物は、平成4年(1992)の興教大師850年御遠忌記念事業として計画し、平成7年(1995)10月に完成したものです。

Dsh_0778a

講堂はかつて方丈と呼ばれていて、玄宥僧正が現在の京都東山の地に智積院を再興した折りに、徳川家康公より寄贈された祥雲寺の法堂が基になっています。この祥雲寺ゆかりの建物自体は、天和2年(1682)7月に焼失しました。 
その後幕府から与えられた東福門院の旧殿・対屋を基に、貞亨元年(1684)に再建されましたが、この建物も昭和22年におしくも焼失してしまっています。

Dsh_0790a

私は寺院に張られている五色の幕が好きなのです。意味はあるのだろうな・・・と思うものの調べていませんでしたのでちょっと載せます。(以下説明はWikipedia)

Dsh_0857a

五色幕(ごしきまく) 仏教の寺院の壁などに掛けられている5つの色の幕のこと。
配色には差異があるようですが、一例として緑・赤・黄・白・青がある。

仏教の寺院であることを表し、釈迦如来の説いた教えを広く宣べて流布させることを表している。寺院の落慶時の法要などや、花まつりなどの年間の大祭で寺院の壁面や堂内の入り口にこの五色幕が掛けられる。(智積院ではいつも掛っているようです)

仏教では万物を構成するとされるのが「地・水・火・風・空」の五つの要素で「五大」といわれる。
地 ・・・ 大地・地球を意味し、固い物、動きや変化に対して抵抗する性質。
水 ・・・ 流体、無定形の物、流動的な性質、変化に対して適応する性質。
火 ・・・ 力強さ、情熱、何かをするための動機づけ、欲求などを表す。
風 ・・・ 成長、拡大、自由を表す。
空 ・・・ 天空(そら)のことであり、また、仏教の思想の空のことでもある。

Dsh_0881a

真言宗などでは五智如来の色とも言われ、5つの智慧を表す色として知られる。
五智如来(ごちにょらい) 五大如来ともいう
・大日如来 ・阿閦如来  ・宝生如来  ・阿弥陀如来  ・不空成就如来

Dsh_0805a

「緑・赤・黄・白・青」と「地・水・火・風・空」がどう一致するか??? ハッキリ書いていないので深く調べるのは止めます。
「五色幕」から「五大」「五輪」「五輪塔」などにWikipediaは広がるのですが、ややこしくなって分らなくなってきたのでここで辞めます。

Dsh_0791a

真夏の早朝にこの講堂で「暁天講座」が開かれます。
ちょうど聞きたい人のお話があって1度来た事があります。朝6時半に始りまり1時間ほどのお話の後、智積院会館で朝粥を頂いて、お土産まで貰って帰りました。早起きは・・ナントカ・・・です。真夏の早朝・・・蓮の花が綺麗に咲いていましたよ。

Dsh_0782a

つづいて大書院前の庭園へ・・・。
「利休好みの庭」と伝えられ、豊臣秀吉が建立した祥雲禅寺時代に原形が造られ、その後智積院になってから運敞僧正が修復し、東山随一の庭と言われるようになります。

Dsh_0802a

築山・泉水庭の先駆をなした貴重な遺産といわれ、中国の盧山を象って土地の高低を利用して築山を造り、その前面に池を掘るとともに、山の中腹や山裾に石組みを配して変化を付けています。

Dsh_0866a

岩下志麻さんメナード化粧品のCM(YouTube)はこちらの記事に入れています。

サツキの花が綺麗な新緑の庭です。写真もいっぱい入っています。

Dsh_0817a

ツツジの花の咲く頃が訪れる人も多くなります。その時期に是非訪れたいと思っていますが・・・以前撮った写真でちょっと紹介します。満開だと見事でしょうね。

Dsc26895a
岩下志麻 メナード化粧品 CM 庭園 コマーシャル
国宝の障壁画がかつて飾られていた大書院はこの庭園に面して建ち、平安期の寝殿造りの釣殿のように、庭園の池が書院の縁の下に入り込んでいます。

Dsc26904a

長谷川等伯の障壁画のレプリカで美しい大書院は次回に紹介します。
ゆっくり更新と言いながら、写真がたくさんあって・・・。

ブログランキングに参加しています。
    1日1回 クリックで応援してくださいね。検索で来て下さった方も是非宜しく。
 --------------------------------------------------------------
    是非よろしく→     こちらも是非 → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

CMのイメージってこの緑でしょ。これも上と同じ2006年5月下旬の写真です。

Dsc26902a

|

« 智積院と梅と | トップページ | 長谷川等伯の障壁画 智積院 »

● 智積院」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
初めまして。大阪のヒロと申します。
あまりの美しさと古都の静かな佇まいに誘われお邪魔致しました。

実は私も北嵯峨の出身でありますが、最近カメラを始めてからようやく寺社仏閣の素晴らしさに目覚めました。京都を離れてから気づいた今、せっせと通っておる訳です。

お邪魔でなければ、またこの素敵な空間で和ませて下さい。

投稿: ヒロ | 2009年2月14日 (土) 02:00

★ヒロさん 初めまして♪
丁寧なご挨拶から、恐縮です・・・よく来ていただきました。コメント有り難う御座います。
ヒロさんもですか? 私もHP、ブログを作り出してから京都のお寺の素晴しさに目覚めました。それまでは修学旅行生よりも知らない所がいっぱいでしたヨ。
どうぞ何度でもお暇な時に見に来て下さいね。どこかでお会いする事があるかも・・・これからも宜しくm(_ _)m

投稿: りせ | 2009年2月14日 (土) 02:37

こんばんは。
いや、おっしゃるように流石ですよ。字幕を読まれたわけなく映像を見てピンと来たと言う事ですよね。お庭は季節だったり見る方向によって全然違って見えたりしますから。やっぱカメラマンの目はごまかせないと言うことですね。マア、CM製作サイドに誤魔化そうとした意図はまったく無いと思いますが。
お庭はまさにCMそのものですね。雰囲気の有るきれいな所ですね。梅も綺麗に咲いているとの事ですしある場所もおかげ様と分かりましたので桜の前に訪れたいところですね。一部が工事中との事ですが、週末ともなると僕のようにミーハーな人がテレビを見て多く訪れて混雑するかもしれませんね。でも、そうなったらなったでこの界隈には訪れる名所には事欠かない場所でもありますからかまいませんね。
しかし、お寺でたまに見かけたあの5色の幕にそんな意味があったのですね。僕は誰か有名な人か、お寺の関係者の偉い人の法事が有る時にでも掛けられているのかなあ、と勝手に思っていました。


投稿: たまちゃん | 2009年2月14日 (土) 02:41

★たまちゃん こんにちは♪
右下に書かれている「智積院」が小さ過ぎて気付いたのはだいぶしてからです。初めて見た時に智積院って判って・・・智積院の庭園が紹介されているのが嬉しかったです。
工事は3月中には終わります。
かつてはシャープのCMで吉永小百合さんが重森三玲宅に出られたのは数年経っていても検索で来られる方がありました。テレビCMの影響は凄いなあと思いました。
チベットの風景を見ると五色の幕がたなびいているのを見ますね。関係はあるのでしょうね。
たまに五色の幕が大寺院の方丈に掛かっているのを見かけます。華やかで嬉しいです。

投稿: りせ | 2009年2月14日 (土) 11:33

やはり、CMにでてくるところは
ちがいますなぁ

投稿: munixyu | 2009年2月14日 (土) 11:39

★munixyuさん こんにちは♪
この季節に緑がせり上がってる庭園は綺麗ですね。CMから人気が出てくるのってありますよね。
春から人が多くなりそうです。

投稿: りせ | 2009年2月14日 (土) 12:23

りせさんこんにちは。

お庭の写真とてもきれいですね
初夏の風が漂ってきそうで、みてて気持ちが良いです

ツツジが咲き出すと素敵でしょうね。ぜひ訪れてみます。

投稿: 白熊二代目 | 2009年2月14日 (土) 16:22

★白熊二代目さん こんばんは♪
ここのお庭はお部屋から眺めるだけなのですが、植栽がせりあ上がっていて珍しいお庭です。
去年、ツツジかサツキかどっちだったかなあ???で、もたもたしている間に花の時期を逃してしまいました。(笑)泉涌寺も東福寺も近いですよ。

投稿: りせ | 2009年2月14日 (土) 21:03

はじめてコメントさせて頂きます。
京都が大好きで以前から拝見させて頂いてます。

私も五色幕が掛かっているとうれしくなります。
華やぐ春、緑深い夏、紅く染まる秋も素敵ですけど、葉が落ち、緑も少し色あせた冬のお庭もなんとも言えない落ち着きがあって大好きです。
「冬にこそ、その庭本来の姿を見る事ができる」と誰かがおっしゃっていましたが、その通りかもしれないなと思います。

叶うものなら一生を終える前に1年でいいから京都に住んでみたいです。(無理な望みですけどね)


投稿: ポコ | 2009年2月14日 (土) 21:27

★ポコさん 初めまして♪
見ていただいていましたか、有り難うございます。

>「冬にこそ、その庭本来の姿を見る事ができる」
・・・本来の姿・・・何となく理解出来ます。仏教ってそういうものかもしれませんね。華やぐ季節は仮の姿なのかも。

>叶うものなら一生を終える前に1年でいいから京都に住んでみたいです。
・・・そんな、そんな・・・そんな大そうな・・・京都に長年住んでいると慣れてしまって、特別のものは感じませんが。。。
ポコさん、もし遠くにお住まいでしたらこのブログで1年分の京都を楽しんで下さいね。コメント有り難うございます。

投稿: りせ | 2009年2月14日 (土) 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 智積院と梅と | トップページ | 長谷川等伯の障壁画 智積院 »