« 2008年 秋 紅葉の修学院離宮 4 池を一周 | トップページ | 四条大橋界隈 ゆりかもめ »

2009年1月12日 (月)

祇園 ゑびす神社 建仁寺・・・

Dsg_9246a

今日はがらっと変って・・・
中途半端な「初詣」に終わってしまった下鴨神社。「7日中に」と思ってどこかにもう一度・・・八坂神社に出かけました。
八坂神社はまた後にして、八坂神社からの帰り道。祇園花見小路、建仁寺、ゑびす神社をお届けします。地図です。中心はえびす神社です。

Dsg_9237a

祇園花見小路・・・ここでは本物の舞妓さん芸妓さんに出会えますが、観光客(特に外人)の写真攻撃にお困りだとか。囲まれて歩けなくなるそうです。

Dsg_9240a

舞妓さん芸妓さんの歩く速度は以前から早かったのですが・・・益々速度を増しているそうですよ。早い早い・・ぽっくり(こっぽり?)のポコポコ音を響かせ脇目もふらずに。。

Dsg_9252a

ワー・・・綺麗な方・・・ヽ(´▽`)/

Dsg_9241a

  Dsg_9232a

Dsg_9235a

花見小路の南の突き当たりの「建仁寺」です。こういうのって・・・絵になりますね。

Dsg_9219a

こちらも大股でサササッー(ドカドカッかなあ?)と去って行かれました。

Dsg_9216a

つづいて、恵美須神社(えびすじんじゃ)です。
大和大路を南へ下ると、「京のゑべっさん」として親しまれている「ゑびす神社」があります。建久2年(1191)、栄西禅師が宋よりの帰途、舟が暴風雨に遭い遭難しそうになった時、海上に恵美須神が現れ、その加護により難を免れたといわれ、建仁2年(1202)、建仁寺創建に当たり、境内に恵美須神を祀り、建仁寺の鎮守社としたのが当社の起こりです。応仁の乱後、建仁寺再建の際も同所に再建され、今もなお当地の産土神(うぶすながみ)として人々の崇敬を受けている。(駒札より)

Dsg_9204a

5日間にわたる「十日ゑびす」のお祭りの前日。用意に忙しそうでした。  

Imn_3770a

京都ゑびす神社は西宮・大阪今宮神社と並んで日本三大ゑびすと称され、商売繁昌・家運隆昌・交通安全の神様です。

Dsg_9187a

ゑびすさんはお耳が遠いそうなので、御参りしていることが分るようにココを叩きながら詣でるんですって。

Imn_3809a

Imn_3793a

今日、12日(月)は「撤福祭」。十日ゑびすの最後の日です。

Imn_3815a

寒桜が華やかに咲いていました。

Dsg_9203a

ところで・・・「都七福神めぐり」  なんてどうですか? 
31日まで各社寺にて御軸・大護符(色紙)・御宝印帖が用意されているそうです。

 ・ゑびす神社       ゑびす神     商売繁盛の守り神      
 ・松ヶ崎大黒天    大黒天       開運招福の神様   
 ・東寺              毘沙門天    七福即生   仏法を守る軍神         
 ・六波羅蜜寺       弁財天      福徳自在  音楽・弁説・才智の神様    
 ・赤山禅院         福禄寿神    延寿福楽  招徳人望を司る神様     
 ・革堂(行願寺)    寿老神       不老長寿  長寿と知恵の神様 
 ・萬福寺            布袋尊       諸縁吉祥  諸縁吉祥の神様

Imn_3828a

観光バスでも31日まであるそうですよ。 
私・・・「一度乗ってみたいなあ」と思っているもので。。。ついついおせっかい。

※久しぶりに「・・・つれづれ編」が更新しています。
年末に水文化研究会の方の「京の名水めぐり」に参加して御所界隈の名水を巡って来ました・・・見てくださいね。

ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

昨日の比叡山です。雪化粧をしています。

Dsg_9413a

Dsg_9414a

|

« 2008年 秋 紅葉の修学院離宮 4 池を一周 | トップページ | 四条大橋界隈 ゆりかもめ »

■散策・03 ◆建仁寺~花見小路」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!本物の舞妓はんだ~!私も見かけたら写真撮らせてもらいます。お仕事の邪魔にならないように。七福神めぐりの観光バスに何年か前に乗りましたよ。ちょっと忙しかったけれど、赤山禅院、萬福寺をお参りできてよかったですよ。 参拝記念に小さなお札を各お寺からいただきました。

投稿: shimasi | 2009年1月12日 (月) 09:20

宵えびすには両親に連れられ毎年お詣り。
幼い頃、人混みの中にうずもれ気がついたら四条大橋だったことを思い出します。

投稿: Tacchn | 2009年1月12日 (月) 11:17

大きな傘がいいねぇ♪

投稿: munixyu | 2009年1月12日 (月) 11:34

★shimasiさん こんにちは♪
なだ4時くらいだったけれど、もう御座敷でしょうか? 3人も見かけました。
桃色の傘の方は、撮影があったようで・・・傘をさしてニッコリポーズを何度もされていましたが・・・撮影が終わったら疾風の如くに去って行かれました。
七福神めぐり・・・shimasiさん、行かれました?京都市内の北から南まで、お弁当も付いてて、安いと思います。
一度、夜の観光をしてみたいなあと思っています。(毎年思ってますが)

投稿: りせ | 2009年1月12日 (月) 17:04

★Taccha~n こんにちは♪
私ね京都にえびすさんがあるの全然知らなくて。大阪のものだと思ってたの。去年初めて行ったのよ~恥しい。

投稿: りせ | 2009年1月12日 (月) 17:08

★munixyuさん こんにちは♪
ピンクの和傘が良いですね~♪
雨も雪も降ってなかったから、撮影用にさされたのだと思います。

投稿: りせ | 2009年1月12日 (月) 17:11

こんばんは。
僕も祇園花見小路へは行った事があります。八坂神社の前の道から一力亭のところを曲がると、まるで映画のセットのようでびっくりします。舞妓さんに出会った時に思わず写真を一緒に撮ってくれるようおねだりをして撮ってもらったことを覚えています。しかし、良く考えたらご迷惑だったかもしれませんね。こちらは物珍しさとちょっと興奮気味な感じでお願いしてしまったのですが、舞妓さんにしてみれば、どちらかへの出勤の途中だったのでしょうからちょっと困った観光客やなあ~と感じたかもしれませんね。
最近NHKの朝の連続テレビ小説が祇園を舞台にしているので見たことある景色がテレビに映っているとちょっと嬉しい気になりますね。でも、リセさんにとってはこんなこと日常茶飯事でしょうからいちいちテレビを見てはしゃいだりしませんよね。
相変わらずまとまりがなくだらだらと長くなりそうなのでここら辺で。もう少し言いたい事をコンパクトにまとめられるといいなあ、と我ながら思ってしまいます。
また明日も楽しみにしてします。ありがとうございました。

投稿: たまちゃん | 2009年1月13日 (火) 01:43

★たまちゃんさん こんにちは♪
遅くなりましたm(_ _)m コメント有り難うございます~♪
私も夕方の6時くらいに一力の前を通った時に人だかりが出来ているのを見て驚いた事があります。一力に出入りする舞妓さん達を待ってらっしゃるんです。観光客は何でも知ってらっしゃる。
外人は花見小路のあたりを「テーマパーク」と思ってるところがあるらしいのです。で、舞妓さんを取り囲んで撮影は当たり前と思ってらっしゃる。・・・前もって知らせてあげれば何て事はないのに。以前光明院で寝そべってる外人が住職に怒られてましたが、引率の日本人が教えれば済む事なのにと思いました。
私だって舞妓さん芸妓さんを見かけたら。。。嬉しい!! やはり真正面からは撮りませんが、追いかけますよ。

たまちゃんさん ご心配無く。。。舞妓さんたちは本当に急いでらっしゃる時は撮影には応じられませんから。
ピンクの傘の芸妓さんはわざわざポーズを皆さんにとって下さいました。

投稿: りせ | 2009年1月13日 (火) 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008年 秋 紅葉の修学院離宮 4 池を一周 | トップページ | 四条大橋界隈 ゆりかもめ »