« 上賀茂神社は世界文化遺産 | トップページ | 日野誕生院 旧奈良街道を行く »

2009年1月17日 (土)

雪と石の庭 善能寺と来迎院 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Dsd_3051a

この写真は・・・去年のです。m(_ _)m  雪の泉涌寺を撮りたくて、訪れた時のものですが、去年は雪が多くて、他のを次々記事にしているうちに春になってしまって。。。
出しそびれていたものです。m(_ _)m

また雪の季節になって・・・出せず終いになっては勿体ないので早々に。m(_ _)m

泉涌寺(せんにゅうじ)の仏殿横の出入口を出た所にあるのが、善能寺と来迎院です。

善能寺 泉涌寺の末寺  洛陽三十三観音 18番札所です。

Dsd_3021a

善能寺は大同元年(806)弘法大師の創建といわれ、元西八条猪熊二階堂町に在り、平城天皇の勅願寺でした。
天文24年(1555)、後奈良天皇の叡慮により泉涌寺山内に移されました。

Dsd_3022a

本尊は観世音菩薩で、また枳尼(だきに)尊天を祀る最初の寺ともいわれ、国稲荷神の本地仏としての信仰があります。
戦後バンダイ号をはじめ航空殉難者のみ霊をお慰めする「祥空殿」を建律し、御回向を続けています。(泉涌寺HPより)

雪の無い季節に門の辺りから覗いただけだったところ。

Dsd_3068a

本堂横(奥)にこんな巨石の庭があるのに気付きませんでした。

Dsd_3033a

特にこの大きな石は亀? (オットセイにも見えるけどm(_ _)m)

Dsd_3045a

やはり重森三玲氏の作庭で、「遊仙苑」というお庭だそうです。

Dsd_3063a

とても立派な石の庭です。

Dsd_3064a

泉涌寺の楊貴妃観音堂の横の宝物館のお庭とよく似ています。

Dsd_3062a

Dsd_3075a

以前に行ってスッカリ忘れていた写真。緑の季節も良いですよ。

Imh_5366a

Imh_5367a

        ---------------------------------------

お向かいの「来迎院」。泉涌寺の末寺 緑の季節の来迎院は記事→こちらです

Dsd_3083a

来迎院 (らいごういん)  日本最古三宝さん ゆな荒神(重文)
弘法大師が唐土で感得した三宝荒神を奉安して開いたと伝えられ、今も大師ゆかりの独鈷水がある。
400年後の健保6年(1218)、月翁智鏡(がっとうちきょう)長老が堂宇を開創して泉涌寺子院としました。

Dsd_3108a

高所に建つ広幅殿荒神堂には、木像荒神坐像一躯・木像護法神立像五躯(共に重文)が奉祀され、古くは皇后宮の安産祈願所となり、現在も信者が多い。また本堂に霊元天皇の御念持仏であった幻夢観音菩薩坐像も祀られている。

Dsd_3094a

なお境内一角に赤穂義士・大石義雄建立の茶室「含翠軒(がんすいけん)」があり、念持仏・勝軍地蔵尊は本堂に祀られている。

Dsd_3103a

この時期、雪でも降らない限り何処へも行きたくない京都の寒さです。

Dsd_3112a

撮り溜めした写真がたくさんあります。アレッという季節外れの花が咲くことがありますが。。。冬枯れの季節に花を添えるかと・・・。いいでしょ。

ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

雪の泉涌寺・・・これが撮りたくて行きました。

Dsd_3137a

|

« 上賀茂神社は世界文化遺産 | トップページ | 日野誕生院 旧奈良街道を行く »

● 泉涌寺と界隈」カテゴリの記事

 1 庭 重森三玲の庭 2」カテゴリの記事

□4【雪の日】 洛北 洛東」カテゴリの記事

コメント

雪と石庭
うんうん
ええですなぁ

投稿: munixyu | 2009年1月17日 (土) 11:36

★munixyuさん こんにちは♪
かなり融けてますが、ここは清水よりも南だからなかなか積もらないのです。石に雪・・・綺麗です。

投稿: りせ | 2009年1月17日 (土) 18:09

こんばんは。
今日もお邪魔してしまいました。善能寺の石庭ですが、巨大な石の中に実際に水が張られている様に写真では見えるのですがどうなのですか?僕の認識不足かもしれませんが、石庭と言うと石ばかりを使い水があるように表現されていると言う話しを聞いたことがあるのですがこの様に本当に水を張った庭もあるのですね。
あと、りせさんは庭を見ただけで作庭師が解るのですか?やっぱりその人なりの特徴と言うものがあるのでしょうか。
僕は琵琶湖疏水あたりに沢山見られる疎水を庭に引き込んで作った小川冶兵衛の庭が好きですが見ただけで彼?の庭だとは解りません。説明書きを見て初めて、ああそうか。と思う程度です。
最後の写真の泉涌寺、屋根に雪が白く積もっているだけではなく雪に建物が煙っている様に見えます。
また、明日おじゃまして早速更新していただいている奈良街道の巻はじっくり拝見させていただきます。

投稿: たまちゃん | 2009年1月18日 (日) 02:43

★たまちゃんさん こんばんは♪
コメント有り難うございます。

>石庭と言うと石ばかりを使い水があるように表現されていると言う話しを聞いたことがあるのですがこの様に本当に水を張った庭もあるのですね。

「枯山水」て書いたお庭の多くは「石」「白砂」「木」「苔」で造られているように思います。水は白砂で表わしていると聞きます。ここは池で水がありましたが主に石の庭でしたので単純に「石庭」と書きました。「石庭」は龍安寺のお庭を特にと指すと書いてありましたので、訂正して「石の庭」にしました。

>りせさんは庭を見ただけで作庭師が解るのですか?やっぱりその人なりの特徴と言うものがあるのでしょうか。・・・説明書きを見て初めて、ああそうか。と思う程度です。

滅相も御座いません。私もそうです。
ただ、すぐ横の泉涌寺の宝物館の横の新しい小さな石の庭 (ここは水が無いです)と石や置き方が似ていましたので、「似ているから同じ作庭家かしら」とその感想を書きました。その部分1行削除致しました。ややこしかったです。

泉涌寺は屋根にうっすら積もった雪。晴れ間に粉雪が舞っています。その日の他の写真には粉雪の無い曇り空のもあります。
曇り空の方が雰囲気は良いのですよ。。。泉涌寺はそちらで見てくださいますように。

毎日調べながら一生懸命作っている個人ブログで、言葉足らずや勉強不足があるかと思います。また何かありましたらメールにて宜しくお願い致します。m(_ _)m

投稿: りせ | 2009年1月18日 (日) 04:10

こんばんわ。
りせさん、とても丁寧な返信ありがとうございます。
あの~どう、切り出してよいのか解りませんが僕のコメントをあまり気にしないでください。僕はほんとに好きでこちらへお邪魔をしているだけの者です。
以前からこちらを拝見していましたが、最近になり見せていただくだけでは申し訳ないように思えてコメントさせていただくようにしました。しかし、僕が気軽にしたコメントによってりせさんのコメントや直接の声が変わってしまったり削除されてしまってはこちらを訪れている沢山の方々に申し訳ありません。
ご丁寧に返信いただけるので嬉しくなってしまい調子に乗ってしまいました。ですから、その、ご感想を戻してりせさんのその時の感想を載せてください。本当に僕はこちらを訪れて見せていただけるだけで充分楽しいですから。これからは気をつけます。

投稿: たまちゃん | 2009年1月19日 (月) 02:07

★たまちゃんさん こんばんは♪
気をつかってくださって・・・申し訳御座いません。
本当に暖かいコメント有り難う御座います。

私はブログを作りながら時々恐くなることがあります。このブログが他人さんから見てどんなに見えるのだろうか・・・。駒札やWikipediaを参考にして、私が勉強しながら作っています。個人の発信ブログなのですが、当初は気儘に京都のことを書いていましたが、何故か自分を出すことが出来ない雰囲気を感じるようになって。。
私ごときが枯山水の説明をすること自体におこがましさを感じてあれ以上のことは書けませんでした。ましてや・・・でして。
たまちゃんさんがもしや「お庭の権威」の方なのかと。。。大変なことを書いてしまった・・・と。大そうな返事を書いてしまいましてたまちゃんさんに 気を遣わせてしまって申し訳ございません。
「石庭」は龍安寺の石庭のことを指すのも初めて知りましたので変えました。ですから感謝しています。心配しないでくださいね。
たまちゃんさん・・・これに懲りずにまたコメントを宜しくお願い致します。

投稿: りせ | 2009年1月19日 (月) 02:55

善能寺の石庭は『重森三玲』作庭です。
4枚目の写真の手前のもっこりとした苔は
飛行機をモチーフとしています。
飛行機事故の鎮魂のため建てられたお堂に由来しています。

投稿: ひでぽん | 2009年1月20日 (火) 06:00

★ひでぽんさん お早う御座います♪
お久しぶりです~♪ いかがお過ごしでした。有り難う御座います。m(_ _)m
「飛行機事故の鎮魂」ってHPで書いてましたが、載せるのは省いてました。
東福寺も近いし。石の形、立ち上げている姿・・・『重森三玲』作庭と似てはいるけれど、何処にも書いてなくて。もしや、東福寺の庭を造ったときに、残った石で造られたのかと思ってました。(宝物館に入ってないからそこに書いてあったのかしら?)
有り難う御座います・・・スッキリしました。

投稿: りせ | 2009年1月20日 (火) 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上賀茂神社は世界文化遺産 | トップページ | 日野誕生院 旧奈良街道を行く »