« 祇園祭・山鉾巡行 1 | トップページ | 祇園祭 宵山にて・・・ »

2008年7月19日 (土)

祇園祭・山鉾巡行 2

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Imm_9518a

京都は連日蒸し暑い日々が続いております。宵々山~山鉾巡行まで(実は18日も)連日出歩いた疲れが今、ドッと出ています。
「祇園祭だ!!」と、気合が入っていた時は疲れを感じなかったのですが、「疲れ、筋肉痛は遅れてやって来る」・・・つくづく年を感じます。
19日は疲れからお昼まで寝てしまいました。なので、「祇園祭・山鉾巡行 1」 「祇園祭・山鉾巡行 2」は夫がつれづれ編を休んで作ってくれました。
 *----------------撮影場所は河原町御池の角です。-----------------*

「2008年 祇園祭 山鉾巡行 2 」
今日2回目の更新、山鉾巡行の後半の16基です。前半は下の記事をご覧ください。

17 菊水鉾 (きくすい鉾)
謡曲「菊慈童」から着想された鉾。魏の文帝の勅使が薬水を訪ねて山に入ったところ少年に出会う。聞けば、少年は700年前に、王の枕を誤ってまたいだのが原因で都を追われた。以後、普門品の偈を甘菊の葉に記しておいたところ露が滴り、この水を飲んで不老長生したという。慈童は、この薬水を勅使に献じた。昭和28年に復興。鉾頭には天に向いた16菊。この鉾に限り「菊水」と篆書が掘り出した額がつく。

Imm_9521a

Imm_9533a 

18 木賊山 (とくさ山)
京都市下京区仏光寺通西洞院西入ル木賊山町の山。世阿弥の謡曲「木賊」から着想され、木賊刈りの老翁が別れた愛児を思いながら舞う場面を表現している。等身大の老翁像は足台に元禄5年(1692)の墨書があり、右手にかま、左手に木賊を持つ。

Imm_9550a

19 伯牙山 (はくが山)
戦後に町会所が無くなったため、綾小路に面した旧家・杉本家の表の間の格子を外し、お飾り場にしている。琴をまえに、斧をもった人形は、中国・晋時代の琴の名手・伯牙。怒りの目、紅潮した両頬は、友人の訃報を聞き、悲しみに打ち震えながら、まさに琴を打ち破らんとしている様を表す。明治になり多くの山が名前を改めさせられているが、この山も「琴破(ことわり)山」から改称した記録がある。

Imm_9557a

20 郭巨山 (かっきょ山)
山には屋根がないのが普通だが、この山は日覆障子を乗せている。金地彩色法相華文の板絵として他の山にない古い形式を残している。名前の由来は、中国の史話にある貧しくて母と子を養えない郭巨が、思い余って子を山に捨てようしたとき、土の中から金の釜が現れ、母に孝養を尽くした話による。人形は、鍬を持つ郭巨と紅白の牡丹の花を持つ童子の2体。

Imm_9559a

21 放下鉾  (ほうか鉾)
鉾の名は真木のなかほどの「天王座」に放下僧の像を祀るのに由来する。鉾頭は日・月・星三光が下界を照らす形を示し、その型が洲浜に似ているので別名「すはま鉾」とも呼ばれる。かつては長刀鉾と同様「生稚児」であったが、昭和4年以降稚児人形にかえられている。稚児人形は久邇宮多嘉王殿下より三光丸と命名せられ、巡行の折には稚児と同様、鉾の上で稚児舞いができるように作られている。

Imm_9572a

辻回しでは、鉢巻を巻いて両車輪の上に二人乗ります。

Imm_9583a 

22 岩戸山 (いわと山)
『古事記』『日本書紀』に記される「国生み」と「天の岩戸」の神話を故事にもつ、曳き山。「天の岩戸」は、素戔鳴尊の乱暴に天照大神が岩戸に隠れられたため、天地は常闇となり、八百万神は安の河原に集まって対策を練り、常世の国の尾鳴鳥を鳴かせ、鏡を鋳造し、500個の勾玉をつくり、天香山の榊を立て、天鈿女命が舞った伝承である。屋形内に、伊弉諾尊、天照大神、手力男命の3体の人形が飾られる。

Imm_9614a

Imm_9616a 

23 船鉾  (ふねぼこ)
『日本書紀』の神功皇后の新羅出船に由来する。屋形内に飾られた神功皇后の人形は、面を着け、頭に天冠を頂き紺金襴の大袖に緋の大口、緋縅の大鎧を付けている。応仁天皇を生んだゆかりから、御神体に、晒を巻いて置き、巡行後に安産祈願の御腹帯として授与する習慣がある。現在の船鉾は、宝暦年間に計画され、天保年間に完成。船頭に「鷁(げき)」と呼ばれる想像上の瑞鳥を飾る。高さ1.3メートル、両翼端2.7メートル。

Imm_9642a

Imm_9652a

24 北観音山 (きたかんのん山)   ここからは、後祭の巡行列となります。
応仁の乱の時代から隣町の南観音山と、1年おきの交代で山を出していたといわれる。隔年にでるというのは例がなく、この両山だけ。もとはかき山だったが、後に曳き山になった。楊柳観音像と韋駄 天立像を安置する。鉾ではないので真木の代わりに真松を立てる。松は、毎年鳴滝から届けられ、籤で所有を決めている。史料には「左三の枝に尾長鳥あり」とあるが、いまは鳩が留まる。北観音山に、尾長鳥が留まっている。

Imm_9679a

25 橋弁慶山 (はしべんけい山)
山の御神体がなにを表すかは一目瞭然。五条の橋の上、牛若丸が軽々とぎぼしの上に飛び上がり、弁慶がなぎなたを構えるシーン。足駄の前歯だけで人形の体を支えるこの躍動感は、とても500年も前の造形とは思えない素晴らしさだ。かき山としてただ1つ、くじ取らずであったことや、山籠、真松もない形式からも、山の中では屈指の古いものであることが分かる。

Imm_9694a

Imm_9700a 

26 黒主山 (くろぬし山)
油天神山が梅なら、こちらは桜を松と共に飾り、華やいだ雰囲気をかもす。謡曲「志賀」のなかで、六歌仙の1人、大友黒主が志賀の桜を眺めるさまをテーマにしている。杖をつき、白髪の髷(まげ)の翁の人形は、いかにも品格がある。失火で町家(ちょういえ)を失ったのを機に、5階建てビルにし、祭りのときだけ町会所にするのは時代をさきどりしたと話題になった。山を飾る桜の造花は、家に悪事を入れないお守になる。

Imm_9704a

交差点で2回まわって、観客は大喜びです。

Imm_9714a

27 八幡山 (はちまん山)
八坂さんの祭りに石清水八幡をまつるのは不思議だが、当時それだけ八幡さんが信仰されていたあかしだろう。社殿は江戸時代後期天明年間の作と伝えられる総金箔押しの華麗なもの。前面の鳥居の笠木のうえに、向かい合って八幡さんのシンボルの鳩が2羽、止まっているのが愛らしい。[こちらも負けじと2回まわります]

Imm_9730a

28 鈴鹿山  (すずか山)
鈴鹿山は、旧東海道の難所・鈴鹿峠をいう。畿内と東国を結ぶ要衝として、歴史上のエピソードも多い。商人を狙う盗賊が多かったことが、鬼が出る、に転化したようだ。この山の神・鈴鹿明神(瀬織津姫命)の伝説も鬼退治のおはなし。大なぎなたを手に、立て烏帽子の女神の姿がりりしい。

Imm_9742a

29 役行者山 (えんのぎょうじゃ山)
鈴鹿山と共に山鉾町最北の山。役行者(えんのぎょうじゃ)は自ら修行するだけでなく、庶民の中に入って医療などにつとめた僧。古くから民衆に人気があった。人形3体はその役行者をまん中に、鬼の顔の一言主神、葛城女神。三者の関係はさだかではないが、者が大峰山と葛城山のあいだに橋を架けようとして、鬼を使ったとの伝説によるらしい。人形が多いだけ山のサイズも最大級。[この山は3回もまわって大喝采を浴びました]

Imm_9750a

30 鯉山 (こい山)
前掛けや見送りは16世紀のベルギー製のタペストリーで、重要文化財に指定されている。ギリシャの叙事詩に題材をとって人物や風景が描かれており、山鉾きっての貴重なものだ。人物でなく、魚をテーマにするのは山のなかで唯一。竜門の滝をのぼる鯉は竜になるとの言い伝えで、木製の鯉が勢い良く水しぶきを上げる様は勇壮。

Imm_9768a

31 浄妙山 (じょうみょう山)
橋弁慶山に似て、アクロバティックな人形の姿が人目を引く。宇治橋の上、宇治川の合戦。一来法師が三井寺の僧兵・浄妙の頭上を飛び越して先陣をとった故事にちなむ。揺れる山の上で人形の上にさらに1体を乗せるのは強度の点で難しいが、1本の木で上下を繋ぐアイデアは素晴らしい。上下の人形を、上さま、下さまと呼ぶのもゆかしい。浄妙のよろいは室町時代のもので、重要文化財。

Imm_9772a

この山は先導も担ぎ手も外人です。

Imm_9781a

32 南観音山 (みなみかんのん山)
俗に「北観音山の観音様は男だが、南観音山は女性なので、南では宵山の夜更けに翌日の巡行の無事を祈って“あばれ観音”の行をされる」といういい伝えがあり、「あばれ観音」の別名がある。楊柳観音像と善財童子像を安置する。楊柳観音は、三十三観音の筆頭とされ、姿を変えて、手に柳を持ち薬師観音と同様に衆生の苦難を救う。この山の楊柳観音は頭から袈裟をつけ趺座(ふざ)する。

Imm_9808a

Imm_9823a

以上で32基すべての紹介でした。前半の16基は下を御覧下さい。

※宵山の様子、新しいイベント、屏風祭り、そして私の撮った山鉾巡行と「祇園祭」はまだまだお届けします。宜しく・・・見てくださいね。
 猛暑が続いております。皆様ご自愛くださいませ。

いつも励ましの応援クリック有り難うございます。今日も宜しくお願い致します。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

御池通を西に行く南観音山を見送ります。

Imm_9841a 

|

« 祇園祭・山鉾巡行 1 | トップページ | 祇園祭 宵山にて・・・ »

□ 2008 宵山 祇園祭 2」カテゴリの記事

コメント

まあ
これだけたくさんみてると
そりゃあ疲れるでしょ

投稿: munixyu | 2008年7月20日 (日) 11:25

★munixyuさん こんにちは♪
行列の途中で帰るなんて出来ませんでした。
2日休むと怠けグセがつきました。

投稿: りせ | 2008年7月20日 (日) 12:39

いやぁ・・・見たかったです!!
今、京都の四条烏丸ですが・・・やはり「曳山巡行」はしていません・・・当たり前ですが

この今日36℃の暑い中・・・
嵐山⇒嵯峨野⇒北山と歩いてきました。

暑いですが・・・天気の良いのは気持ちいいものです

凸(^o^)bポチどすぅ

投稿: good_tom in Kyoto city | 2008年7月20日 (日) 16:34

こんばんは、編集が大変でしたでしょうね~!りせさんのブログを見ながら祇園祭の思い出に浸ってます。

投稿: shimasi | 2008年7月20日 (日) 17:31

★good_tomさん こんにちは♪
応援有り難う御座います。私も留守中しておきましたよ。今、京都なのですね。暑いでしょ。。。
嵐山⇒嵯峨野⇒北山・・・なかなか良いコースですね。
蓮の花が綺麗そう・・・♪

投稿: りせ | 2008年7月20日 (日) 17:58

★shimasiさん こんにちは♪
写真を見ていると・・・やっぱり良いなあ~って思いながら楽しんでます。

投稿: りせ | 2008年7月20日 (日) 18:00

今日の関東地方は風がありいくぶん涼しかったです。

TVで関西猛暑を見てびっくりしました。

無理をせず体調には十分気をつけてください。

応援ポチ!

投稿: レーシック不要!視力回復法! | 2008年7月20日 (日) 21:57

★レーシック不要!視力回復法!さん こんばんは♪
今日の京都は37度を越えて凄かったようですね。家から一歩も出なくて良かった。。。
これから気温がどうなるでしょうか・・・思いやられます。応援有り難うございます。

投稿: りせ | 2008年7月21日 (月) 01:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祇園祭・山鉾巡行 1 | トップページ | 祇園祭 宵山にて・・・ »