« 三千院 往生極楽院と石楠花 | トップページ | 五月 新緑の八坂神社 »

2008年5月 2日 (金)

三千院 花の境内

Imm_0355b

今日は最後の三千院です。わらべ地蔵さんのある辺りから、金色不動堂、観音堂、あじさい苑へと足を伸ばします。石楠花の他に八重桜、枝垂桜、山吹、シャガと春の花が迎えてくれました。苔に埋もれそうな「わらべ地蔵」さん。

Imm_0369a

Imm_0362a_3

右の大きなお顔の童地蔵さんに手足があったのを発見。腹ばいになって、両手で顔を支え、足は背中の方に上げて・・・赤ちゃんのポーズです↓。ご存知でしたか?

Imm_0352a_2
m

Imm_0358a

弁天池の横を上がって行くと・・・。

Imm_0380a

弁財天へと続きます。この辺りは新しく出来たようです。

Dse_1925a

弁天様の後姿です。

Imm_0490a

金色不動堂
三千院の祈願道場として、平成元年四月建立されました。本尊は、智証大師御作と伝えられる金色不動明王で、秘仏となっています。

Imm_0390a
m

Imm_0412a

金色不動堂と石楠花です。

Imm_0417a_2

右手の階段を上ると観音堂があります。

Imm_0423a

観音堂の横には八重と枝垂桜が満開でした。

Dse_1950a

八万四千体の観音さまの奉納運動で、願いが込められた小さな観音様が並んでいます。

Imm_0440a
m

Imm_0442a

紫陽花の時期には数千株が咲き誇る紫陽花苑です。

Imm_0488a

三千院は広い境内を有し、お茶の無料接待や茶店もあって散策路としても楽しいところです。

Dse_1938a

呂川と律川。
「呂律(ろれつ)が回らない」との表現は短調の呂曲・長調の律曲からなる声明から派生したものですが、大原の二つの川にこの名を冠していることからも、この地が声明の本拠であることがわかります。(以前に紅葉の大原の記事で書いたものです、大原は何度も記事にしていますから、■目次9 大原」で見てくださいね)。

律川の流れです。紅葉の時期が楽しみです。

Dse_1982a

売炭翁石仏  (律川沿いにあります)
鎌倉時代中期の石仏で、俗に「大原の石仏」といわれています。高さは2.25m。
「欣求浄土」(ごんぐじょうど)を願ったこの地の念仏行者たちによって作られたもので、往時の浄土信仰を物語る貴重な遺物です。
売炭翁とは炭の生産販売に従事する人々のことで、このあたりは小野山の中腹に位置し、昔は炭を焼く炭竈があった所から売炭翁旧跡と伝えられています。

Dse_1981a

紫陽花苑をグルッと廻って朱色の朱雀門に戻って来ました。

Imm_0505a

Imm_0498a

最後にもう一度、往生極楽院を見て三千院とはお別れです。

Imm_0503a
m

Dse_2002a

いつもクリック有り難うございます。今日も忘れないでね。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん

ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

Imm_0386a

|

« 三千院 往生極楽院と石楠花 | トップページ | 五月 新緑の八坂神社 »

 1 三千院」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!頭だけのお地蔵さんと思ったら、ちゃんと体が・・・よかった~!苔むしたお地蔵さんみんな可愛らしいお顔をしてますね。両手を合わせて首をちょっとかしげていらっしゃるお地蔵さんが特に可愛らしいです。ここはいろんな花木があって散歩にいいですね。

投稿: shimasi | 2008年5月 2日 (金) 09:43

緑のジュータンみたいな感じが
いいねぇ

投稿: munixyu | 2008年5月 2日 (金) 11:20

ほとんど毎日のように拝見しております。
有難うございます。
今日のラストの写真にはめずらしくもリセさんの横顔が写っており、貴重な一枚です。(いつもはほとんど「後姿」なのに……)
手術の予後もよろしいようで何より。
無理をしないで是非長続きさせてください。

投稿: nannnimo_sennmu | 2008年5月 2日 (金) 13:28

雪の三千院もいいけど
新緑の三千院も緑がきれいでいいですね
うすピンクの八重桜は上品でかわいいなぁ
宝ヶ池も懐かしく拝見しました。
ここには想い出がいろいろあります。
綺麗にスクロールしてましたね

投稿: ナビ | 2008年5月 2日 (金) 18:12

★shimasiさん こんにちは♪
大きなお顔のお地蔵さん、実はちょっと恐かったのです。ニョッキリ顔が生えているようで・・・胴体があって良かった。
三千院は拝観料が高いのですが、見どころが色々あると思えば、いいかなあ・・・と思います(いろんなお寺がありますしねえ)

投稿: りせ | 2008年5月 2日 (金) 18:22

★munixyuさん こんにちは♪
これから緑のジュータンがもっと色を増しますね。
ん、綺麗ですね!

投稿: りせ | 2008年5月 2日 (金) 18:27

★nannnimo_sennmuさん 初めまして♪
コメント有り難うございます☆ アッ見つかりましたか、、
花も恥らう年は遠~~~の昔にどこかに行ってますので、その他大勢の中に入っています。保存版でブログを置いておいたら、そのうち自分で懐かしさが出てくるかも・・・と、お見苦しいですが時々登場しています。
胆嚢を取ったら何か支障が出るかと思ったのですが、何事も無く過ごしています。有り難うございます。
以前は「更新を無理してる」ってところがあったのですが、このごろは楽しんで作っています。毎日のように見てくださって・・・有り難う御座います。これからも宜しく。

投稿: りせ | 2008年5月 2日 (金) 18:43

☆ナビさん こんにちは♪
八重桜は豪華ですね。色も優しくて可愛くて。
宝ヶ池は京都市民としては、小学校の遠足から始まって・・・まあ、青春時代の想い出の場所でもありますねえ。ボートに乗ったり、池の周りを散策したり・・・ナビさんもですか? 私も想い出はいっぱいあります。
スクロール・・・ホント、上手く作ってますね。夫に拍手です。

投稿: りせ | 2008年5月 2日 (金) 18:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三千院 往生極楽院と石楠花 | トップページ | 五月 新緑の八坂神社 »