« 南禅寺とその界隈 | トップページ | 御所 出水の小川は桜満開 »

2008年4月22日 (火)

伏見 松本酒造と菜の花

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。写真は全て拡大します。

Img_5631a

桜の京都をちょっとお休みして・・・。
伏見 松本酒造の菜の花と仕込み蔵の風景です。

Dse_0219a

松本酒造
寛政3年(1791)、東山七条にて商号を「澤屋」として酒造業を創業。大正11年伏見の地に名水を求め現所在地に酒造場を増設・拠点としました。近代化産業遺産
平成19年(2007)11月に経済産業省が新設した「産業遺産」に認定されました。

Dse_0223b

Dse_0222a

八角形のレンガ造りの煙突が象徴です。

Dse_0182a

伏見酒造組合のサイトはこちらです。

Img_5633a

この景色が壊されることがないように。懐かしさを感じる風景・・・いつまでも。

Dse_0213a

Dse_0173a

何もかもが止まったよう。

Img_5651a

Dse_0188a

Img_5678a

河原は春。

Dse_0120a

松本酒造の主な商品は「日出盛」、「桃の滴」、「澤屋まつもと」。「桃の滴」は「近代化産業遺産」の認定記念酒。下は昔の門です。

Dse_0230a

明日はまた桜の京都に戻りますからね。

Dse_0215a

いつもクリック有り難うございます、今日も宜しく。明日も見てくださいね。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん

ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

松本酒造の「日出盛」のミニ酒樽もあります。(伏見の京都銀行に飾られています)

Dse_0231a

Dse_0231b

|

« 南禅寺とその界隈 | トップページ | 御所 出水の小川は桜満開 »

■散策2 伏見 酒蔵」カテゴリの記事

 1 近代建築を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!酒蔵と菜の花、いつ見てもいい風景です。癒しの風景、大好きです。ほんと毎年この風景が見られますようにですね。「桃の滴」可愛い名前のお酒。今度京都に行ったら酒屋さんを覗いてみたいです。

投稿: shimasi | 2008年4月22日 (火) 11:05

酒蔵かあ
めずらしい風景ね♪
いいねぇnotes

投稿: munixyu | 2008年4月22日 (火) 11:22

★shimasiさん こんにちは♪
菜の花がちょっと問題なのですよ・・・凄く早く刈り取られているようなのです。一面菜の花が撮りたいのですがなかなか上手くいきません。酒蔵は残ってゆくようで安心しました。
「日出盛」は昔から有名ですが、「桃の滴」・・・可愛い名前に魅かれて私も買ってみます。

投稿: りせ | 2008年4月22日 (火) 11:52

★munixyuさん こんにちは♪
珍しく絵文字入りですね、munixyuさん日本酒好きさんですか?bottle
この風景良いでしょ・・・河原に座ってずっと眺めていたいです。

投稿: りせ | 2008年4月22日 (火) 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南禅寺とその界隈 | トップページ | 御所 出水の小川は桜満開 »