« 龍源院 大徳寺・塔頭 | トップページ | 維新の道 1 坂本龍馬のお墓から市内を望む »

2007年10月10日 (水)

高桐院 大徳寺・塔頭

Dsc09254a

高桐院  大徳寺塔頭。
1601年(慶長6)に「利休七哲の一人」といわれた細川忠興(三斎)が父の藤考(幽斎)の菩提寺として建立したものです。
三斎は茶人としては利休七哲の一人といわれる名手で、当院の書院は利休の邸宅を移築したものといわれる。茶室「松向軒」は秀吉の北野大茶会に用いられたものを移したと伝えられています。
境内には三斎とその夫人ガラシャの墓、近世初期の歌舞伎踊りの名手の名古屋山三郎と出雲阿国の墓がある。
寺宝の李唐筆「絹本墨画山水図」2幅は南宋初期山水画の名作で国宝。

撮影は2004年7月。大徳寺の塔頭をいろいろ廻って最後にやって来たのが4時前、開いていたのは小さな入り口だけ。

Dsc09275b

紅葉の頃はこの緑の苔の上に散った紅葉の葉が綺麗に敷き詰められます。

Dsc09238a

拝観者はもう誰も居ませんでした。

Dsc09239a

「今更何でこんな古い写真で」って思われそうですね。ホームページの写真集では既に入っているのですが、ブログはホームページの付録のつもりでしたので忘れてました。

Dsc09271a

今はこちらが「主」。ホームページが「お荷物」になってます。だからややこしい。
紅葉の頃はここが人で溢れるのでしょうね。

Dsc09266a

赤い毛氈が緑に映えて綺麗です。

Dsc09253a

閉門まで30分(でしょ?)。時間はたっぷり(でしょ?)。うろうろしてお抹茶茶碗片付けられるのを待っているうちに・・・お坊さんに障子も閉められてしまって・・・お決まりの「正面から灯篭の写真」が撮れませんでした。あ~~まだここに一人残っているのに。

Dsc09246a

ここは、撮影禁止にはなってないと思いますが、昨今の京都ブームで「撮影禁止」のお庭が増えていますので、古い写真が貴重になってます。

Dsc09251a

もしかしたら閉門は4時? 3年前のことだから、記憶があやふや。

Dsc09257a

Dsc09258a

Dsc09260a

写真だけになってしまってます。

Dsc09265a

次回はゆっくり見て回れるように余裕を持って訪れます。その時は大切な所を忘れず撮ってきますね。

Dsc09268a

今日の写真、今までにブログでも紹介しているのも少しあるかも知れません。重複してたらゴメンナサイ。

Dsc09269a

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
      是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

紅葉の頃の写真を1枚。この狭い道が大変なことになります。往く人、帰る人、写真を撮る人・・・。誰も居ない写真、驚きでしょ、閉門で皆が出て来られるのを最後まで待ってこれだけを撮りました。
・・・この写真の撮影時間が4時9分。と云うことは閉門は4時!! 知らぬ事とはいえ、拝観してしまってました。(拝観料は勿論払ってますよ)。閉門時間確認を怠り無く。

Dsc13368a

|

« 龍源院 大徳寺・塔頭 | トップページ | 維新の道 1 坂本龍馬のお墓から市内を望む »

● 大徳寺・塔頭 今宮神社」カテゴリの記事

コメント

人の居ない写真を撮るにはそういう手がありましたか。
でも秋は日が暮れるのが早いし、チャンスは一日に一回だけですね。

投稿: twinmount | 2007年10月10日 (水) 19:57

★twinmountさん こんばんは♪
朝が苦手、開門一番乗りなんて無理無理!。
この手がオススメです。誰も写ってませんが残って撮ってる人は多いのですよ。

投稿: りせ | 2007年10月10日 (水) 22:53

ご無沙汰。千利休切腹の間で、茶器の撮影しました。わざわざそんな所でって思っていました。何か写ってたら怖いしね。

投稿: タケポン | 2007年10月11日 (木) 18:32

こんばんは、りせさんの写真から、苦労がしのばれます。楽してみている私はクリックでしかお返しが出来ません。高桐院の横は、今宮神社に行くときよく通りました。私は五月の青葉の季節の頃行きました。綺麗なお寺ですよね。竹林や赤い毛氈絵になります。細川ガラシャ夫妻や出雲のお国のお墓、利休さんのもと邸宅、見所いっぱいのお寺ですもの。人気があるのわかります。でも、まだ見学者がいるのに閉館のお仕度。それはないですよね~。

投稿: shimasi | 2007年10月11日 (木) 19:38

★ご無沙汰タケポンさん こんばんは♪
高桐院って何かといろいろ歴史のものがあるのですね。切腹の間があるのですか。恐・興味ある・・・でも一般が撮影出来ますか? この時はただ順路通りにサッサと歩いてきただけで、庭しか見てませんでした。

投稿: りせ | 2007年10月11日 (木) 21:19

★shimasiさん こんばんは♪
人の顔が大きく写ってたら使えませんから、ボーっと待ってることが多いですよ。クリックが何よりの励みです。宜しく。
3年前の記憶だからハッキリしませんが、受付の人は何も仰らなかったのでしょうね。お片づけの人は時間が来たからサッサと片付けられたのでしょうね。拝観料分見てないんですよね。
閉門時間4時半、5時というところが一般的だから、思い込まずに気をつけないといけませんね。

投稿: りせ | 2007年10月11日 (木) 21:33

撮影用に入らせてもらいました、って言うより無理にそこで撮影するように指示されました。高桐院住職の名刺頂きました。坊主も名刺有るのですね(笑)

投稿: タケポン | 2007年10月13日 (土) 20:58

★タケポンさん こんばんは♪
やっぱりそうでしょうね。一般には見れないと思います。
名刺は万国皆共通ですね。

投稿: りせ | 2007年10月14日 (日) 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 龍源院 大徳寺・塔頭 | トップページ | 維新の道 1 坂本龍馬のお墓から市内を望む »