« 松ヶ崎「法」の山から宝ヶ池 | トップページ | 夕暮れの宝ヶ池とエスタンピーダ »

2007年8月 7日 (火)

国立京都国際会館

Imj_9475a

松ヶ崎の大黒天から「法」(東山っていうらしい)の山に登り、、、北に上がって宝ヶ池にやって来ました。地図です。
京都では北に行くことを「上がる」といいます。
京都駅の近くにある「東寺の五重塔のてっぺん」の高さ(約57メートル)が今出川通りだったか北大路通りと同じですから、京都駅からは60ー70メートル高いところです。
だから京都市内では南と北で気象が少し違うのです。自転車も辛い。

Imj_9430a

地下鉄が「国際会館駅」まで延びて、京都市の北は便利になりました。
駅を上がればそこは「京都国際会館」です。

Imj_9434a

京都国際会館にあるイベントホールです。宿泊所もあります。

Imj_9438a

国際会議が開かれている時には、このポールには各国の国旗が掲げられます。

Imj_9521a

国立京都国際会館   公式サイトです。
1966年、日本で最初の国立の会議施設として開設されました。
建物デザインの設計は大谷幸夫氏。合掌造をイメージした斬新なもので当時話題になりました。今でも新鮮です。

Imj_9445a

京都議定書を採択した「地球温暖化防止京都会議」や国連軍縮会議、国際電気通信連合全権委員会議、国際捕鯨委員会科学委員会及び総会、ワシントン条約締約国会議、世界遺産委員会、アジア欧州会合(ASEM)など重要な国際会議がここで行われています。

Imj_9523a

京都議定書(きょうとぎていしょ、英: Kyoto Protocol)
気候変動枠組条約に基づき、1997年12月11日に京都市の国立京都国際会館で開かれた地球温暖化防止京都会(第3回気候変動枠組条約締約国会議、COP3)での議決した議定書である。正式名称は、気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書(英 Kyoto Protocol to the United Nations Framework Convention on Climate Change)。Wikipediaより。

Imj_9447a

会議は開かれていなくて閑散としています。正面は「宝ヶ池プリンスホテル」。

Imj_9513a

お昼時でレストランに入りました。勿論?お客は私達だけ。

Imj_9512a

会議中は人で溢れるのでしょうが・・・

Imj_9468a

お土産屋さんも開店休業状態でしたよ。

Imj_9471a

館内は・・V・V・V・・です。

Imj_9472a

ちょっとお庭に出てみます。TOPの写真も。

Imj_9508b

私は「国際会議場」と呼んでいました。正式には「国立京都国際会館」と言うらしい。どうも「京都会館」と紛らわしい。

Imj_9510a       

Imj_9478a

Imj_9506a

Imj_9481a

Imj_9488a

Imj_9489a

Imj_9502b

地下鉄国際会館駅へは地下通路で繋がっています。向こうに見えるのは比叡山。

Imj_9534a

Imj_9535a

地下通路の中央です。

Imj_9539a

駅にあったパネルです。京都国際会館の敷地と宝ヶ池・・・広いですね。

Imj_9538a

周りの公園では夏休みの子供達。

Imj_9552a

続いて「宝ヶ池」に行きます。  周囲1.5キロの大きな池です。

◆いつも御覧いただき有り難うございます、クリック是非よろしくお願いします。

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
      是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

Imj_9531a

|

« 松ヶ崎「法」の山から宝ヶ池 | トップページ | 夕暮れの宝ヶ池とエスタンピーダ »

■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松ヶ崎「法」の山から宝ヶ池 | トップページ | 夕暮れの宝ヶ池とエスタンピーダ »