« 黄昏の石清水八幡宮 | トップページ | 名残の夏 清滝川の涼 »

2007年8月29日 (水)

麻田浩展を見に行く

Dsc01060a

「心の原風景を求めて・没後10年 麻田 浩展」を見てきました。
この頃美術館には行ってなかったのですが、この絵画展だけは必ず見に行こうと思っていました。ちょうど今日は日差しも少し和らいだので「京都国立近代美術館」に出かけてみました。

上の写真は「京都市美術館」。その向かいにあります。近代美術館の公式サイト

Dsc01041a

作品はこちらのサイトに少し載っています。
とても魅かれていた絵でしたから、亡くなられた事を知った時はショックでした。

Dsc01045a

重くて深くて、私には理解出来ない作品ですが「凄い」です。見に来て良かったと思われると思います。
凄く細かい絵だから細部までじっくり見て歩いて、1時間半以上かかりました。
2階、4階の会場も麻田浩氏と関係のある「新制作展」です。今日は時間が無くて、、券が残っていますので会期中に行って来ます。下は1階のショップです。

Dsc01049b 

展覧会図録とともに、表紙絵だった「ゼロの焦点」が積まれていました。

会場内の様子は公式サイトのこちら「番号1~18」で見ることが出来ます。

Dsc01046a

会場は3階になります。会期は9月17日(月・祝)までです。空いています。

Dsc01072a

                  *--------------*---------------*

この景色は今、京都市のポスターに使われています。「日本に京都があってよかった」というのだったかしら。階段から見た景色です。

Dsc01062a

平安神宮の大鳥居、左は比叡山です。

Dsc01061a

右に振って、疏水です。京都駅方面行きのバス停が見えます。

Dsc01064a

市バスが来ました。

Dsc01070a

Dsc01056a

ウェスティン都ホテルが見えます。

Dsc01069a

  ---------------------------------------------------------------- 
    ランキングに参加してます。更新の励みになりますのでクリックよろしく 

      是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

京都市美術館では「フィラデルフィア美術館展」。美術館の公式サイトです。

Dsc01031a

|

« 黄昏の石清水八幡宮 | トップページ | 名残の夏 清滝川の涼 »

■散策・11' 美術館 岡崎界隈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄昏の石清水八幡宮 | トップページ | 名残の夏 清滝川の涼 »