« 白沙村荘 2 | トップページ | 真夏の哲学の道をのんびり 2 »

2007年8月23日 (木)

真夏の哲学の道 そぞろ歩き1

Imk_2403a

白沙村荘の敷地にあるNOANOAでお昼を食べて、哲学の道に向かいました。

Dsc70540a

Imk_2316a

Imk_2333a

今回は道すがらの撮影です。

Imk_2356a

銀閣寺に近いお店はオープンしてましたが、静かな雰囲気の中のそぞろ歩きです。

Imk_2360a

季節外れの哲学の道。とってもスッキリした道になってます。

Imk_2363a

疏水沿いの雑草が刈り取られているのです。

Imk_2378a

風車のお店は開いてます。

Dsc70673a

Dsc70663a

向こうに見えるのは幸せ地蔵尊。

Imk_2382a

この外人さんとずっと一緒だったみたい。

Imk_2406a

百日紅ももう終わりかけでした。

Imk_2414a

右におなじみのお地蔵様が見えます。

Imk_2417a

今は静かな哲学の道です。

Imk_2422a

Dsc70667a   

お休みみたいですが、営業しています。

Imk_2425a

Imk_2437a

西田幾多郎の歌の碑、「人は人 吾は吾なり とにかくに 吾が行く道を 吾は行くなり」。・・・いつも見過ごしていました。

Imk_2439a

Imk_2441a

Imk_2442a
m

Imk_2444a_2

もうすぐ法然院への道ですが先日紹介しましたから今回は行きません。哲学の道はまだ続きます。  夏の哲学の道・・・ひっそり、ゆったりしています。         

◆いつも御覧いただき有り難うございます、今日もクリックよろしくお願いします。

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
      是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

Imk_2380a

|

« 白沙村荘 2 | トップページ | 真夏の哲学の道をのんびり 2 »

■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い)」カテゴリの記事

コメント

産まれたばかりは若王子に住んでいたらしく、哲学の道は毎日父の背に揺られながら、通っていたそうです。当寺のモノクロの写真が残っています。その時に西田先生と良くすれ違って話をしていたそうですよ。

投稿: タケポン | 2007年8月25日 (土) 10:55

★タケポンさん こんばんは♪
今旅行中ですが、ネットが使えますのでお返事させて頂いています。
やはり先生も散策してらっしゃったのですね。
私も昔は歩きました(デートで)哲学していませんが。お店なんか全然無かったし、所々うっそうと繁っていたり、無人らしい民家があったり、怖い感じもあって、京都人だけが知っている、、、って感じだったのですが。
銀閣寺用の大きな駐車場があるから、ツアーの押し寄せる全国区ですね。

投稿: りせ | 2007年8月25日 (土) 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白沙村荘 2 | トップページ | 真夏の哲学の道をのんびり 2 »