« 東寺 2 (教王護国寺) | トップページ | 観智院 東寺の塔頭 武蔵の絵 »

2007年5月25日 (金)

東寺 3 (教王護国寺)

Imj_2946b

東寺 真言宗の総本山。場所はここです。
京都の寺院を巡っていて、私の行き着くところは「庭園の美」かしらと思っていました。
次はサツキの頃に、睡蓮の頃に、紅葉の頃に・・・と美しく装いの変化を見せる庭園こそが私が求めているもののように思っていました。

「仏像は彫刻」、そういう感じで見ていたかもしれません。数多くの寺院を巡って 今まで特に心に響いた像はありませんでした。
ずっとここに座っていたいと初めて思ったのが、この金堂の「薬師如来像」でした。

金堂 (国宝) 桃山時代
金堂は東寺一山の本堂で、延暦15年(796)創建。文明18年(1486)の土一揆で焼失。今の堂は豊臣秀頼が発願し、慶長8年(1603)竣工。
天竺様の構造法を用いた豪放雄大な気風のみなぎる桃山時代の代表建築。(パンフレットより)   南大門から見た正面の金堂です。

Imj_3051b

後側

Imj_2965b

金堂の内部自体がかもし出す雰囲気がなんといえなく荘厳。薬師三尊像の素晴しさというや・・・特に「薬師如来像」。前に何時間でも座っていたいと思いました。

Dsc08213b 薬師三尊像・・・十二神将に支えられた台座に座した「薬師如来像」を中心に、左右に「日光菩薩」、「月光菩薩」の脇侍菩薩立像。
金堂の中の売店で小学館の「古寺を巡る・東寺」を買いました。
その中から「薬師如来像」の拝借写真です。
像高・290センチって書いてますが、どこまでの高さでしょうか。
とても大きくて下から見上げますから、お顔は違って見えます。
薬師如来・・・庶民の病苦を癒し、悪霊を払う。

Dsc08001a

講堂 (重文) 室町時代
東寺の創建時には無かった講堂は、天長2年(825)弘法大師によって着工。
文明18年(1486)の土一揆で焼失。現在の講堂は延徳3年(1491)再興。
大日如来を中心に五大明王(国宝)、四天王、梵天、帝釈天の21体の仏像を安置。この配列は密教の教えを表現する立体曼荼羅(極楽浄土)といわれる。
「ブログで楽しんでください」と言ってる私ですが、来られる事をお薦めします。

Imj_2966b

「三十三間堂」の1001体の仏像も好きです。
「東寺」も「三十三間堂」もポピュラー過ぎて修学旅行生用だなんて思ってましたが、私にも「会いたい仏様」が出来ました。

Dsc08054a

Dsc08003a

金堂から五重塔

Imj_2968a

五重塔 (国宝) 江戸時代。中に「不動明王」

Imj_2925a

Imj_2930a

Imj_2919a

Imj_2954a

庭園には四季を通じて花が見れるようになってます。

Imj_2959a

Imj_2960a

Imj_2929a

睡蓮開花までもう少し。カエルは作り物だと。

Imj_2977a

Imj_3043a

北門を出て観智院へ。
明日は、一乗寺下り松の吉岡一門との決闘の後、復讐を恐れた宮本武蔵が3年間住んだ「観智院」です。

Imj_3042a

◆ 京都好きの方はクリック忘れないで下さいね。 ホンマに。

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
     是非よろしく→    こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへよろしく
  ----------------------------------------------------------------

Imj_2963a

|

« 東寺 2 (教王護国寺) | トップページ | 観智院 東寺の塔頭 武蔵の絵 »

● 東寺 塔頭 界隈」カテゴリの記事

コメント

東寺は僕も行ったことあります♪
最後の測光を利用した写真はいいですね☆彡

投稿: ゆぅご | 2007年5月25日 (金) 02:35

★ゆぅごさん こんにちは♪
小学生のころ当然に行ってると思うのですが、その記憶はなくて。
最後のシルエットの塔ですか?有り難うございます。

投稿: りせ | 2007年5月25日 (金) 12:08

こんにちは。

東寺の今を詳しくご紹介いただきありがとうございました。
北門を出たところにある学校に高校時代3年間通っていました。

懐かしい場所です。

投稿: 京都出身の伊丹市民 | 2007年5月26日 (土) 11:35

★京都出身の伊丹市民さん こんにちは♪
もっと早く行くべき寺院でした。
まとまりがつかないまま、更新しましたが楽しんでいただけましたか。
良い学校ですね。行ったのは土曜日の午後。生徒達の声や音楽が聞こえていました。東寺は高校の庭みたいなものですね。

投稿: りせ | 2007年5月26日 (土) 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東寺 2 (教王護国寺) | トップページ | 観智院 東寺の塔頭 武蔵の絵 »