« 熊野神社 八ッ橋発祥の地 | トップページ | 花の寺 勝持寺 »

2007年4月26日 (木)

都をどり 行って来ました

Dsc06832a 

「都をどり」に行って来ました。
Kさんからいただいた券です。有り難う♪ 5-6年ぶりです(この時もヤッパリいただきました・・・自分で買ったことはありませ~ん)。
着物で・・・とはいきませんが、おしゃれして出かけましたよ。

花見小路は都をどり一色。

Dsc06755a

祇園甲部歌舞錬場

Dsc06760a

Dsc06762a

宮川町の舞妓さんも来てらっしゃいました。

Dsc06806a

「京ことば」というか「京都弁でしゃべって」と言われれば、地方出身の舞妓さんも真っ青なほどしゃべれるとは思いますが、この頃聞く機会が無くなって・・・ネット中毒やってないで外で人と会話しなくちゃいけませんねえ。
祖母、母から受け継いだ京ことば(京都弁)も我が家では私でお終いでしょうね。勿論息子も京都弁には違いありませんが、そこはちょっと女の言葉とは違いますしね。
それに大きな声では言えませんが・・私、男の京都弁好きじゃないのです、きしょく・・以下自粛。

待ち時間はここで。お庭があります。

Dsc06808a Dsc06814a

Dsc06827a

このごろ京都の良さをしみじみ感じているのですが、、、、
でも・・・京都といえば「はんなり・まったり」などという言葉で表すのを聞くと、、、
これも大きな声では言いませんが・・・そうかなあ~?京都ってそんなイメージかなあ~。
そういう面もあるけれど・・・京都といえば「革新で、新しモノ好き」・・・いつも前進、これですよ!。特に私の年代では。。。。。引いてしまわれた方おられますでしょうか。
古都には違いないし、観光都市で生きるのが京都かも知れないけれど・・・私には・・・

舞台の始まる前に、お茶席で一服。

Dsc06834a

さあ、いよいよ始まります。
「みやこおどりわぁ~♪よ~いやちゃあぁ~♪」これを聞かなきゃ。
舞台はちょうど1時間。テキパキ、スムーズです。

Dsc06844a

春夏秋冬の美しい京都をバックに艶やかに。

Dsc06848b

こういうの大好きです。ほんと、綺麗。

Dsc06849a

有り難うございました、きこさん。堪能しましたよ。

-------------------------------------------------------------
1日も休まず更新し続けています、1日1回の応援クリックお願い致します
        よろしく♪にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

ギオンコーナーに入ってみました。かんざしの展示です。毎月違います。

Dsc06767a

|

« 熊野神社 八ッ橋発祥の地 | トップページ | 花の寺 勝持寺 »

■散策・03 ◆建仁寺~花見小路」カテゴリの記事

コメント

京都といえば「革新で、新しモノ好き」・・・いつも前進、これですよ!

Keikoもそう思います!!新しモン好き、珍しいモン好き
Keikoが通っていた女子高校では、政経のY先生が「京都の伝統は保守か?革新か?」と題で女子高生相手にに論争をふっかけられましたね…懐かし…

投稿: Keiko | 2007年4月27日 (金) 09:20

★Keikoさん こんにちは♪
私も女子高校です、そういう雰囲気の中で過ごしました。
それに今でも「京都が日本の都」って気持ちでいますもの。古都っていわれると・・・どうも・・・。
ホント、懐かしです。

投稿: りせ | 2007年4月27日 (金) 11:23

りせさん、お久しぶりです!

京都といえば「革新で、新しモノ好き」・・・そんな感じですよね。

でも京都は、古き伝統(建築とか)を大切にしながら新しいものを創り出しているトコロが凄いなぁ~。なんて思ってます(^-^)

京都は昔も今も「都」なんですね。

 

投稿: なお | 2007年4月27日 (金) 19:33

こんばんわ。久しぶりにコメントさせて頂きます。
(私もkeikoなんですがkeiko違いです?!よくある名前ですものね)
都おどり行ってみたかったんです。お茶席ってこんな感じになっているんですね。
4月中行けそうにないんで5月に「鴨川おどり」に行ってみようかと思っています。
また少し違う趣になるんでしょうか?楽しみです。

投稿: keiko | 2007年4月28日 (土) 00:06

 りせさん、こんばんは♪
都をどり、華やかですね(^^)v
私は宮川町の「京おどり」を観たのですが、こちらも良かったですよ
宮川町の舞妓さん、もしかしたら私の時に控えをしていた舞妓さんかな?等と親近感を持ちながら、見させていただきました(^^)
「京おどり」「北野おどり」「鴨川おどり」ちょっと時期外れますが「祇園をどり」と花街のカテゴリができそうですね
本当に京都は深いです
それだけに伝統にプライドを持ち、新しい物を上手く取り入れる難しさがあるから、新しい物に惹かれるのかもしれませんね

投稿: きこ | 2007年4月28日 (土) 01:16

★なおさん こんにちは♪
古いもの伝統のあるものを大切にして~・・・~う~ん。私よく分らないのです。今残っているものは京都ブームで脚光を浴びていますが、その陰で廃れていったものも沢山あると思うんですよ。
京都は凄いっていわれても、、、いろいろありますしね。
伝統産業とか神社仏閣、お商売、京都っぽいものと関係なく生きてきましたから 京都に居ながら第三者的な目で見ている自分がいて。

投稿: りせ | 2007年4月28日 (土) 02:31

★Keikoさん こんばんは♪
Keikoさんが二人おられましたか。初めての方には「初めまして」と書いてるのですが、Keikoさんに記憶がありましたので今日の最初のKeikoさんに「初めまして」を書かなかったのですね。書いておきますね。
ところで、「鴨川おどり」に行かれるのですか? ポスターから察しますと「粋」な感じがしますね。
鴨川おどりは出し物にストーリーがあるって聞いたように思いますが。

投稿: りせ | 2007年4月28日 (土) 02:42

★きこさん ありがとう御座いました♪
宮川町の「京おどり」が終わったので舞妓さんたちものんびり観劇にこられたようです。
「おどり」のカテゴリーはご勘弁をお願いいたします。「都をどり」だけで充分です。
京都は奥が深いのか??・・千年の都ですから、日本の集大成かも。

投稿: りせ | 2007年4月28日 (土) 02:49

いつもお世話になってます。m(__)m
このたび回文短歌・春の季語『都をどり』にて、お写真使わせていただきました。ありがとうございました!

投稿: たたみ@回文師 | 2011年4月 2日 (土) 01:42

★たたみ@回文師さん こんにちは♪
「深淵」という4月1日バージョン・・・ちょっとやそっとでは読めません。凄い!!・・・∑(=゚ω゚=;)←頭錯乱中です。
「胡蝶」・・・雅な回文。素晴らしいです。舞妓さんの後姿の写真・・・使ってくださった私が感謝です。お礼申し上げます。

投稿: りせ | 2011年4月 2日 (土) 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊野神社 八ッ橋発祥の地 | トップページ | 花の寺 勝持寺 »