« 東山花灯路 2 清水寺 | トップページ | 御所 近衛邸跡・糸桜 »

2007年3月23日 (金)

東山花灯路 3 青蓮院門跡 1

Imi_9412a

青蓮院門跡 公式サイトはこちら
ご本尊の熾盛光如来は、光そのものであり、その化身の不動明王(国宝青不動明王を祀る)も炎の光を背負っておられ、当院は光との関係が大変深いのです。
大小三百の照明器具による芸術的なレベルの高い景観照明です。
青蓮院は、江戸時代に仮御所となった事から、粟田御所とも呼ばれています。その貴品と格調高い池泉廻遊式庭園や、境内全域をあますところなくライトアップいたします。
諸堂の内部を拝観され、その後、ライトアップされた庭園を直接散策できます。(公式サイトより)

先ず大クスノキの入り口からどうぞ。

Imi_9715a

Imi_9394a

今日は一面の苔庭の海に浮かぶ光の曼陀羅をお届けします。

Imi_9413a_1

Imi_9429a

このシンプルな青だけの照明が私は好きです。

Imi_9436a

天然記念物の大クスノキ

Imi_9422a

Imi_9423a

日吉社へ向かいます。

Imi_9573a

Imi_9592b

Imi_9576a

Imi_9594a

回遊式の庭園をグルッと廻ってきて元の庭に戻って来ました。

Imi_9631a

次回のライトアップは4月27日(金)~5月6日(日) です。

Imi_9699a

青いライトが消えると地面に梵字「ボロン」が浮かび上がります。
「ボロン」一字金輪仏頂 一切諸仏頂
「ボロン」は大日如来の仏項、仏の智慧そのものにあたると説明しています。

Imi_9626a

清水寺のサーチライトは市内に向かって、青蓮院は真上に向かって。

Imi_9616a

青蓮院のサーチライトの意味は「天と地との交信」だと伺いました。

    Imi_9682a

Imi_9693a

青蓮院の写真が多すぎてどうまとめたら良いものか迷って今日は青くライトアップされた苔庭と光る静清な竹林にしました。
明日は明るく浮かび上がる室内の「雅」をお送りするつもり・・・ですが。

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しました。クリック宜しくお願いします。
        よろしく♪にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

座って庭をゆっくり見るには、暖かくなった次回のライトアップの方が良いかと。

Imi_9655a

|

« 東山花灯路 2 清水寺 | トップページ | 御所 近衛邸跡・糸桜 »

■散策・09 青蓮院」カテゴリの記事

★東山・花灯路 2」カテゴリの記事

コメント

うぉ~またまた美しい写真たち。
「天と地との交信」一種のショーのようですね!

投稿: hal | 2007年3月23日 (金) 10:13

★halさん こんばんは♪
光が何を意味するか聞いてみたのですよ、「コンセプトとして天と地との交信」とか。ウンなるほどね。ですね。

投稿: りせ | 2007年3月23日 (金) 22:45

りせさん、お久しぶりです。
GWの京都旅行のプランニング中ですが、春の寺院特別公開情報を一気に載せて頂けてるので、嬉しいです。
安楽寺のつつじに、大徳寺の黄梅院、そしてライトアップは、やはりこの青蓮院がすごく良さそう。
去年の記事でも、りせさんのお勧め感が伝わって来ます。
ブルーの服を着ていかないと。
お花見は、このアルバムで楽しみます。
何だかもう、バイブルみたいになってます。

投稿: 猫 | 2007年3月24日 (土) 12:24

★猫さん こんにちは♪
青蓮院、ライトアップの拝観料は高いのですが、見れて良かったと思いますよ。演出も過剰じゃないし私は好きです。
提灯を貸してくださって庭園を廻りました。なかなか情緒がありました。
GWの観光情報もそろそろ入れますね。あっと言う間にGWですからね。

投稿: りせ | 2007年3月24日 (土) 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東山花灯路 2 清水寺 | トップページ | 御所 近衛邸跡・糸桜 »