« 新しいブログから・ゆりかもめ飛翔♪ | トップページ | 女人守護の神社 市比賣神社 »

2007年2月19日 (月)

天神信仰発祥の神社 文子天満宮

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。写真は全てクリックで拡大します。

Imi_7335a 

文子天満宮 (あやこてんまんぐう) ◆場所はここです。
祭神として菅原道真(みちざね)を祀(まつ)り、洛陽天満宮二十五社の一つ。
 社伝によれば、大宰府に左遷された道真は、延喜3年(903)に五十九歳で没したが、没後、道真の乳母であった文子は、「われを右近の馬場に祀(まつ)れ」との道真の託宣(おつげ)を受けたという。しかし、文子は貧しく、社殿を建立することができず、右京七条二坊の自宅に小さな祠を建て、道真を祀ったといわれている。これが当社の起こりで、天神信仰発祥の神社、また北野天満宮の前身とも伝えられている。
 以後、天明、安政、元治の大火で類焼したが、その都度再建され、明治に至り、村社に列せられた。現在の社殿は、大正7年(1918)に造営されたものである。
 毎年4月16日に近い第三日曜日に、例祭が執り行われる。

    Dsc03447a

街の中の小さな神社です。

Imi_7298a 

Imi_7309a

Dsc03440a Dsc03439a_1  

 Imi_7328a

「多治比の文子」像

Imi_7311a

Imi_7321a

Dsc03442a

Imi_7319a

腰掛石の下のお賽銭は・・・梅紋におかれていました。

Imi_7316a Imi_7317a

Imi_7334a

Imi_7338a_1

今年は梅の開花が早いです。

-------------------------------------------------------------
新し くブログランキングに参加しました。ゼロからの出発です
よろしく♪にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

Imi_7339a

|

« 新しいブログから・ゆりかもめ飛翔♪ | トップページ | 女人守護の神社 市比賣神社 »

■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条 」カテゴリの記事

花の京都 春 1」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。 ゆーしょーです。
本当の、ゆーしょーです。
良縁成就で、結婚式を挙げるのですね。

投稿: ゆーしょー | 2007年2月20日 (火) 00:40

★ゆーしょーさん こんばんは♪
はい、本当のゆーしょーさんですね。同じ書き方で懐かしいです。
天満宮さんも幅広くご利益があるようなのですね。
神社仏閣をいっぱい廻っていると、いろいろ分ってきます。・・・・。
「ね貝」とは・・・語呂合わせがウマイ!。
しじみ貝で作った根付、ケータイストラップは良く見かけます。そういう意味で使われてるのですね・・・。

投稿: りせ | 2007年2月20日 (火) 02:53

りせさん、おはよう御座います。お(^o^)は(^◇^)よ(^O^)う♪
天神信仰発祥の神社で、文子天満宮というのですか!?
おっ、と思いましたが読みが違いましたね。(;゚ο゚)エッ!!
梅が咲いていて芳香がしてきそうです。(∧-∧♪)
一枚目の写真の右下の植物は、紫紺野牡丹のように見えますが、
もしそうだとしたら、寒さに弱くて露地植えは無理と聞いていますが・・・。
私の誕生日の花なので一寸気になりました。
いつも他人とは、ずれたコメントですね。 m(x_x)mごめん

投稿: fmk | 2007年2月20日 (火) 10:08

★fmkさん こんばんは♪
知り合いに「文化の日」生まれの方がおられて「ふみこさん」とおっしゃいます。
花は詳しくないので名前は全然知らないのですよ。自分の誕生日の花・・・全然知りません。
綺麗な花に興味が無いわけじゃないのですが、名前には興味がないのかもしれません。

投稿: りせ | 2007年2月20日 (火) 21:44

お引越しご苦労様でした。大変な作業だったんでしょうね!!又、新しいブログも楽しみに拝見させて頂きます。寒い間京都もご無沙汰です。今年は桜情報、りせ様便り(頼り)で安心して待っております。よろしくお願いいたします。

投稿: aoi | 2007年2月20日 (火) 23:41

★aoiさん こんばんは♪
昨夜、深夜からココログがメンテナンスでお返事が出来ませんでした。
引越し・・・いつも構想だけは高いのですが、構想倒れの私です。
早い桜を見逃さないようにしなくては、これからも京都を楽しんでくださいね。

投稿: りせ | 2007年2月21日 (水) 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しいブログから・ゆりかもめ飛翔♪ | トップページ | 女人守護の神社 市比賣神社 »