■散策・00 三条 四条通 先斗町

2008年4月18日 (金)

桜の高瀬川 木屋町通り

Iml_5984a

今日は写真が少ないのを選んで「木屋町・高瀬川」にしました。場所はここです。高瀬川・一之船入りに合わせています。

木屋町通  (きやまちどおり)  北は二条通から南は五条通まで。
角倉了以(すみのくらりょうい)による高瀬川の開削に伴って横に開通しました。
通り名は高瀬川で搬入する木材、薪炭を商う店が多かったためで、初めは「樵木町通」と呼んだのが、江戸期から生洲、貸座敷などが並ぶ遊興の地となり、現代に至る。
道幅は狭かったが、明治28年(1895)の電気軌道敷設で拡幅。

Iml_5940a

瑞泉寺 晩年の秀吉のために殺された秀次やその家族たち39名の菩提をひっそりと弔っています。記事はこちらです。

Iml_5948a

三条小橋から上がって歩いています。(写真の順序が違うかも知れません)

Iml_5973a

鴨川に架かる橋を「四条大橋」、「三条大橋」など「大橋」というのですが、すぐ西側を流れる高瀬川に架かる橋を「小橋」(こばし)と呼んでいます。

Iml_5972a

川沿いには桜と柳が交互に植えられています。

Iml_5959a

高瀬川 (たかせがわ)   
中京区木屋町通二条下ル付近から鴨川を分流し、鴨川と平行に南流、中京・下京・南区陶化橋付近で鴨川に注ぎ、東山区福稲から再び分水を経て伏見区へ貫流し宇治川に入る人工川。全長10キロ、幅7メートル。

Iml_5960b

Iml_5964a

大村益次郎
長州藩の医師、兵学者で、長州征討と戊辰戦争で勝利の立役者となった。初代の兵部省兵部大輔(後の陸軍次官)を務め、事実上の日本陸軍の創始者とされる。
木屋町には諸藩の屋敷や尊攘派の寓居があったので、幕末から明治維新にかけての遺跡がいろいろあります。

Iml_5975a

江戸初期の豪商角倉了以(1554~1614)素庵(1571~1632)父子によって慶長16年(1611)開削。京都―伏見間の物資を輸送する舟運を盛んにし、京都の経済に重要な役割を果たした。森鴎外の『高瀬舟』の舞台。

Iml_5977a

高瀬川の船入は二条~四条間に9ヶ所作られ、起点の木屋町二条を「一之舩入」という。荷物の積み下ろしと船の方向転換の場所であった。(柵の向こうで回転さすのかな)

Iml_5979b

いつもここに舟が一艘浮んでいて、、、私の好きな場所です。

Iml_5982a

Iml_5981a 

島津製作所の創業記念館、文明開化の頃からの実験装置やノーベル賞の田中耕一さん関係の展示があります。こちらの記事をどうぞ。

Iml_5990c

道幅がぐっと広がります。

Iml_5991b

いつもクリック有り難うございます。今日も宜しく。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん

ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

Iml_5978a

| | コメント (10)

2008年2月 7日 (木)

三条 京都文化博物館あたり

Dsd_0752a

御池通りの近くに用事があったので近くをとうろうろしてみました。場所はこの辺り
煉瓦のお店の前に自転車。・・・どこかヨーロッパの街角風景みたい。

ダマシンカンパニー  京都市中京区三条通富小路東入ル 
明治23年(1890)の建築です。現在は洋装店、昔は時計店だったそうです。
木造2階建て建築で外側の壁の部分に煉瓦を使った造りだそうで、正面の三連アーチが特徴。洋風の京都の民間商業建築としては最も古いものの一つです。

Dsd_0751a

Dsd_0754a

京都文化博物館の向こうに見える煉瓦の建物は以前記事にした別館です。

Dsd_0744a

文化博物館の1階部分を歩いてみます。文化博物館の公式サイト
江戸時代末期の京の町家の表構えを復元した「ろうじ店舗」。

Dsd_0694a

これがお店の中です。

Dsd_0712a

このお店でショッピング、食事が出来るのです。

Dsd_0736a

Dsd_0738a

現在の特別展は・・これです。

Dsd_0730a

隣の別館との間はカフェテラス。

Dsd_0721a

京都文化博物館・別館
明治を代表する洋風建築として明治39年(1906)に竣工した日本銀行京都支店。
こちらで記事にしています。→別館です

Dsd_0722a

旧金庫室を利用した喫茶室の「阿蘭陀館」(左)

Dsd_0724a

こちらは別館内のお店。

 Dsc61207a

アップルパイ大好きの私は「松乃助」で先に食べてしまってたから~。京都文化博物館ではまたこんど。食事は一人では入りにくいけれど、ケーキは1人でもOKです。

 Dsd_0690a

刻んだりんごたっぷり、というより文句無しにりんごだけ(カスタードクリームの入ったのもあり)。アイスも美味しかったですよ。

 Dsc_0686a

◆いつも御覧いただき有り難うございます、今日もクリックよろしくお願いします。
  --------------------------------------------------------------
    ブログランキング 参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
       是非よろしく→     こちらも → にほん

ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

今年は源氏物語千年紀ですね。

Dsd_0740a

| | コメント (8)

2007年12月31日 (月)

大晦日を迎えて 壱銭洋食

Dsc_8005a_2

四条にお正月準備の買出しに行ってきました。「ちょっと四条に行って来ます」とひっくるめて言いますが、京都市の繁華街は南北は四条通りと三条通りの間、東西は鴨川と烏丸通りの間です。人によって「烏丸」又は「河原町」を繁華街の代名詞とされてるかも。
「正月準備」といえば定番ニュースに流れる「錦市場」や「新京極」もこの中に入ります。
TOPの写真は南座です、托鉢のお坊さんも年末の風物のように溶け込んで・・・。

「四条」に行く前に知恩院から八坂神社に向けて歩いてきました。知恩院は「除夜の鐘」、八坂神社は「をけら詣り」と大晦日から元旦にかけて特に人出が多いところです。

Dsc_7764a

三門から男坂です。

Dsc_7773a

御影堂前、意外に人が多かったですよ。

Dsc_7791a

お線香の煙を被ってお祈りを。

Dsc_7797a

試し撞きも終り大晦日を待つばかり。「除夜の鐘」についてのエピソードはこちらを。

Dsc_7804a

八坂神社も準備は着々。巫女さんも忙しそう。

Dsc_7890a

絵馬もいろいろあるんですね。どれにします?

Dsc_7903a

「をけら火」の授与所の準備もできてます。

Dsc_7883a

ここは四条通の東の突き当たり。西に向かいます。

Dsc_7935a

綺麗になった八坂神社の西楼門です。

Dsc_7945a

お昼を食べずに出てきたもので、この辺りで昼食を・・・サッと食べれるところ。
友人に初めて「壱銭洋食」に連れて行ってもらった時・・・「え~~!!ここに入るの!?」ってスゴーク躊躇したものです。だって、店構えがこうですもの。。。南座の少し手前の信号の広い道(縄手通)を北に上がった処。今では友人を誘って行きます。

Dsc_7972a

大正レトロ。着物の後姿のお姐さん・・・マネキンです。「壱銭洋食」は、お好み焼きでもなく、広島焼きでもなく「牛、細かいこんにゃく、ねぎ、ちくわ、天かすなどにとろとろ卵にソースがタップリ」の”お古乃美焼”。一銭洋食

Dsc_7968a

ここのメニューはこれ一つ(630円)。座ったら直ぐに出てきます。デパチカにも売ってますが、ここで食べるのが格別。今でもお店に入る時はちょっと勇気が必要。お店の中でもキョロキョロ出来ない。でも、美味しいですよ。

Dsc_7969a

鴨川に大きな幕が。もう鮎が住んでるのですか!

Dsc_7985a

鴨川ですから。

Dsc_7980a

ユリカモメがカワイイですね。

Dsc_7988a

向こうの方で餌をやってるのかしら、橋の向こうではユリカモメが乱舞、そして空に鳥たちが舞い上がってます。

Dsc_7995a

このブログも2月には公開2年が過ぎ、3年目に突入します。それを期に少し生活を変えようかと思っています。ゆっくりめの更新になるかと思います。

今年一年見ていただきまして有り難う御座いました。来年も引き続き見てくださいますように宜しくお願い申し上げます m(_ _)m
皆様、お健やかに素晴しい新年をお迎えくださいますよう。

北山に初雪が降ったそうです。大晦日、元旦は寒そうです。

◆「ブログ・ランキング」に参加しています。↓↓両方クリックしていただけたら嬉しいです。是非応援して下さいね↓ 
  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング 参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
       是非よろしく→     こちらも → にほん

ブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

Dsc_7987a

| | コメント (20)

2007年8月14日 (火)

昼下がりの先斗町

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Imk_0107b

お昼の先斗町、うだるような夏の昼下がり、、、
三条から四条まで、写真を撮るのに人を気にすることも無く歩けました。

野菜のディスプレーが一段と多いですね。

Dsc60081a

揃ってますよ。

Dsc60082a

人形達の演奏が可愛かったです。

Dsc60083a   

こんなにゆっくり眺めながら通った事は初めて、なかなか良い雰囲気ですね。

Dsc60087a

路地を曲がると・・・

Imk_0100a

お店が続きます。

Imk_0157a

夜しか知らない人は、お昼がこんなだとはご存知あるまい。

夜の雰囲気を見てみます? 「黄昏の鴨の河原」 「鴨川・夜の納涼床」  

Imk_0105a

こちらの「川床」(ゆか)には舞妓さんもおられます。こちらをどうぞ

Dsc60094a   

昼下がりの先斗町、出勤途中の従業員の方や配達業者の方が行き交います。

Dsc60077a

「夜の京都を歩く」というのも作ってました。こちらをどうぞ

Dsc60091b

開店準備中の光景が見られます。

Imk_0102a

四条に近づくと、賑やかになって来て。

Imk_0125a

京都はどこでもが観光名所です。若い観光客も通ります。

Imk_0146a

ここは甘党屋さん。夏は・・・かき氷!

Imk_0136a

ディスプレーも可愛い。

Imk_0120a

Imk_0133a

昔は高級イメージだった「川床」も、今は結構手頃な値段で入れます。

Imk_0148a

Imk_0096a

Imk_0140a

Imk_0113a

こだわりの鎖樋です。

Imk_0130b

四条通の入口まで来て振りかえると、いつの間にか人通りが増えていました。

Imk_0165b

店先をいろいろ撮らせて頂きましたが、お店の紹介はしないでごめんなさい。

◆いつも御覧いただき有り難うございます。今日もクリックよろしくお願いしますm(_ _)m

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
      是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

Imk_0177a

| | コメント (2)

2007年8月13日 (月)

木屋町から先斗町

Imk_0091c_2

「瑞泉寺」(8/11の記事)から木屋町通りを少し下がって「先斗町」に向かいます。
瑞泉寺の向かいは安藤忠雄氏の設計のビルになります。

Dsc60061a

木屋町通りの四条以北の記事はこちらです。高瀬川の雰囲気が良いですよ。

Dsc60063b

木屋町通りは昼と夜ではちょっと顔が違うようです。

Imk_0070a

「先斗町歌舞練場」のところで曲がって、先斗町通りに行きます。

Imj_9984a

先斗町 (ぽんとちょう)
四条通りから三条通り手前までの細い先斗町の通りが鴨川に沿って続いています。
もともとは鴨川の州で、江戸時代初期に護岸工事で埋立てられ、新河原町通と呼ばれていた。 繁華街としては茶屋、旅籠などが置かれたのが始まりですでに芸妓、娼妓が居住するようになり何度も取り締られていたが川端二条にあった『二条新地』の出稼ぎ地として認められ、明治初期に独立をした。
明治5年(1872年)に鴨川をどりが初演され、先斗町は花街としての花を開かせた。

Dsc60064a

名前の由来
一説によれば、先斗という地名の語源はポルトガル語のponta(「先」の意)にあるとされる。また、鴨川と高瀬川に挟まれているため、堤であると捉え、鼓が「ポン」と鳴ることに掛けて、「ぽんと」となったという説もある。(Wikipedia)

Dsc60078a

木屋町、先斗町界隈
江戸時代初期から明治初期まで土佐藩邸があり、幕末には坂本龍馬や桂小五郎らの勤皇の志士がこの藩邸を拠点に活躍した。また潜伏跡や暗殺事件の舞台となった場所でもあり、その碑が通りのあちこちにあります。

Imk_0085a

細い路地がたくさんあります。「 X 」・・・ここは通り抜けが出来ません。

Dsc60070a_2

こういう「迷路のような路地が潜伏、逃亡を助けた」って聞きました。
ここは通り抜けが出来ます。

Dsc60079b

昼はちょっと淋しいですが、夜になると明るい賑やかな通りになります。

Imk_0083a

なかなか見事なマトリョーシカですね。

Imk_0089a

京野菜が各お店の前に飾られていました。
代表的な京野菜としては・「賀茂なす」 「伏見とうがらし」 「聖護院だいこん」 「花菜(菜の花)」 「壬生菜」 「万願寺とうがらし」 「みず菜」 「九条ねぎ」 「丹波黒大豆(紫ずきん)」 「鹿ケ谷かぼちゃ」。京都府の「京野菜のページ」はここです

Imk_0079a

夏の和菓子をどうぞ。

Imk_0097a

先斗町は祇園と並び京都を代表する花街で、お茶屋さんや料理屋が通りの両側に並びます。お昼の舞妓さん(芸妓さん?)です。

Dsc60071a    

お座敷前はゆかたです。
夜には鴨川に張り出した「川床」で食べるのが今は涼しくて良さそう。

Dsc60073a

先斗町はまだ続きます。    

◆いつも御覧いただき有り難うございます、クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
      是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

Imk_0114a

| | コメント (0)

2007年8月11日 (土)

木屋町 瑞泉寺

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Dsc60062a

瑞泉寺 (ずいせんじ)
慈舟山(じしゅうざん)と号し、浄土宗に属する。豊臣秀吉の甥、豊臣秀次(ひでつぐ)の菩提を弔うために建立された寺である。

秀次は、秀吉の養子となり、関白の位を継いでいたが、秀吉に嫡男秀頼が生まれてからは、次第に疎んぜられ、文禄4年(1595)7月、高野山において自害させられた。

Dsc60053a

次いで、8月、秀次の幼児、妻、妾たち39人が当寺の近くの三条河原で死刑に処せられた。遺骸は、その場に埋葬され、塚が築かれ石塔が建てられていたが、その後の鴨川の氾濫などにより次第に荒廃した。

Imk_0041a

慶長16年(1611)角倉了以(すみのくらりょうい)が、高瀬川の開削中にこの墓石を発掘し、当地に移し塚を再建して堂宇を建立した。
これが当寺の起りで、僧桂叔(けいしゅく)を開墓とし、寺号は、秀次の法号、瑞泉寺殿をとって瑞泉寺と名付けられた。

Dsc60023a

本堂には、本尊阿弥陀如来像を安置し、寺宝としては、秀次及び妻、妾らの辞世の和歌を蔵している。境内には、妻、妾たちの墓及び犠牲者49人の五輪塔がある。
三条大橋から木屋町へ。小橋を下がったところにあります。

Dsc60025a

Imk_0007a

地蔵菩薩像  

Imk_0011b

極楽浄土に導く「引導地蔵尊」と言われています。

Dsc60027a

Dsc60026a

Imk_0023a

秀次公一族の墓所

Dsc60030a

中央の墓塔の左右に石の塔が49並んでいます。39人の御一族と後を追った10人の御塔です。

Imk_0015a

「中空の石びつ」。読んでくださいね。

Imk_0016a

滋賀県の近江八幡に行った時に「豊臣秀次」によって造られた町、近江商人の発生の地でもあると知りました。その記事です→ 

Dsc60031a

Dsc60018a

Dsc60046a

Imk_0027a

Imk_0008b

Dsc60045a

Imk_0043a

Dsc60055a   

Dsc60049a          

◆いつも御覧いただき有り難うございます。

 ----------------------------------------------------------------
   ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
     是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
 ----------------------------------------------------------------

Imk_0009a

| | コメント (7)

2007年8月10日 (金)

三条京阪あたり

Imj_9935a

しばらく京都を訪れていない方は、三条京阪あたりがずいぶん変わったことに驚かれると思います。京阪の駅は地下にもぐり、地上にはKYOENという10店舗ほどのモール街ができています。中庭は「枯山水のZEN庭園」です。今日は写真だけです。

Imj_9943a

Imj_9940a

Imj_9898a

Imj_9934a

Imj_9921a

Imj_9923a

Imj_9933a

Imj_9894a

Imj_9893a

Imj_9892a   

Imj_9896a

Imj_9901a

Imj_9924a

Imj_9909a

Imj_9904a

Imj_9942b      

Imj_9946a 

Imj_9961a

Imj_9944a

明日は三条大橋を渡って・・・。

残暑お見舞い申し上げます。お気に召したら、クリックをよろしく。

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリック宜しく 
      是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

Imj_9956a

| | コメント (2)

2007年8月 3日 (金)

新京極 誠心院と誓願寺

Dsc01281b_2 

「新京極」
四条通の祇園祭の御旅所の前の四条~三条間にある縦の通り、京都で最も古い繁華街。この地は平安京の東の京極大路に当たる。
豊臣秀吉が市中の寺をあつめたその門前町が前身。明治の東京遷都で沈滞した市民のために繁華街がつくられた。地図は「新京極通り」の文字に合わせています。

賑やかな新京極に清少納言と和泉式部に所縁の「誠心院」と「誓願寺」があります。

「誓願寺」 浄土真宗西山深草派総本山 (下の写真のみ2010年撮影)

Dsm_9386a_2

誓願寺門前の石造角柱で、1882年(明治15)に建立。正面に「迷子みちしるべ」、右側に「教しゆる方」、左側に「さがす方」と彫られている。江戸末期~明治中期の、まだ警察がなかった時代に各地の社寺や盛り場に建てられたもののうちの、現存するひとつ。迷子や落し物などの際、その行方を求める紙をこの石に貼って、情報交換が行なわれた。   

Dsc01306a

誓願寺 (せいがんじ)
天智天皇6年(667)、天皇の勅願により創建された。もとは奈良にあったが、鎌倉時代初期に京都の一条小川に移転し、その後、天正19年(1591)に豊臣秀吉の寺町整備に際して現在地に移された。
その当時は京都有数の巨刹の規模を有し、表門は寺町六角に面し、裏門は三条通に北面し、境内6,000坪には、本堂、開山堂、釈迦堂、三重塔、地蔵堂2宇、経蔵、鼓楼、方丈、鎮守春日社、十三仏堂、十八ヶ寺の山内寺院を擁していた。
和泉式部、秀吉の側室・松の丸殿が帰依したことにより、女人往生の寺として名高い。また、源信僧都は当寺にて善財講を修し、一遍上人も念仏賦算を行った。現在は法然上人の高弟・西山上人善恵房證空の流れをくむ、浄土宗西山深草派の総本山である。

境内に芸道上達を祈願する「扇塚」が祀られている。由来は拡大して下さいね。

Dsc01304a Dsc01294a


「芸能上達祈願」の扇子です。

Dsc01288a

つづいて、すぐ隣にある「和泉式部の誠心院」

「誠心院」 (せいしんいん) 公式サイトです。
初代の住職は平安の歌人和泉式部。その法名を誠心院専意法尼と申します。
寺伝によれば、関白藤原道長が、女(むすめ)の上東門院(藤原彰子)に仕えていた和泉式部のために、法成寺東北院内の一庵を与えたのが当寺の起こりといわれています。

Dsc01350a

中から新京極通りを見ると。(新京極は若い人が行き交い撮影出来ない・・気弱)

Dsc01345a

娘の小式部内侍に先立たれた和泉式部は、書写山円教寺の性空上人に勧められ誓願寺の本堂に籠りご本尊に教えを受けます。
女人の身でも六字の名号(南無阿弥陀仏)をお唱えすれば、身の穢れも消えて往生できる事を聞き、六字名号を日々お唱えして、阿弥陀如来と二十五菩薩に迎えられ浄土へ往生しました。

知恵授け・恋授け鈴成り輪(すずなりくるま)
和泉式部の古い灯篭の竿と台座を使った、鈴なりの輪です。魔尼車(まにぐるま)とも呼ばれ、一回回せば経典を一回読誦した功徳が得られます。

和泉式部が夫の心変わりになやんで参りをした「貴船」はこちらの記事です

   Dsc01316a_2 

和泉式部   百人一首より
 あらざらむ この世のほかの思ひ出に いまひとたびの あふこともがな

小式部内侍  百人一首より
 大江山 いく野のみちの とほければ まだふみもせず 天の橋立

Dsc01310a

Dsc01341a

左が和泉式部法篋印塔。正和2年(1313年)に改修建立されたもので、高さ約4m、幅約2.4mあります。右の写真は・・?です。

Dsc01315a Dsc01314a

境内には、和泉式部歌碑をはじめ、「二十五菩薩」「式部千願観音」「神変大菩薩」「六地蔵尊」の石像があるようですが、初めての墓地を一人でうろうろするのは恐いので見ないまま帰って来ました。

石、化石大好きな私は・・・誠心院の前の「クリスタルワールド」で長居しました。

Dsc01336a

◆いつも御覧いただき有り難うございます、今日もクリックよろしくお願いします。

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
      是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

 「おねがい」 誓願寺にて。

Dsc01305a

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金)

新京極 錦天満宮

Imi_7835a

Imi_7802a 錦天満宮 

駒札を読んで下さいね、

小さい字だから読み難いですが。

鳥居の左右のお店の中、テレビ中継を見たことありますが先が突き出ていました。

Imi_7794a

錦通りを東に突き当たった所が「錦天満宮」。「新京極」通りに面しています。

Imi_7800a

牛と名水

Imi_7833a

Imi_7831a_1 Imi_7833b

Imi_7821a

ここのおみくじは楽しいです。めったにおみくじは引きませんが「ひょうきんな獅子舞」に魅かれて引きました。
それとTOPの写真の小さな祠のおみくじは「可愛い神主さん」が持って来てくださるのでしょうね。(よく似たのを車折神社でみました) 子供の頃の想い出にスズメ(ウグイスだったかも)がおみくじを持って来てくれるのがあったと思うのですが。

Imi_7804a Imi_7815a

街中の狭いところですが、いろいろあります。グルッと廻ってみます。

Imi_7832a

Imi_7806a

Imi_7807a

Imi_7812a

本堂正面

Imi_7803a

夜の梅・・・羊羹にありますね。

Imi_7836a

Imi_7837a Imi_7842a

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しました。クリック宜しく
よろしく♪にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

昼間の本堂

  Dsc10716a_1

| | コメント (0)

2007年3月 1日 (木)

京都の台所 錦市場

Imi_7753a

京都の台所と言われる「錦市場」ですが、今は観光のルートにもなっているようです。錦市場の公式サイトです。

西の入り口

Imi_7722a

「魚鳥の市場として開設された年月は明らかではないが、豊臣秀吉の天下統一後のこと(天正年間約400年前)と推定される。この地が人口の密集した中枢部にあたることと、清冷な地下水が涌き出るので魚鳥の貯蔵等に便利であり、御所への魚鳥の納入の往き返りに自然にこの地に魚鳥の市場が出きたといわれている。

 本格的な魚市場となったのは江戸時代に入ってからで元和年間(1615~1623)幕府より魚問屋の称号が許され、万治・寛文(1658~1672)の頃、京都では上の店、錦の店、六条の店(問屋町)三ヶ所が最も繁栄を極め、これを三店魚問屋と称した。

Imi_7732a

特に錦に店をもつ商人は、公儀から鑑札を得ることにより独占的な営業をしたという。
明和7年(1770年)に錦小路高倉に青物立売市場が奉行所により認められ、安永8年(1779年)魚問屋のそばに野菜の市場が開かれた。

三店魚問屋の特権も明治維新後は廃止され、魚問屋等も自由に開放営業されたが、同業者間の競争が激しくなり、その為明治16年頃には倒産するものが続出し7店程になったともいわれる。
 その後、同業組合等を設け、自主的に規約を厳守し、同業競合の弊害を避ける事に勤め再び繁栄を取り戻した。

Imi_7727a_1 Imi_7739a 

 しかし昭和2年に京都中央卸売市場が開設され、錦の卸売業者の多くが移転したが、残った店、新しく入った店々の協力と、錦盛会、錦栄会等の組織により、世の中の移り変わりの激しさにもたえ、歴史と伝統を受け継ぎ”錦”と言えば、 魚をはじめ生鮮食品の街 『京の台所』 として市民に大変親しまれてきた。」 (以上、公式サイトより)

Imi_7748a Imi_7733a

随分お店も様変わりして、おしゃれになりました。市場だけじゃなくて食事も出来る所があったりで。

Imi_7738a

「新京極」、「寺町京極」、「錦通り」 いつも人で賑わっています。

Imi_7743a 

お店はなかなか写真が撮り辛くて。

Imi_7744a

Imi_7757a

Imi_7747a_1 Imi_7781a_1

Imi_7782a

Imi_7779a_1 Imi_7761a

Imi_7784a

Imi_7764a

寺町通りと交差する所で錦通りはお終い。

Imi_7789a

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しました。クリック宜しく
よろしく♪にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

「錦天満宮」の鳥居の先は左右の建物に食い込んでいます。
「新京極」の通りの向こうに「錦天満宮」の提灯が見えます。

Imi_7791a

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2