2024年3月 4日 (月)

北野天満宮 真実の菅原道真

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Ani_5784a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は北野天満宮に行ってきました。毎年の恒例のようになっていますので、今日は境内の説明は省略して、今までとは違う菅原道真を紹介したいと思います。「一の鳥居」

『忠臣蔵』のように、実際の出来事を後世に脚色して創作された物語にも関わらず、多くの人が史実だと信じている事件が日本の歴史にはいくつかあります。菅原道真の場合、大宰府に左遷させられたのは事実ですが、

Ani_5841a

理由がライバルとされる藤原時平の諫言(つげ口)であるとされていることが確かではありません。この諫言は鎌倉時代の承久年間(1219-1222)に成立した『北野天神縁起絵巻』にも描かれています。道真の母を祀る「伴氏社」

Ani_5842a

以下では、歴史上確かだといわれる資料をもとに、道真が左遷させられた事情を調べてみます。菅原氏は、祖父・清公と父・是善はともに文章博士・大学頭に任ぜられ、侍読も務めた学者の家系でした。

Ani_5857a

当時の式部省(現在の人事院)直轄の官僚育成機関「大学寮」の教官が文章博士(もんじょうはかせ)、その長が大学頭(だいがくのかみ)です。今では大学の学長は尊敬される立場ですが、当時の貴族からは中流の役職と見なされていました。

Ani_5866a

仁和4年(888)阿衡事件(内容は省略)が発生し、摂政藤原基経が宇多天皇の側近・橘広相の処罰を求め、当時任地にいた道真は入京して、橘広相を罰しないように意見書(奉昭宣公書)を寄せて諌めたとされます。「楼門」

Ani_5873a

この事件の後も厚い信任を受けていた橘広相が病没し、宇多天皇は代わる側近として道真を抜擢しました。891年道真は天皇にもっとも近い蔵人頭に補任され、893年には参議兼式部大輔に任ぜられて公卿に列し、左大弁を兼務しました。「花手水」

Ani_5879a

895年参議在任2年半で、先任者3名を越えて従三位・権中納言に叙任。この間、菅原道真は長女・衍子を宇多天皇の女御、三女・寧子を宇多天皇の皇子・斉世親王の妃とし、皇族との間で姻戚関係を強化しました。

Ani_5898a

897年藤原時平が大納言兼左近衛大将となると、道真は権大納言兼右近衛大将に任ぜら、この二人が太政官の長となる体制になりました。この年、宇多天皇は敦仁親王(醍醐天皇)に譲位、道真を引き続き重用するよう強く求めました。「白太夫社」

Ani_5902a

醍醐天皇はまだ幼く、宇多上皇は藤原時平と道真にのみ官奏執奏の特権を許しました。道真はその後も宇多上皇の御幸や宴席に従うなど、上皇の側近としての立場も保ち続けました。「福部社」

Ani_5905a

藤原時平は権勢を誇った藤原基経の長男で、実力を備えたエリートでもありました。同僚を飛び越え特階、特進を続け899年左大臣に上りました。同年、道真も右大臣に昇進して、時平と道真が左右大臣として肩を並べました。「老松社」

Ani_5909a

二人が大臣のとき、時平は情に任せて裁決を行い、有職故実に詳しい道真がその都度異を唱えて対立しました。道真は後援者の宇多上皇を何度も訪ねて相談、上皇は天皇に道真に政務を委ねるよう迫りました。「火之御子社(ひのみこしゃ)」

Ani_5912a

しかし、醍醐天皇は時平を信頼して、朝廷では宇多上皇と道真、醍醐天皇と時平という二派が形成されたともいわれます。また、道真は家格が低いことや出世につけての中傷が増えたため辞退したいと申し出ましたが、悉く却下されたといいます。「三光門」

Ani_5920a

900年には右近衛大将の辞意を示しましたが、これも却下されたといいます。宇多上皇の意向だと考えられています。この頃、文章博士・三善清行が道真に引退して生を楽しむよう諭す文章を送っています。

Ani_5924a

901年正月に従二位に叙せられたが、間もなく「宇多上皇を欺き惑わした」「醍醐天皇を廃立して娘婿の斉世親王を皇位に就けようと謀った」として、1月25日に大宰員外帥に左遷させられました。

Ani_5938a

醍醐天皇の日記『醍醐御記』には、太宰府に道真を見舞った藤原清貫の復命として、道真は自分から企てたのではないが、源善(道真と同時に出雲権守に左遷)の誘いを断り切れなかったと語っていた記述があるとのことです。「飛梅」

Ani_5947a

一方で、上皇の手前もあり醍醐天皇は大宰員外帥というポストを用意しました。大宰府は海外の窓口で、外交に詳しかった道真を任命したという説もありますが、唯一の海外交流だった遣唐使は道真の進言で廃止されていました。

Ani_5951a

大宰員外帥は別に長官がいる閑職で、左遷というのは事実だといえます。この事件は「時平の讒言」によって起こったという記述は、200年以上後に道真の後裔・菅原陳経が書いた『菅家御伝記』(1106年)が最初だといわれています。「本殿」

Ani_5960a

醍醐天皇は退位してもいつまでも政治に干渉する宇多上皇の力を排除するために、道真を追放したともいえます。その後、時平は宇多上皇と和解に努め、意欲的に政治改革に着手しました。902年自らが権門勢家の頭領だったにも関わらず、

Ani_5976a

荘園整理令を出し班田を実行しました。醍醐天皇の皇子の村上天皇の時代をあわせて「延喜・天暦の治」とよばれ、律令国家体制から王朝国家体制へ移行する過渡期の様々な改革が行われ、後世の天皇の模範となる時代だといわれています。「地主社」

Ani_5996a

道真の死後、都には大雨、鴨川の氾濫、落雷や火災、疫病などの災害や異変が相次ぎました。清涼殿に落雷があり、多くの死傷者が出て、左遷に動いた藤原菅根が変死、藤原時平も急逝、天皇家にも不幸が続きました。「文子天満宮」

Ani_5999a

人々は道真の怨霊の仕業と恐れ、道真ゆかりの各地に道真を祀る神社が創られました。 また、様々な災厄をもたらした道真の怨霊を、神として祀ることによって厄除けのご利益があると信じられました。

Ani_6002a

このような御霊信仰にもとづいて、947年御神託(神様のお告げ)により平安京の天門(北西)にあたる北野の地に北野天満宮が創建されました。987年に一條天皇の勅使が派遣され、国家の平安が祈念されました。「御后三柱」

Ani_6020a

この時、天皇より「北野天満大自在天神」の御神号を賜り、菅原道真は「天神さま」として祭神となりました。当初は道真の境遇を反映して厄除けや諸願成就などを祈願したといわれています。

Ani_6023a

道真が学者として優秀だったので、学問の神として祀られたというのも正確ではありません。実際に北野天満宮がHPで道真が学問の神となったいきさつを以下の様に説明しています。「牛社」と合格祈念の「絵馬所」

Ani_6027a

江戸時代には、各地に読み書き算盤を教える寺子屋が普及し、その教室に道真の姿を描いた「御神影」が掲げられて、学業成就や武芸上達が祈られました。後に道真が「学問の神」として知られるようになった由縁のひとつだそうです。

Ani_6035a

お帰りの際には、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Ani_6029a

| | コメント (2)

2024年3月 3日 (日)

櫛笥小路を歩く 針小路から東寺北大門

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Ani_4476a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日につづいて櫛笥(くしげ)小路を南に歩きます。針小路通を横切って左に東寺塔頭の「観智院」があります。東寺の別格本山で、四方正面の庭や宮本武蔵が描いた絵画など見どころが多い寺ですが、後で拝観するので今日は素通りします。

Ani_4483a

その向かいは洛南高等学校・同附属中学校ですが、下の門はおそらくかって観智院と向かい合って建っていた宝菩提院(ほうぼだいいん)の山門ではないかと思います。

Ani_4482a

下の図で、朱色が平安時代の建物や市街図で、大部分を占める色がついた部分は東寺の境内でした。観智院と宝菩提院が並んで建っていますが、他にも多くの塔頭があることが分かります。

Amg240303a

この門から先(南)が厳密な意味での現在の東寺の境内で、南大門や東の慶賀門と同様に閉門時間があります。

Ani_4650a

向うに蓮池があり、橋には「虚空蔵菩薩守護」というノボリが立っています。観智院では、嵐山の法輪寺と同様に「十三参り」が行われます(3月から5月)。

Ani_4651a

橋の手前から左に行くと、向うにお堂が見えます。その奥は「東寺洛南会館」です。

Ani_4652a

この蓮池は上の古地図にも載っていて、平安時代から変わっていないようです。向うに東寺の五重塔が見えます。

Ani_4938a

左手は観智院の南大門で、客殿の前庭の長者の庭の正面にあります。かっての観智院の僧侶はこの門を通って本山に通ったはずですが、現在は通らないようです。

Ani_4939a

大元堂」 祀られている大元帥明王はインド神話における鬼神「アータヴァカ(林に住む大将)」のことです。毘沙門天の眷属の八大夜叉大将の一人で、大日如来の功徳により善神となったそうです。

Ani_4940a

大元帥明王は国土を護り敵や悪霊の降伏に絶大な功徳を発揮するといわれ、「必勝祈願」「敵国粉砕」「国土防衛」の祈願として宮中では秘法「大元帥法(たいげんのほう)」が正月に行われていました。横に不動明王像があります。

Ani_4943a

この石橋は「弘法大師 壱千百年 御忌記念」で造られたことが、大元堂の右の石碑から分かります。以前訪れたときは橋の向こうが工事中であまり様子が分かりませんでした。橋を渡った左に、

Ani_4946a

「弁天堂」 増運弁財天を祀り、江戸時代の天保年間(1830-1843)に創建されました。かつて毎年土用丑の日に大般若転読(てんどく)の法要が行われ、皮膚に塗ると冬に霜やけにならない「東寺泥」という池の泥を授けていたそうです。

Ani_4951a

弁天堂の右奥にある祠は扁額もなく確かではありませんが、「裏弁天堂」で「宇賀弁才天」を祀っているという情報がありました。宇賀弁才天 はインドから伝わった弁才天と、老人の男神の頭部を持つトグロを巻いた白蛇姿の神との合体した神です。

Ani_4954a

その奥に石碑がありますが、由緒はわかりません。

Ani_4958a

弁天堂の裏にある「善女大龍王社」 社(やしろ)といっても実際は塚のようです。善女龍王は、法華経に登場する八大龍王の一尊、娑伽羅龍王(しゃがらりゅうおう)の三女で、仏教の護法神です。

Ani_4962a

善女龍王は 雨乞いの神でもあります。かって、東寺の弘法大師空海と西寺の守敏大徳が、朝廷の命を受けて神泉苑で雨乞いの儀式を行ったことがありました。

Ani_4965a

その際、西寺の陰謀で日本全国の龍神さまが封じられました。しかし、善女大龍王は小さかったので魔手を逃れ、弘法大師に勝利をもたらしたという伝承があります。

Ani_4972a

感謝した空海が善女竜王を勧請してお祀りするようになったといわれています。神泉苑には由緒ある大きな社殿がありますが、こちらはどのような経緯で祀られているかは分かりません。「弘法大師一千百年御遠忌記念」と刻まれた井戸があります。

Ani_4973a

下は近代京都オーバーレイマップの大正11年の古地図です。下の方に蓮池があり、その南に櫛笥通から参道(道)が東についていて、その先にお堂があります。その上(北)にあるのは社殿の形から弁天堂だと考えられます。

Amg240303b

後で通りますが、櫛笥通からの入口に大きな石碑があるので、かってはその参道の先が善女大龍王社だったと思われます。現在その場所に社はなく、どのような経緯で現在のように遷されたかは分かりません。この土塀は令和3、4年に修復工事が行われました。

Ani_4974a

現在、蓮池と上の土塀に挟まれた場所は整備中のようで、新しく苗木が植えられています。上の平安時代の地図では「松原」となっている場所で、その景観を復元しようとしているのかも知れません。櫛笥通の橋の上から東。

Ani_4654a

こちらは蓮池の西で、平安時代にはなく近代に造られたようです。ところで、東寺の七不思議の一つに、亀の背中に名前を書いて蓮池に放すと長寿になるというのがあります。

Ani_4656a

今もこの池には放された亀がたくさん住んでいるといわれます。(先ほど書いた善女大龍王の石碑、現在この参道は通れません。)

Ani_4660a

東寺に亀を描いた絵馬があります。上の伝承に従って亀の背中の部分に名前を書くようになっています。櫛笥通は東寺で中断しますが十条通まで続いています。この後、戻って観智院に向かいました。

Ani_4927a

お帰りの際には、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Ani_4662a

| | コメント (2)

«櫛笥小路を歩く 八条から針小路へ