2018年4月19日 (木)

北山大橋から上賀茂神社へ 2018春

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnm_8274a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日に続いて、北山大橋から賀茂川を遡ります。左岸(東岸)は、紅枝垂桜の半木の道とは違って、ソメイヨシノの古木のトンネルになっています。

Jnm_8298a

昨日と同様に京都のニュースを少し。(大きなお宅です。)

Jnm_8304a

昨日のテレビのニュースで平等院の藤が満開と放送していました。一方、平等院の昨日のHPでは、花房の長さが60~90cmに伸びたものの、見ごろは変わらず20日頃から1週間とのことです。

Jnm_8311a

向こう岸でもお花見。

Jnm_8312a

「上賀茂橋」に来ました。向こうの山に五山送り火の「船形」が見えます。

Jnm_8317a

「串 うめ田」 串揚げのお店です。この通りにはカフェや食堂がいくつかあります。

Jnm_8322a

昨日、長岡京市の乙訓寺で、赤やピンク、白など色とりどりの大輪のボタンの花が本格的に開き始めたそうです。ご住職によると、これほど早い開花は初めてで、見頃は今週末から来週末となりそうだとか。

Jnm_8335a

このあたりには古民家?が並んでいて、桜の古木の背景にピッタリです。

Jnm_8350a

一昨日(17日)、来年10月予定の新天皇の即位礼で使用される、天皇・皇后の玉座「高御座(たかみくら)」と「御帳台(みちょうだい)」が京都御所で報道陣に公開されました。

Jnm_8355a

高御座は重さ約8トンもあり、前回の即位礼では過激派のテロを警戒して自衛隊機で空輸されましたが、今回は民間業者に委託して陸送するそうです。「御園橋」 ここから右に行くと上賀茂神社があります。

Jnm_8378a

上賀茂神社の一の鳥居

Jnm_8382a

正面の参道の右手に2本の大きな枝垂桜があります。

Jnm_8384a

「斎王桜」 斎王(さいおう)は、伊勢神宮または賀茂神社に仕えた未婚の皇女で、伊勢神宮では斎宮、賀茂神社では斎院ともよばれました。その習わしは平安時代から鎌倉時代まで継続しました。この紅枝垂桜は樹齢150年ほどだそうです。

Jnm_8395a

賀茂神社に仕えた斎王が、この美しい可憐な桜を愛でたといわれることから、斎王桜と名づけられました。

Jnm_8458a

「御所桜」 幕末の孝明天皇が御所から御下賜されたのでこの名があります。

Jnm_8397a

この白い枝垂桜は斎王桜より1週間ほど早く咲くそうですが、幸い両方の桜が見ごろの状態でした。

Jnm_8431a

二の鳥居の右手に「風流桜」があります。風流(ふりゅう)傘は、大きな傘の上に牡丹や杜若など季節の花( 造花)を飾り付け、数人で担ぎます。風流傘に、桜の形が似ているのでこの名があります。

Jnm_8465a

葵祭ではこの前に風流傘と花笠が並びます。

Jnm_8476a

時間が遅かったので二の鳥居から中には入れません。

Jnm_8483a

二の鳥居の前から淡いピンクの枝垂桜「みあれ桜」が見えます。葵祭に先立つ神迎えの神事の「御阿禮(みあれ)」のとき、この下を神幸することから名付けられました。

Jnm_8487a

西の鳥居に行ってみます。

Jnm_8499a

西の鳥居からは少し近くに見えます。

Jnm_8510a

この他に楼門の前に八重山桜の「賀茂桜」があります。

Jnm_8513a

帰りは賀茂街道を下ると、比叡山中腹の叡山ホテルのあたりから月が昇ってきました。

Jnm_8530b

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnm_8527b

| | コメント (1)

2018年4月18日 (水)

春の賀茂川と最近のニュース

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnm_7907a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日高野川を下って出町の三角州まで来た後、賀茂川を遡りました。今年の花見は、琶湖疏水沿線、嵐山、吉田山周辺とめぐってきて、この高野川・賀茂川がシリーズとしては最後になります(それ以外にまだ残っている寺社や夜桜を記事にするかも知れませんが)。

Jnm_7915a

上の写真の「出町橋」をくぐると、出町の延長のように大勢の花見の方がいました。対岸は糺の森です。

今日はあまり説明することがないので、最近のニュースをいくつか紹介します。

Jnm_7917a

昨日19:00からのBS朝日「京都ぶらり歴史探訪」をご覧になられましたでしょうか。4月3日の「4時間スペシャル 桜満開から新選組」に続き、昨日17日は桜の部分のみの編集2時間の「春爛漫 桜の名所めぐり」として放映されました。

Jnm_7924a

前回は私の写真が26枚でしたが、昨日の放送では静止画のほとんど、計32枚使用されていました。番組のエンディングロールで「協力 京都を歩くアルバム」と流れていくのを見て、感激の極みでした。ありがとうございました。「葵橋」

Jnm_7926a

桜以外の花について。4月10日、松尾大社のヤマブキが見頃となりました。神社がこんなに早い開花は初めてと驚くほどだそうです。4月10日から5月5日まで「山吹まつり」が開催され、神事や行事が行われます。

Jnm_7980a

4月13日、長岡天満宮のキリシマツツジが、例年に比べ10日ほど早く開花しました。見頃は20日ごろになりそうとか。同天満宮では茶席(有料)を21日~5月6日に開き、「たけのこフェスタ」(21、22日)や「献菓祭」(28~30日)も開催します。

Jnm_7948a

このあたりは、比叡山と大文字山がよく見えます。

Jnm_7969a

4月17日、平等院の藤の花が4~5分咲きとなりました。藤の花は花房がだんだん伸びて上の方から咲き、現在50~90cmくらいだそうです。一番美しいのは6~8分咲きで、20日ころになる見込みです。

Jnm_7960a

「出雲路橋」

Jnm_8007a

4月13日、葵祭(5月15日)のヒロイン第63代斎王代に左京区の会社員坂下志保さん(23)が選ばれました(葵祭行列保存会発表)。母の美保さん(本家八ッ橋西尾専務)も1988年の斎王代を務め、親子で斎王代となるのは6組目。

Jnm_8016a

ところで、賀茂川の河川敷は京都府の「鴨川公園」となっていますが、かってはこのように広い河原ではなかったそうです。

Jnm_8023a

昭和10年の集中豪雨で鴨川が氾濫して、このための河川の大改修工事によって高水敷(こうすいしき)が整えられました。常時水が流れる低水敷に対して、高水敷は大きな洪水の時は冠水します。

Jnm_8036a

そのとき、河川敷を緑地化して運動広場や芝生地がつくられ、出町から上流の改修工事のときに堤の上に約470本のソメイヨシノが植えられました。「北大路橋」

Jnm_8043a

北大路橋から上流の左岸には紅枝垂桜が植えられています。ここで橋を渡り、左岸を遡ります。

Jnm_8071a

「半木(なからぎ)の道」 昭和37年(1962)に誕生した京都鴨川ライオンズクラブが、結成10周年目に72本の紅枝垂桜を植樹し、毎年維持管理、清掃活動を行っています。

Jnm_8084a

平成19年(2007)にJR「そうだ京都、行こう」キャンペーンに半木の道の桜が紹介され、広く知られるようになりました。

Jnm_8120a

4月10日、元清水小跡地について京都市の美観風致審議会が開かれ、NTT都市開発によるホテル設計案が協議されました。清水小学校は明治2年(1869)に市民が出資した番組小学校として開校、2011年に統廃合によって閉校しました。
Jnm_8126a

校舎の外観や機能を保存した上で、ホテルや地域のコミュニティー空間などに活用する方針だそうです。

Jnm_8144a

4月4日、「京都古文化保存協会」が文化財保護でクラウドファンディングを開始しました。同協会(京都市左京区)は、京都府内の寺社など約370の文化財所有者でつくられ、クラウドファンディングはインターネットで基金を募集する方法です。

Jnm_8139a

この取り組みでは1口3千円を募り、来年3月までに1200万円を集める目標を掲げました。識者による専門委員会で助成対象を選定し、翌年度以降に文化財の修理などを予定する寺社などに助成するそうです。

Jnm_8150a

空前の観光ブームといわれ、毎年多くの方が京都を訪れていますが、その恩恵はホテルなど観光業界に限られています。

Jnm_8155a

京都市の財政も厳しく、新たな観光税を導入する予定ですが、京都会館や美術館などの改修費用をまかなうために、その命名権を企業に売却せざるを得ない現状です。

Jnm_8193a

一方、観光客の多くは京都らしい景観や寺社などの文化財がお目当てだと思われますが、それらの観光資源の整備や保護のための助成は十分ではありません。

Jnm_8200a

同協会の特設サイトで申し込み、協会が指定する銀行口座に振り込みます。今月中にクレジットカードの受け付けも始めます。返礼品はありませんが、寄付者には毎年春と秋に行っている文化財特別公開事業の招待券を抽選で毎月10組20人に贈るそうです。

Jnm_8219a

北山大橋の上から、目的地の上賀茂神社までもう少しです。

Jnm_8255a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnm_8117b

| | コメント (1)

«夕暮れの吉田山と幽斎桜