2024年6月19日 (水)

伏見稲荷大社 本殿から奥の院へ

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anj_9776a
※写真は全てクリックで拡大します。

一昨日の記事につづいて、伏見稲荷大社の奥の院に向かいます。本殿の横にある鳥居をくぐって、石段の上に末社が並んでいます。その左から、

「長者社」(重文附) 江戸時代初期に建立され、当社の旧社家である秦氏の祖神を祀り、例祭は8月8日。社殿は『明応遷宮記録』(1499年)に境内社として現れていて、天正の社頭図には「長者社 西向」と描かれているそうです。

Anj_9780a

「荷田(かだ)社」(重文附) 当社社家の荷田氏の祖神を祀り、元禄7年(1694)再建、例祭は12月13日。安元2年(1176)には荷田氏の祖である荷太夫の没後、稲荷山の命婦社の南に社を造り霊魂を祀る」という記録があるそうです。

Anj_9782a

「五社相殿」(重文附) 元禄7年再建、右から八幡宮社(応神天皇)、日吉社(大山咋命) 、若王子社(若王子大神) 、猛尾社(須佐之男命) 、蛭子社(事代主神) です。長禄3年(1459)  の記録に現れる若王子社を始め、境内に祀られていた各社を現在地に合祀しました。

Anj_9783a

「両宮社」(重文附) 元禄7年再建、天照大御神と豊受皇大神を祀り、例祭は10月17日です。天正17年(1589)の社頭図には「伊勢両宮南向再興」とあり、神明造の社殿が描かれているそうです。

Anj_9784a

石段を上った正面にある「供物社」 末社ではありませんが、稲荷山に鎮座する神々への供物をする場所として安政6年(1859)に建立。正面中央格子戸の下部に開口部があり、供物を差し入れる珍しい形です。

Anj_9785a

「玉山稲荷社」 玉山稲荷大神を祀ります。東山天皇が宮中で奉祀していた稲荷社を、崩御後天皇に仕えていた松尾月読神社社家の松室氏が預かり、その後左京区の高野の私邸に遷座、明治7年(1874)諸般の事情によって当社に遷座されたものです。

Anj_9788a

さらに鳥居をくぐって石段を上ります。正面に「神馬舎」があります。

Anj_9787a

神馬(昭和13年に奉納)と仔馬(昭和53年に奉納)がいます。

Anj_9793a

左の石段の上に重要文化財の二つの社殿があります。左は「白狐社」(重文)で寛永年間(1624-1644)の建立です。

Anj_9791a

命婦専女神(みょうぶとうめのかみ)を祀り、例祭は1月4日です。命婦は高位の女官のことでしたが、後に稲荷大神に仕える狐を表しました。この社殿は元禄7年(1694)までは下(玉山稲荷社あたり)に祀られていたそうです。

Anj_9799a

「奥宮」(重文) 天正年間(1573-1592)に建立され、稲荷大神を祀り 例祭は1月4日。この社殿は摂社や末社ではなく、稲荷大神を祀ることから他の境内社とは別格の社です。『元禄三年指図』(1459)には存在が確認できるそうです。

Anj_9800a

『明応遷宮記録』には西側(左)に8間の回廊があったことが記されていますが、回廊は現存していません。元禄7年(1694)に修復の記録があるそうです。

Anj_9801a

奥宮の横から、千本鳥居や奥社奉拝所、お山への参道が始まります。貼り紙には7月3日まで鳥居の建設工事中と書いてあります。手前に新しい鳥居が建つようです。

Anj_9804_7a

鳥居の横に変わった姿の狐の像がありました。二匹が輪を支えています。

Anj_9810a

ここは上りの一方通行になっています。

Anj_9816a

しばらく歩くと鳥居が途切れて、左に脇道があります。

Anj_9824a

ここからが「千本鳥居」です。鳥居の参道が二つに分かれ、右側通行になっています。帰りはここで鳥居の参道から離れて左の脇道を下ります。

Anj_9827a

この部分の鳥居の数は約800本で、すべてサイズが5号(直径が15cm)だそうです(1号あたり1寸)。稲荷山の参道の鳥居は全体で約1万本ともいわれていますが、正確な数は不明です。

Anj_9831a

木の鳥居は約10年で朽ちてしまい、常に新しい鳥居が建てられています。赤い鳥居のトンネルは伏見稲荷大社の見どころの一つになっています。

Anj_9837a

この鳥居は社殿と同じく「稲荷塗」といわれ、朱色に彩色するのが慣習となっているそうです。祈りと感謝の念を表わすために鳥居を奉納する信仰は、江戸時代に始まりました。

Anj_9840a

千本鳥居を抜けたところは「命婦谷」とよばれ、奥の院、すなわち「奥社奉拝所」(重文)があります。その他に授与所や手水舎、休憩所の「大薮茶亭」などもあり、混雑しています。

Anj_9844a

奥の院は当社に伝わる明応の遷宮記(1499)に既に記載されているそうです。現在の社殿は寛政6年(1794)の罹災後に規模を幾分大きくして造営され、昭和50年(1975)に手前の拝所が設けられました。

Anj_9845a

こちらの絵馬は狐の顔になっています。多くの人が細い目を眉毛に見立てて目や口を書きいれています。いろいろな外国語で願い事が書いてあります。

Anj_9848a

社殿の右奥におなじみの「おもかる石」があり、修学旅行生がいました。社殿の背後は稲荷大神が降臨した稲荷山三ケ峰で、最後の写真はその方角を示す鳥居と神石です。

Anj_9852a

お帰りの際には、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Anj_9853a

| | コメント (2)

2024年6月18日 (火)

木屋町通を歩く 真橋から六角へ

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anj_9149a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日、喫茶の築地で一休みしたあと、木屋町通を北に歩きました。春に夜桜を見ながら木屋町を歩いて高瀬川の西のお店を紹介したので、今日は高瀬川の東(木屋町)のお店を見ながら歩きます。上は真橋から木屋町の方。

下は「かしわ木屋町店」焼鳥屋さんで、新鮮な国産の鶏を自分で焼きます。鶏の刺身や鶏皮ギョウザもあります。店内はどこか屋台を思い出させる雰囲気だそうです。

Anj_9153a

「乙女坂21」 看板のコンセプトエンタメラウンジとは、大人っぽい制服がテーマのカフェのことだそうです。

Anj_9155a

「シーシャカフェ&バー ミューズ京都店」大きな木とそれを囲むソファーでくつろげるカフェで、シーシャ(水たばこ)やフルーツが楽しめるそうです。1日15食限定のコーヒーゼリーもあります。

Anj_9158a

「壮樹(そうじゅ)」 新鮮な魚介や野菜にこだわり、和洋中にとらわれない創作料理の居酒屋です。雑居ビルの一階を店主みずからデザインして、色とりどりの料理に合うような空間を目指したそうです。前は「十軒町橋」です。

Anj_9160a

「天よし」 創業70年余の天ぷらのお店で、有機野菜、厳選した素材を毎日仕入れています。店主は本物の天麩羅つくりを目指して長年精進してきたそうです。当日予約や貸し切りも可能です。

Anj_9252a

「京・黒桜」 焼肉専門店で、鹿児島・宮崎でグランドチャンピオン牛を何度も輩出する農場と専属契約を結んで、和牛で最高評価の「A5ランク黒毛和牛」 だけを取り扱っています。

Anj_9253a

「秋桜 コスモス cosmos」アイスバーで、6月のオススメはマンゴーミルクだそうです。とろとろのマンゴーシロップに、すっきりした甘さの自家製練乳を組み合わせた氷です。

Anj_9255a

「和菜 たか」 和食のお店で、雲丹料理や海鮮料理、鴨料理が自慢だそうです。和采懐石コースや、鴨のしゃぶしゃぶやすき焼きもあります。3階に写真家の甲斐扶佐義(ふさよし)が経営するバー「八文字屋」があります。

Anj_9256a4

「Bar&Gallery COCOTO」お酒とアートを楽しむビルで、1階は喫茶、2階はバー、3~6階はギャラリーになっています。左に「さきぞう創業の地」という石碑がありますが隣のビルのことです。

Anj_9258a

「IZUTSU HOTEL」ちりめん洋服を考案したた田村佐起三が主宰する 「さきぞう」が開業したホテルで、田村家の屋号が「井筒屋」です。左にも「井筒屋継承の地」という石碑があります。1階は「京都麺や 轍」背油チャッチャ系のラーメン屋です。

Anj_9259a

「本間精一郎遭難地」本間精一郎(1834~62)は越後国出身の尊王攘夷の急進派でしたが、寺田屋騒動の後で活動を封じられ酒に身を持ち崩してしまいました。文久2年(1862)先斗町で酒を飲んだ帰途に薩摩と土佐藩の志士に暗殺されました。

Anj_9260a

「ル ラボ カフェ 京都町家 LE LABO CAFE KYOTO MACHIYA」 ニューヨーク発のスローパフューマリー「LE LABO(ル ラボ)」が、伝統的な町家を改装して今年の3月20日にオープンした日本初上陸のカフェです。

Anj_9262a

「Western Bar MESA」 ウエスタンブーツのお店が開業したダイニングバーで、バッファローウイング(?)、スペアリブの黒胡椒煮、照り焼きローストチキン、あらびきウインナーなどがあります。アロハシャツやウエスタンハットなども販売しています。

Anj_9266a

「旧・京都市立立誠小学校」 学制創設以前の明治2年(1869)に開校した「番組小学校」です。1927年に完成した校舎は、市内に現存する最古の鉄筋コンクリート造校舎で、1993年の閉校後は、新築のホテルのロビーや様々な店舗が入っています。

Anj_9274a

上の写真の入り口の横に角倉了以の顕彰碑があります。以前は日本映画発祥の地を示す駒札がありましたが、見当たりませんでした。

Anj_9278a

「土佐藩邸跡」 土佐藩主の山内家の藩邸があった場所で、幕末には志士たちの活躍の拠点でした。坂本龍馬や中岡慎太郎等の尽力で薩長同盟が成立し、藩主山内容堂は後藤象二郎の進言を入れて大政奉還を建白しました。

Anj_9282a

「高瀬川の沿革」のパネル 高瀬川開削400年記念として設置され、その歴史と五条から北の詳しい地図があります。横に高瀬舟の模型が展示されています。四条小橋のたもとにあった道標は上の顕彰碑とこのコーナーのことです。

Anj_9305a

「HOTEL PONTO」 全室禁煙のビジネスホテルで地下1階にバー「JOKER」があります。「蛸薬師橋」の上から

Anj_9311a

「七之舟入址」 高瀬川には物の積み下ろしと舟の方向転換をする「舟入」が設けられ、最盛期には9か所ありました。船入は高瀬川の西岸に掘られた水路で、現存するのは一之舟入だけです。

Anj_9312a

「カラオケまねきねこ 木屋町通り店」 全国No.1の店舗数の「カラオケまねきねこ」が、京都に進出した1号店です。現在キャンペーン中で、高校生、大学・短大・専門学生、小中学生それぞれに特典があります。

Anj_9321a

「鳥貴族 木屋町通店」全国チェーンの焼き鳥屋さんで、現在2000円のギフト券が当たるメガハイキャンペーン実施中とか。6月から白姫えびのえび貴族を販売しています。電話予約はAIが対応しているそうです。

Anj_9324a

「肉なべ 千葉」 こちらの鍋は普通とは逆でほとんどが肉だそうです。そこで、沢山食べても胃もたれしない新鮮で安心できる肉を選別、肉本来の旨さを引き立てるスープ、鍋に負けないインパクトを持った締めの麺飯を用意しています。

Anj_9334a

「レモホル酒場 京都木屋町店」、一番人気の社長コースは特上牛カルビ・ねぎ塩牛タン・牛ハラミも食べ放題。卓上のサーバーから自分で注げるレモンサワー飲み放題がSNS映えして人気だとか。「車屋橋」の上から

Anj_9339a

「Pub&Bar ZAM ZAM/パブ&バー ザム・ザム」 地中海料理(トルコ・アラビア・ペルシャなど)の専門店で、日本語が流暢なオーナーが迎えてくれます。スポーツバーでもあり、外国人にも評判だそうです。

Anj_9341a

「坂本龍馬・妻お龍寓居跡」 後に龍馬の妻となるお龍は、青蓮院宮に仕える医師の楢崎将作と貞の長女として生まれました。父の死後、このあたりに移住しました。

Anj_9344a

後に一家は離散し、お龍は七条新地の店に務め、母と妹は東山区本瓦町付近の土佐亡命志士の所に住み込みで働きました。その縁でお龍は龍馬と出会うことになります。

Anj_9347a

「さざんか亭六角店」居酒屋で、おススメは飲み放題コースで、ワンランク上の大皿コース飲み放題付きもあります。大小20部屋あって宴会には最適だとか。前が六角通で、最後の写真は六角通が通る山崎橋から。今日はここまでです。

Anj_9350a

お帰りの際には、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Anj_9351a

| | コメント (3)

«伏見稲荷大社 表参道から本殿へ