2021年1月25日 (月)

雪の京都 八坂神社・ねねの道

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmi_2382a
※写真は全てクリックで拡大します。

緊急事態宣言を受けて外出自粛中で、過去の大雪の日の冬景色をお届けしています。(上は八坂神社の南楼門。)

昨日の記事に続いて、円山公園から八坂神社を通り抜けて高台寺に向かいます。この日は大晦日で、公園には屋台が出ています。向うは八坂神社の南東の鳥居で、正月には出口専用となります。

Jmi_2359a

とりあえず、「本殿」にお詣りします。

Jmi_2365a

「授与所」

Jmi_2366a

「南楼門」 こちらが正門です。

Jmi_2370a

楼門から「舞殿」

Jmi_2373a

このときは新年の大絵馬はありませんでした。

Jmi_2375a

南楼門前にある料亭「中村楼」

Jmi_2385a

石鳥居をくぐって、中村楼の塀沿いに東に行きます。

Jmi_2386a

向うの洋風の建物は「長楽館」。

Jmi_2388a

「ねねの道」に来ました。左は長楽寺の参道、ねねの道は右に向かいます。ちょっとした坂道で、人力車の後ろにも車夫さんがいます。

Jmi_2390a

ねねの道にも屋台が出ていました。

Jmi_2392a

「大谷祖廟」の参道

Jmi_2397a

右の「大雲院」は安土桃山時代の天正15年(1587)正親町天皇の勅命により、織田信長、信忠父子の菩提を弔うために貞安上人が開山した浄土宗の寺です。 人力車は3人がかりでした。

Jmi_2398a

「圓山地蔵尊」 大雲院はかって高島屋に隣接して建っていて、高島屋の拡張工事のためにこちらに移転しました。地蔵尊は昭和48年に堂宇の落成を祝って「京都自治経済協議会」などから奉納されたものです。

Jmi_2404a

ねねの道はここで一旦西に曲がり、大雲院の南門から再び南に向かいます。

Jmi_2408a

振り返って突き当りが大雲院、このときは本堂の工事中でした。左に「祇園閣」が見えます。

Jmi_2423a

京料理の「花咲萬次郎」

Jmi_2425a

わらび餅で有名だった「高台寺 洛匠」、新型コロナ流行による観光客減少のため昨年8月に廃業しました。

Jmi_2427a

突き当り左に江戸時代初め(1608年)北政所の従弟・久林元昌が創建した高台寺塔頭の「岡林院」があり、丸窓の下の「見る蔵、言う蔵、聞く蔵」の3地蔵は、触ると積極的な人間になれるとか。

Jmi_2430a

左は高台寺塔頭「月真院」 江戸時代初め元和5年(1619)津和野藩二代藩主亀井茲政の寄進によって久林玄昌が建立しました。

Jmi_2433a

「三面大黒天」 黒天、毘沙門天、弁財天の三つの顔をもった仏像で、豊臣秀吉の守り本尊とされます。ここは、高台寺の「掌美術館」と高台寺塔頭「圓徳院」の拝見出口でもあります。

Jmi_2440a

この後、市街の雪景色を眺めるために高台寺の参道石段を上ります。

Jmi_2441b

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmi_2409a

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

雪の京都 円山公園

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmi_2312a
※写真は全て拡大します。

現在外出自粛中で、過去の大雪の日の冬景色をお届けしています。昨日の記事に続いて、知恩院の南門から円山公園に入ります。この日は大晦日だったので、公園には屋台が出ています。

Jmi_2306a

公園の中央にあるひょうたん池の橋を渡ります。

Jmi_2355a

南は見晴らしのよい茶店(食堂)があります。

Jmi_2352a

北は、休憩所や藤棚があります。

Jmi_2325a

円山公園にこんなに雪が積もるのも珍しいですね。綿帽子

Jmi_2354a

降りしきる雪の中、凍りかけの池にスー~~っと走る線は・・・

Jmi_2347a

鴨のカップルが通った跡でした。

Jmi_2342b

前を泳ぐのは、オスではなくメスです。

Jmi_2343a

どこまでも

Jmi_2319a

橋を渡ってちょっと散策。

Jmi_2356a

茶店

Jmi_2338a

坂本龍馬と中岡慎太郎の銅像にも雪がたっぷり。

Jmi_2335a

このあたりにも枝垂桜があります。

Jmi_2336a

Jmi_2360a

ひょうたん池に流れ込む小川の上流、この先に小さな滝があります。こんもり積もった雪のせせらぎ。

Jmi_2332a

池の方に戻ると、橋の向こうに見える桜は「祇園枝垂桜」、あるいは「祇園の夜桜」ともいいます。この頃は木の勢いがなく、花が咲いても貧弱で写真を撮るのをはばかっていました。

Jmi_2341a

それでも、雪をまとった枝垂桜は堂々としていました。この後、八坂神社に立ち寄ります。

Jmi_2358a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmi_2339c 

| | コメント (1)

«雪の京都 神宮道を知恩院へ